バイアグラ

シルデナフィルとは?|効果や副作用、入手方法について解説

バイアグラ

シルデナフィルとは?

シルデナフィルというのは勃起不全や肺動脈性肺高血圧症を治療する薬であり、一般的には勃起不全の治療を目的としてバイアグラという商品名が用いられて販売されています。

通常は性的な刺激を得たことにより血管の拡張が起こり陰茎へ血液が流れることで勃起をしますが、酵素(PDE-5)がこれを分解することで収まります。

酵素を阻害してくれる働きがあるのがシルデナフィルです。

この働きのおかげで、勃起の状態を維持することができるのです。

▶バイアグラジェネリックの一覧ページはコチラ

シルデナフィルを含む代表的な医薬品

勃起不全を治療するシルデナフィルを含んだ医薬品は複数存在します。

最も有名なのが、世界で初めてEDの治療薬として開発されたバイアグラです。

バイアグラ以降、様々なED治療薬が出ることになりました。

日本の製薬会社である東和薬品株式会社が開発したシルデナフィルOD錠は、バイアグラのジェネリック医薬品として知られています。

またインドのムンバイが本拠地の会社アジャンタファーマ社のバイアグラジェネリック医薬品がカマグラゴールドです。

それぞれどのような医薬品なのか紹介します。

バイアグラ

言わずと知れたED治療薬の代表がバイアグラであり、現在はその名を知らない人はいないでしょう。

アメリカのファイザー社が開発をした治療薬としても知られています。

元は狭心症の治療薬としてシルデナフィルは開発が進んでいましたが、その効果はあまりよろしいものではなく陰茎が勃起することが分かったことから開発方針が変わり、後にバイアグラとして販売が開始されました。

画期的な新薬と謡われ、ファイザー社が一躍有名企業へと名を連ねることになった薬です。

シルデナフィルOD錠50mgVI「トーワ」

シルデナフィルOD錠50mgVI「トーワ」は、トーワの名が付くことでも分かるように、日本の東和薬品株式会社が販売しているED治療薬です。

こちらはバイアグラのジェネリック医薬品ですので、成分的にはバイアグラと同じです。

そのためED治療的な効果や副作用なども、同じと考えていいでしょう。

ジェネリック医薬品という都合上、バイアグラよりも値段的には安く手に入れることができるのが特徴です。

水を飲まなくても服用できるよう唾液で溶かすことができ、割線があることから半分だけ服用するといったことが可能です。

カマグラゴールド

世界には数多くのバイアグラのジェネリック医薬品が存在しますが、その中で最も普及している率が高いED治療薬がカマグラゴールドです。

こちらもジェネリック医薬品という特性上、バイアグラよりもかなり安い値段で手に入れることができます。

もちろん同じ効果と副作用が考えられますが、値段が理由となって世界的な普及に繋がったようです。

インドの製薬会社アジャンダファーマ社は、世界でも有数の医薬品メーカーとして名を連ねています。

シルデナフィルの効果

シルデナフィルは、勃起の状態を維持するために必要なサイクリックGMP(cGMP)を分解してしまう酵素(PDE-5)を阻害します。

そのおかげで陰茎が常に勃起の状態を維持し続けることができるようになり、結果としてEDになることを防いでくれます。

EDになる人はどんなに意識をしても陰茎が縮こまることが問題ですが、シルデナフィルの作用によって、自らの意識とは関係ないところで勃起の状態を維持することができるのです。

シルデナフィルの副作用

シルデナフィルは治療薬に分類されますので、どうしても副作用は存在すると考えていいでしょう。

全ての人に当てはまるわけではありませんし、皆に副作用が出るわけでもありません。

ただ考えられる副作用を知っておくと安心できるでしょう。

よく知られている副作用としては、ほてりや潮紅などの血管拡張、頭痛などがあります。

その他には頻度1%以下の副作用として以下が挙げられます。

頻度1%以下の副作用

胸痛、動悸、めまい、胃腸障害、消化不良、鼻炎、発疹、結膜炎など

加えて、まれにですが重篤な症状として心筋梗塞や視力低下などがあるといいます。

どんな薬でも考えられる副作用ですが、注意をしておくに越したことはないでしょう。

▶バイアグラの副作用について詳しく知りたい方はコチラ

シルデナフィルの入手方法

シルデナフィルを含むバイアグラやバイアグラジェネリックは基本的に医師からの処方で手に入れることが可能です。

加えて、個人輸入と呼ばれる海外通販を利用した方法で入手することも近年では主流になりつつあります。

個人輸入では病院処方と同じファイザー製のバイアグラに加え、安価なバイアグラジェネリックを数多く取り扱っています。

しかしながら、個人輸入はネット通販と同様な購入方法であるために、医師の診察や検査を受けることができません。

そのため、バイアグラを一度も服用したことがない方であれば、医師から処方してもらう方が安全性が高いといえます。

個人輸入はバイアグラ服用経験があり、用法用量を把握している方によく選ばれる購入方法です。

▶バイアグラの入手方法について詳しく知りたい方はコチラ

シルデナフィルに関するよくある質問

シルデナフィルはEDで悩んでいる人に対して大きな力になってくれる治療薬です。

ED治療をしている医師も、様々な治療をしながら治療薬の服用を勧めることもあることから、その効果は実証されていると言っていいでしょう。

ただ、実際に服用しようというときには、何らかの疑問点などが出てくることもあるでしょう。

医師に処方されたときは詳しい説明を受けられるかもしれませんが、個人輸入などをするとその辺りはあいまいになってしまうかもしれません。

よくある質問を紹介しますので、シルデナフィルを飲む前に知っておいた方がいいでしょう。

Q
シルデナフィルは誰でも服用できますか?
A

健康状態に問題がなく他に薬を飲んでいない人、ただの鎮痛剤などを飲んでいる人はシルデナフィルを服用しても問題ありません。

ただ、現在使用している薬の種類によっては併用できないものもあります。

まずニトログリセリンなど硝酸剤及びNO供与剤などの心臓に関係する薬はNGです。

さらにアミオダロン塩酸塩やsGC刺激剤なども心臓に関わる薬ですので、こちらを服用している人はシルデナフィルは避けた方がいいでしょう。

Q
シルデナフィルでED(勃起不全)改善効果が得られませんでした。何が原因ですか?
A

シルデナフィルを服用しても、EDの改善に至らない方もいるかもしれません。

血管を拡張して陰茎への血流を促すはずですが、何らかの理由でそれが現れなかったと言えます。

考えられる理由としては用法や用量を守っていなかったり、処方された薬が身体に合わない可能性があります。

その際は用法用量の再確認をして、さらには他のED治療薬を服用することも検討してみましょう。

Q
シルデナフィルは毎日服用しても大丈夫?
A

シルデナフィルは医薬品という性質上、身体に悪影響を及ぼすであろう人以外には処方されません。

心臓に問題を抱えているなど余程の理由がない限り心配はありませんし、長い期間ずっと継続して飲み続けてもまったく問題はありません。

シルデナフィルは身体的依存性もなく、用法と用量をしっかり守ってさえいれば毎日飲んでも大丈夫です。