避妊薬ピル

低用量ピルの種類一覧と特徴|自分に合ったピルの選び方

避妊薬ピル

ピルで避妊や生理周期コントロール、生理に関わるトラブル改善を目的に服用している人が増えています。

初めてピルの服用する人の中には、どの低用量ピルを選べば良いのか悩んでいる方も多いでしょう。

そこで今回は、一般的に認知度の高い低用量ピルの種類を紹介します。

ぜひ参考にしていただければと思います。

そもそも低用量ピルとは?

ピルは、1960年代にアメリカで認可を受けた経口避妊薬のことです。

女性主体の避妊方法として世界中で服用されていますが、近年、避妊以外でも女性に嬉しい副効用が多く見られるとして医療分野でも注目を集めています。

例えば、低用量ピルは生理痛の緩和に効果的な場合がありますし、一部の低用量ピルはにきびの症状を改善する効果があるとされています。

そのためクリニックや病院では、副効用を目的にピルを処方するケースも多いです。

また低用量ピルにはいくつかの種類が存在し、体調や目的によって使い分けると良いと言われています。

低用量ピルを服用する目的

低用量ピルのポテンシャルは非常に高い物があります。

一昔前までは、避妊と言えばピルと言われるくらい避妊に特化した薬でしたが、今では副次効果を求めて服用する女性も多くなりました。

副次効果には、月経移動PMS、ニキビ、月経痛、生理不順、月経過多の改善子宮内膜症の治療があります。

ただし、低用量ピルの使用には個人差や健康状態に関する考慮が必要なので、医師の指導の下で自身の健康状態やニーズに合った選択をすることが大切です。

国内で処方されている低用量ピルの種類別一覧

ピルは、ホルモンの配合量や使用目的が異なるため、一人ひとりの体に合ったピルを選択することができるほど、国内で数多く開発されています。

また開発された順に第一から第四世代まで存在し、一相性から三相性の種類があります。

代表的な物でマーベロントリキュラーダイアン35が有名です。

マーベロンは第三世代ピルとして開発されたもので一相性、トリキュラーは第二世代のピルとして開発されたもので三相性、ダイアン35は第三世代ピルとして開発されたもので三相性です。

低用量ピルの種類ごとの特徴と違い

低用量ピルには、配合ホルモン量、相性、世代、それぞれでピルの種類が異なります。

ピルの成分は、エストロゲンとプロゲステロンで開発されており、副作用リスクを減少させつつ、避妊効果を維持することを目指しています。

また世代によって使用されているプロゲステロンの形状や特性も異なります。

これにより、個々の体質や健康状態によって様々なピルとの相性を試すことが可能です。

ピルを選択する際、医師との相談で健康状態やニーズに合わせた最適な選択肢を提案してくれるでしょう。

配合されているホルモン量ごとの違い

ピルには高用量ピル中用量ピル低用量ピル超低用量ピルの4種類が存在します。

高用量ピルは、副作用リスクが他と比べて大きいため、現在処方されることはほとんどありませんが、生理痛が酷い場合、無月経、月経困難症の場合に病院で緊急的に処方されることがあります。

中用量ピルはアフターピルとも呼ばれ、緊急的な避妊が必要な際に用いられます。

中用量ピルと低用量ピルの違いは、ホルモン含有量が異なるという点です。

中用量ピルはホルモン含有量が0.05mg以上、低用量ピルはホルモン含有量が0.05mg以下とされています。

更にホルモン含有量が少ない0.03mgという超低用量ピルもあります。

こちらは月経困難症や子宮内膜症の治療を目的として使われることが一般的です。

ホルモン量が少ないため、吐き気や下痢、頭痛などの副作用が出にくいことが特徴です。

一相性、二相性、三相性それぞれの違い

低用量ピルには、1シートが21錠のものと28錠のものが存在します。

2つの違いは偽薬(プラセボ)の有無です。

1シート全てのピルが同じホルモン量のものを一相性、ホルモン量の異なる2種類のピルが1シートに入っているものを二相性、3種類のものが三相性です。

分泌されるホルモンの量は複雑に増減を繰り返していますので、1シート内でホルモン摂取量が増減している三相性のピルは、自然なホルモン分泌に近い状態を再現できるのが特徴です。

一見、三相性が一番効果が高く良いように感じますが、服用方法が複雑になるというデメリットがあります。

そのため目的に合わせてピルを選択することが大切です。

開発世代別ピルの違い

低用量ピルには第一から第四世代まで存在し、使用するホルモンと特徴が異なります。

第一世代は、一番最初に製造承認されたピルで、ノルエチステロンと呼ばれる黄体ホルモンを使用しており、出血量が減りやすく月経困難症のコントロールに優れています。

第二世代は、レボノルゲストレルと呼ばれる黄体ホルモンを使用しており、不正出血が起こりにくく安定した周期を作りやすいです。

第三世代は、デソゲストレルと呼ばれる黄体ホルモンを使用しており、アンドロゲンの作用抑制効果が高く、ニキビ治療や多毛症の改善に期待が持てます。

第四世代は、ドロスピレノンと呼ばれる黄体ホルモンを使用しており、超低用量化されているので副作用が起こりにくいです。

低用量ピルの選び方

多くの方が避妊目的で低用量ピルを選ぶと思われますが、現在低用量ピルには避妊目的以外でも副次効果が認められています。

そのため、目的に応じて種類を使い分けると低用量ピルのポテンシャルを十分に惹きだすことができます。

例えば、避妊、PMS改善、月経日移動を目的に選ぶ場合、ニキビ、多毛症改善を目的に選ぶ場合、副作用の少なさで選ぶなど、人それぞれ健康状態やニーズに合わせたピルを選択したいと考えているはずです。

ただし、どの低用量ピルを使用するにしても医師に相談して利用すると良いでしょう。

避妊、PMS改善、月経日移動を目的に選ぶ

避妊、PMS改善、月経日移動を目的にピルを選ぶ場合、トリキュラーがおすすめです。

ピルは、毎日正しく服用することで高い避妊効果が期待できるますが、トリキュラーは約99%という高確率で避妊が期待できると言われています。

トリキュラーは、28日間の1周期に含まれている女性ホルモンの配合量が少なく、PMSの症状改善に効果が高く、経血量を減らすため生理痛の緩和や子宮内膜が厚くなることを防ぐ効果が期待できます。

これにより、子宮内膜が厚くなると生理のときに子宮の収縮が活発になり経血量が増えたり血の塊が混ざることがありますが、トリキュラーはこの経血量を少なくし、生理痛を緩和させる効果が期待できます。

ニキビ、多毛症改善を目的に選ぶ

ニキビや多毛症の改善を目的にピルを選ぶ場合はマーベロンがおすすめです。

マーベロンは、2種類のホルモンが一定量配合されている1相性ピルの低用量ピルで、デソゲストレルと呼ばれる黄体ホルモンを使用しているため第三世代に分類されます。

そして低用量ピルの中でも、特にニキビの改善が期待できる薬です。

女性の場合、ニキビなどの肌荒れは黄体ホルモンの乱れや男性ホルモンが要因となる場合がありますが、デソゲストレルは男性ホルモンの作用を抑える効果があります。

そのため、男性ホルモンによる皮脂の過剰分泌を防ぐことでニキビの改善が期待できます。

副作用の少なさで選ぶ

副作用の少なさでピルを選ぶ場合はヤーズがおすすめです。

ヤーズは、一般的な低用量ピルよりも卵胞ホルモンであるエストロゲンの配合量がさらに少ない超低用量ピルです。

超低用量ピルは、月経周期調整や月経困難症などの婦人科疾患に対する治療にも幅広く使われている薬です。

また低用量ピルの休薬期間は7日に設定されているものが一般的ですが、超低用量ピルの休薬期間は4日間と他のピルに比べて短く設定されています。

一般的なピルと比較すると体内のホルモン量の変動が少ないので、副作用が出にくいと言われています。

低用量ピルの購入方法

今まで低用量ピルは、病院で処方してもらう方法が一般的でしたが、最近では通販でも購入できます

病院で購入するメリットは、医師による診察や検査により自分にピルが適合しているのか、服用して問題ないのかをしっかりと判断をしてもらえるのですが、診察料や病院に行く必要があるため薬が高くなります。

通販ではジェネリック医薬品の取り扱いが多く、低用量ピルを安価に購入することも可能です。

病院、クリニックで処方してもらう

病院やクリニックで直接診察を受けて処方してもらう方式の最大のメリットは、やはり高い安全性です。

近頃、多い個人輸入代行から購入したピルの中には偽物も多く含まれており、安全性が確約されていないのが難点なので、服用して健康被害にあっても自己責任でどうにかしなければなりません。

しかし、病院で購入するピルの全ては日本の認可を受けています。

そのため、余程誤った使用をしない限りは健康被害になることはまずないと言えます。

オンライン診療で処方してもらう

オンライン診療は、クリニックのサイトから購入ができます。

かつオンライン診療は、ネット上で診療を受けてから自分に適合するピルを処方してもらえるため、プライバシーの観点でも非常に優れています

そのため、近年ではこのオンライン診療の普及が増加傾向にあります。

また薬も自宅まで配送してもらるシステムのため、自宅から出る必要がないこともメリットです。

ただし、知名度の高いところで診察を受けないと診察料が異常に高かったり、認可の受けていない薬を勧められるなどの悪徳医院もあるため注意が必要です。

個人輸入代行(通販)で購入する

現在、ピルは医薬品を幅広く取扱うインターネットを介した個人輸入代行サービスで購入することもできます。

個人輸入代行で取り扱っているピルはジェネリック医薬品が多く、病院処方に比べて安価な傾向にあります。

安全性について不安視する声もありますが、メーカー正規品保証や製造元の説明のある業者を選ぶことで対処が可能です。

デメリットとしては海外からの輸入品であるために注文から到着までに約10~14日を要する点があります。

低用量ピルは継続服用が重要な薬なので、早めに注文しておく必要があるでしょう。

まとめ

近年、低用量ピルは避妊効果や月経周期のコントロールができるなど女性の悩みを大きく解決できる薬として注目が集まり、重宝されてきました。

最近では病院の処方やオンライン処方も増え、通販でも購入ができるので、より身近な薬となっています。

しかし、ピルも体に投入する薬なので、しっかりと知識を持って購入したいものです。

そのため今回紹介した内容が少しでも参考になればと思います。