• ファベリン(ルボックス・ジェネリック)
商品コード:2343-10900
ファベリン(ルボックス・ジェネリック)
効果効能 うつ病・うつ状態の改善
強迫性障害の改善
社会不安障害の改善
有効成分 フルボキサミンマレイン酸塩 100mg
メーカー Abbott Laboratories
精神病の症状と対策  
ファベリン(ルボックス・ジェネリック) 100mg
個数選択 販売価格(1錠単価) ポイント ご注文
100mg × 30錠 ¥3,000 ¥2,8501錠当たり
(¥95)
85pt カートに入れる
100mg × 60錠 ¥6,000 ¥5,4001錠当たり
(¥90)
162pt カートに入れる

商品詳細

ファベリン(ルボックス・ジェネリック)は、フルボキサミンマレイン酸塩(フルボキサミン)が主成分のうつ病や不安障害の治療薬です。

SSRI(選択的セロトニン再取り込み阻害薬)と呼ばれる薬で、安全性が高く副作用も少ないことが特徴です。

不安を和らげる作用があるので、強迫性障害や社会不安障害の治療にも用いられています。

また、新型コロナウイルス感染症の重症化リスクを軽減させる可能性が期待されており、現在研究が行われています。



フルボキサミンのコロナへの有効性についてのニュース記事まとめ









ファベリン(ルボックス・ジェネリック)はこんな方にオススメ



・精神科領域におけるうつ病、うつ状態を改善したい方
・強迫性障害で悩んでいる方
・社会不安障害に悩んでいる方
・ルボックスを服用している方
・副作用の少ない抗うつ剤を使いたい方



ファベリン(ルボックス・ジェネリック)の特徴



ファベリンは日本国内でも処方されているうつ病の治療薬、ルボックスのジェネリック医薬品です。


ルボックスと同様、フルボキサミンマレイン酸塩(フルボキサミン)が配合されており、不安を和らげる働きがあります。


うつ病では、セロトニンという脳内の神経物質の働きが弱り、気分の落ち込みや不安などの症状が出るといわれています。


フルボキサミンマレイン酸塩(フルボキサミン)はセロトニンがシナプスで取り込まれるのを防ぐ働きがあり、気分の落ち込みなどを改善します。


※参考サイト:日経メディカル処方薬事典: SSRI(選択的セロトニン再取り込み阻害薬)の解説

参考ページ

精神病の症状と対策  

服用方法・使用方法

50~150mgを1日2回服用します。
初めて飲む場合は、1日50mg(半錠)から服用を始めてください。
1日150mg(2錠半)まで増量できます。
年齢や症状によって服用量は調節できますが、1日の服用量を守り、150mgは超えないようにしてください。

※有効成分フルボキサミンの血中濃度を一定に保つためにも、なるべく毎日決まった時間に服用してください。

服用・使用時の注意点



1日で服用できるのは150mgまでです。
中には効果を強く期待するために決められた用量の2倍・3倍といった量を1度に服用する方がいますが、効果が強く出るわけではありません。
・ファベリン(ルボックス・ジェネリック)を服用中は、アルコールの摂取を控えてください。
・服用中に体調や精神状態の悪化を感じた場合は、服用を中止して医師の診察を受けてください。
・服用中は眠気や意識消失など意識障害が起こる場合があるため、自動車の運転や危険を伴う機械操作などは行わないでください。
・服用量を急に減らしたり、服用を中止すると頭痛や吐き気、めまい、不安感、不眠、集中力低下などの症状が現れることがあります。服用を中止する場合は、医師に相談したうえで服用量を徐々に減らすなど、医師の指示に従ってください。


効果・効能

うつ病・うつ状態の改善
強迫性障害の改善
社会不安障害の改善

副作用

主な副作用として、以下の症状が現れることがあります。

・眠気
・めまいやふらつき
・不安感
・イライラ感
・頭痛
・震え
・倦怠感
・吐き気
・食欲不振
・口の渇き
・便秘
・下痢
・排尿困難
・動悸
・目の眩しさ
・出血傾向
・発赤
・発疹
・かゆみ
・性欲低下
・射精遅延や勃起障害などの性機能異常

これらの症状が現れたり、体に何か異常を感じた場合は、使用(または服用)を中止して医師にご相談ください。

重大な副作用



重大な副作用として、以下の症状が現れることがあります。



・けいれん
・せん妄
・幻覚
・錯乱
・妄想
・意識障害
・ショック
・アナフィラキシー
・セロトニン症候群
・悪性症候群
・白血球や血小板の減少
・肝機能障害
・黄疸
・抗利尿ホルモン不適合分泌症候群(SIADH)



これらの症状が現れたり、体に何か異常を感じた場合は、すぐに使用(または服用)を中止し医師にご相談ください。


持続時間

-

注意点

ファベリン(ルボックス・ジェネリック)を服用する上で、注意していただきたい点を詳しく紹介します。

服用できない方



・フルボキサミンに対して、過敏症の既往歴がある方
・モノアミン酸化酵素(MAO)阻害剤を服用している方
・モノアミン酸化酵素(MAO)阻害剤を服用中止後、2週間以内の方
・ピモジド、チザニジン塩酸塩、ラメルテオン、メラトニンを服用中の方
・現在妊中の方や妊娠している可能性がある方
・授乳中の方



服用に注意が必要な方



・肝障害がある方
・重篤な腎障害のある方
・てんかんなどの痙攣性疾患がある、または既往歴がある方
・自殺念慮、自殺企図がある、または既往歴がある方
・躁うつ病の方
・脳の器質的障害がある方
・統合失調症の素因がある方
・衝動性が高い併存障害がある方
・心疾患がある方
・出血性疾患の既往歴がある方
・出血性素因がある方
・緑内障がある方
・眼内圧亢進がある方
・高齢者の方
・小児の方



上記のいずれかに該当する方は、服用前に必ず医師にご相談ください。



併用禁忌薬



以下の薬はファベリン(ルボックス・ジェネリック)と相性が悪いため、併用は避けてください。



・モノアミン酸化酵素(MAO)阻害剤
・セレギリン塩酸塩(エフピー)
・ラサギリンメシル酸塩(アジレクト)
・サフィナミドメシル酸塩(エクフィナ)

併用によってそれぞれの薬の作用が増強されたり、セロトニン症候群が現れることがあります。

・ピモジド(オーラップ)
QT延長や心室性不整脈など、心血管系の副作用が発現する恐れがあります。

・チザニジン塩酸塩(テルネリン)
著しい血圧低下などの副作用が発現する恐れがあります。

・ラメルテオン(ロゼレム、メラトニン、メラトベル)
併用によって上記薬剤の作用が強く現れる恐れがあります。



併用注意薬



以下の薬や食品ファベリン(ルボックス・ジェネリック)と併用するにあたって注意が必要です。



セロトニン作用を有する薬
・炭酸リチウム
・L-トリプトファン含有製剤
・アミノ酸製剤
・経腸成分栄養剤
・トリプタン系薬剤
・スマトリプタンコハク酸塩
・選択的セロトニン再取り込み阻害剤
・トラマドール塩酸塩
・リネゾリド
・メチルチオニニウム塩化物水和物(メチレンブルー)
セイヨウオトギリソウ(セント・ジョーンズ・ワート)含有食品
併用することで、セロトニン症候群などの症状が現れる恐れがあります。

抗てんかん剤
・フェニトイン
・カルバマゼピン
・三環系抗うつ剤
・イミプラミン塩酸塩
・アミトリプチリン塩酸塩
・クロミプラミン塩酸塩
・ベンゾジアゼピン系薬剤
・アルプラゾラム
・ブロマゼパム
・ジアゼパム
・オランザピン
・クロザピン
・ロピニロール塩酸塩
・メキシレチン塩酸塩
・シルデナフィルクエン酸塩
併用することで、上記薬剤の血中濃度を上昇させる場合があります。

・β-遮断剤(プロプラノロール塩酸塩)
併用による徐脈、低血圧などの症状が報告されています。

・キサンチン系気管支拡張剤(テオフィリンなど)
併用によるめまい、傾眠、不整脈などの症状が報告されています。

・シクロスポリン
シクロスポリンの血中濃度上昇が報告されています。

・クマリン系抗血液凝固剤(ワルファリンカリウム)
ワルファリンの血中濃度上昇が報告されています。

・ゾルピデム酒石酸塩
ゾルピデムの血中濃度上昇が報告されています。

・メサドン塩酸塩
メサドンの血中濃度上昇が報告されています。

出血傾向が増強する薬剤
・非定型抗精神病薬
・フェノチアジン系薬剤
・三環系抗うつ薬
・アスピリン等の非ステロイド系抗炎症剤
・ワルファリンカリウムなど
併用による皮膚の異常出血や、胃腸出血などの出血症状が報告されています。

※参考サイト:医療用医薬品 : フルボキサミンマレイン酸塩


有効成分

フルボキサミンマレイン酸塩 100mg

メーカー

Abbott Laboratories

内容量

30錠

発送国

香港

ファベリン(ルボックス・ジェネリック)購入者の声

まだ口コミはありません。

口コミを投稿する

商品名

満足度

名前

年齢

口コミ

商品の在庫や配送に関するお問い合わせはこちらよりお願いします。ここで送信されたことに対しての返信は出来ませんので予めご了承下さい。
※商品の効果、副作用、使用方法などに関しては、薬事法の関係でお答え出来ませんので合わせてご了承下さい。
TOPに戻る