• ナウゼリンジェネリック
商品コード:2205-9108
ナウゼリンジェネリック
効果効能 吐き気や胸やけ、食欲不振の改善
有効成分 ドンペリドン
メーカー Janssen Pharmaceutica N.V.
ナウゼリンジェネリック 10mg
個数選択 定価 販売価格 ポイント 購入
1錠 1錠
10mg × 21錠 ¥104 ¥2,200 ¥94 ¥1,980 59pt 購入する
10mg × 42錠 ¥104 ¥4,400 ¥89 ¥3,760 112pt 購入する
10mg × 63錠 ¥104 ¥6,600 ¥83 ¥5,280 158pt 購入する

商品詳細

ナウゼリンジェネリックは国内の病院で処方される吐き気止めです。

服用することで吐き気や嘔吐、胸やけなどの改善効果が期待出来ます。

ピル服用時の吐き気などにも有効です。

ナウゼリンジェネリックの効果


ナウゼリンジェネリックの主成分のドンペリドンは、弱った胃腸の運動を助け、吐き気や胸やけなどの症状を抑える働きがあります。

吐き気や胸やけはアセチルコリンという神経伝達物質の作用で、消化器官の運動能力が低下した場合に起こることがあります。

主成分であるドンペリドンはアセチルコリンを抑え、消化器官の運動能力を正常に導く作用が期待出来ます。

その作用から慢性胃炎や胃下垂症の治療に用いられる場合や薬剤服用時の副作用である吐き気や腹痛を抑えることに使用される例もあります。


参考ページ

服用方法・使用方法

10mg(1錠)を1日3回、食前に水またはぬるま湯で服用してください。

レボドパ製剤を投与している方は医師の判断のもと、5~10mgに調節して服用する必要があります。

その他にも年齢や症状によって服用量の調整が必要な場合があります。

用量の調整が必要な場合は専用のピルカッターをご使用ください。



食事の影響



食事を摂った際のナウゼリンジェネリック服用による影響はほとんどないとされています。




アルコールの影響



アルコール摂取時にナウゼリンジェネリックを併用しても影響はないとされています。




ナウゼリンジェネリックを服用できない方




  • 市販薬ガスターなどに含まれる成分ファモチジンに過敏症を発症したことがある方

  • 妊娠中、妊娠している可能性のある方

  • 腸閉塞の方

  • プロラクチン分泌性の下垂体腫瘍の方



※上記に当てはまる方で服用を考えられている場合はかかりつけの医師へ判断を仰いでください。






保管方法


・高温多湿を避け、日光が当たらない涼しい場所で保管してください。

・子どもの手の届かない場所に保管してください。

・他の薬と混ぜないように保管してください。性質が変化し、形状が崩れる恐れがあります。

・消費期限の過ぎた商品の服用・使用は避けてください。

・錠剤を割って使用した場合は、空気に触れにくい形で保管し、2日以内に服用してください。

効果・効能

吐き気や胸やけ、食欲不振の改善

副作用

主な副作用として以下の症状が表れることがあります。

・下痢
・便秘
・胸やけ
・発疹


重大な副作用としてショック、アナフィラキシーなどが挙げられます。

意識障害や痙攣、呼吸困難などの症状がでた場合はすぐに服用を中止してください。

持続時間

注意点

・多量摂取した場合、重度な副作用を引き起こすリスクが高まるため、必ず用量を守って服用してください。

・飲み忘れに気づいても2回分を一度に服用しないでください。

・服用後、一時的に眠気、めまい、ふらつきが表れることがあります。
車の運転を伴う機械操作や、高所での作業を行う際には十分な注意が必要です。

・当サイトの効果効能・服用方法・副作用は一般的な情報を記載したものです。
服用や使用に関しては全て自己責任となり、当サイトでは一切の責任を負いかねますのでご了承ください。


併用禁忌


現在報告されておりません。





併用注意


以下の薬とナウゼリンジェネリックを併用すると、成分効果の減少や、嘔吐・食欲不振、血中濃度が上昇するなどの恐れがあるので注意してください。

・ジギタリス製剤、ジゴキシン等

・抗コリン剤

・制酸剤、シメチジン、ラニチジン等

・CYP3A4阻害剤

有効成分

ドンペリドン

メーカー

Janssen Pharmaceutica N.V.

内容量

21錠

発送国

香港

ナウゼリンジェネリック購入者の声

まだ口コミはありません。

口コミを投稿する

商品名

満足度

口コミ

商品の在庫や配送に関するお問い合わせはこちらよりお願いします。ここで送信されたことに対しての返信は出来ませんので予めご了承下さい。
※商品の効果、副作用、使用方法などに関しては、薬事法の関係でお答え出来ませんので合わせてご了承下さい。
TOPに戻る