配送番号検索
医薬品の検索
電話注文10:00~18:00
電話注文も承っております。
日本語サポートセンター
電話注文受付け
注文専用の電話番号です。
お荷物の追跡状況など、ご注文以外に関しましてはこちらよりお問い合わせ下さい。
また、商品の効果・副作用につきましては、薬事法の関係でお答え出来ませんので予めご了承下さい。
FAX注文24時間受付中
FAX注文も承っております。
FAX注文用紙ダウンロード

メール不着・携帯電話の設定について

メール注文24時間受付中
メール注文も受け付け中。
下記のボタンを押してメールを起動し、購入したい商品を送信して下さい。
届いたメールを確認次第、当サイトスタッフよりメールを返信させて頂きます。

デキサメタゾンの副作用について

デキサメタゾンの副作用

デキサメタゾンは新型コロナウイルスの治療薬として、日本でも承認されているステロイド薬です。

デキサメタゾンには強力な抗炎症作用があり、酸素吸入や人工呼吸器が必要な人(中等症Ⅱや重症)に投与することで、症状を改善したり死亡率を低下させます。

しかし、免疫の働きを抑制するなど効き目の強い薬でもあるため、副作用も存在します。

ここでは、デキサメタゾンを服用した時に発現する可能性がある副作用について、詳しく紹介します。 また、服用してはいけない人や、服用にあたっての注意点についても一緒に紹介しています。

※新型コロナウイルスに関する情報については、必ず厚生労働省または首相官邸など、公的機関のサイトで公表されている情報をご確認ください。

下記の参考サイト(厚生労働省、首相官邸)にてご確認いただけます。

※参考サイト:厚生労働省|新型コロナウイルス感染症について
※参考サイト:首相官邸|新型コロナウイルス感染症対策

デキサメタゾンの副作用で起こる症状

デキサメタゾンを服用した際に、副作用として起こる症状を紹介します。
主な副作用としては、下記の症状が報告されています。

【デキサメタゾンの主な副作用】
・満月様顔貌(ムーンフェイス)※顔に脂肪がついて丸くなる状態
・脂肪の異常沈着(肩やおなかが太る)
・食欲の増進
・体重の増加
・むくみ
・いらいら感
・不眠
・消化不良
・下痢
・吐き気
・にきび
・むくみ
・生理不順

デキサメタゾンを服用中にこれらの症状が現れた時には、医師にご相談ください。

※参考サイト:くすりのしおり|デカドロン(デキサメタゾン)

重い副作用

めったにありませんが、まれに下記の症状が現れる場合があります。
重い副作用については、初期症状として副作用の下に( )で記載している症状が現れる可能性があります。 初期症状が現れた場合は、重い副作用の発現に備えて注意が必要です。

【重い副作用とそれぞれの初期症状】
・誘発感染症、感染症の悪化
(発熱や喉の痛み、咳)
・続発性副腎皮質機能不全、糖尿病
(全身の倦怠感や吐き気、嘔吐、口や喉の渇き)
・消化性潰瘍、消化管穿孔、膵炎
(嘔吐、胸やけ、みぞおちの痛みや圧痛)
・精神変調、うつ状態、けいれん
(妄想や憂鬱での意識低下、筋肉の発作的収縮)
・骨粗しょう症
(背中や足腰、股関節の痛み、筋肉のこわばり)

初期症状や重い副作用が現れた時は、服用を中止して、すぐに医師の診察を受けてください。 また、上記の症状以外に気になる症状や体の異常・変化があった場合は、医師にご相談ください。

※参考サイト:医療用医薬品|デカドロン(デキサメタゾン)

デキサメタゾンを服用してはいけない人

デキサメタゾンは、下記に該当する人は服用できません。
もし該当する人でデキサメタゾンの服用を希望される場合は、必ず医師にご相談ください。

・本剤(デキサメタゾン)に含まれる成分に対して、過敏症の既往歴がある人
・男性の夜間頻尿を治療する薬(デスモプレシン酢酸塩水和物など)を使用している人
・妊娠中の人
・授乳中の人
・妊娠の可能性がある人

※参考資料:デカドロン錠(デキサメタゾン)

デキサメタゾンの服用には注意が必要

デキサメタゾン服用の注意点

デキサメタゾンは新型コロナウイルス感染症において、誰でもすぐに服用できる薬ではありません。
デキサメタゾンの服用は、酸素の吸入が必要な中等症の人や、人工呼吸器が必要な重症の人が対象となっています。

コロナウイルスの感染が拡大した時、自宅で療養する人に対して事前にデキサメタゾンが渡されていたこともありますが、服用するタイミングは必ず医師の指示に沿って服用するように注意喚起がありました。

デキサメタゾンは軽症の人が服用しても、中等症や重症の人の治療で得られるような効果がありません。 また、軽症の人が服用したり、服用のタイミングが早すぎると、かえって肺炎などの症状が悪化する場合があります。

そのため、デキサメタゾンをコロナウイルスの治療のために服用する場合は、服用前に必ず医師に相談してください。 医師の判断のもと服用することになったら、医師が指示する通りに服用されてください。

※参考サイト:コロナ治療のステロイド、投与早すぎると症状悪化の恐れ

まとめ

デキサメタゾンは、新型コロナウイルスに対して有効な治療薬です。
しかし、強力な抗炎症作用や免疫抑制作用があるので、副作用の症状が現れることもあります。
また、軽症の人には効果がなく、服用するタイミングを間違えると、かえって症状を悪化させてしまうケースもあります。

もし今後デキサメタゾンを服用することがある場合は、必ず副作用や注意点について確認してください。 薬は必要な時に正しく服用することで、誤った服用タイミングを避け、重い副作用に備えることができます。 そのため、デキサメタゾンは服用前に必ず医師に相談して、医師の指示のもと服用してください。

TOPに戻る