🔰 お客様との5つのお約束 🔰
  • クレンブテロール(スピロテロール)

更新日:2023年07月21日

クレンブテロール(スピロテロール)

効果効能 気管支拡張、気管支喘息・気管支炎の改善、尿失禁の改善、筋肉増強
有効成分 クレンブテロール塩酸塩
メーカー Lloyd Laboratories Inc.
クレンブテロール(スピロテロール) 40mcg
個数選択 販売価格(1錠単価) ポイント ご注文
90錠 ¥3,800 ¥3,6101錠あたり
(¥40)
108pt カートに入れる

商品詳細

クレンブテロール(スピロテロール)は、「クレンブテロール」を有効成分とする気管支喘息や気管支炎の治療薬です。

気管を拡げて呼吸を楽にする働きがあります。

また、膀胱を拡げておいたり、尿道の筋肉をしめる働きもあるため、くしゃみなどのちょっとした力みで勝手に漏れてしまう、腹圧性尿失禁にも効果があります

このお薬は非ステロイド薬のため、ステロイド特有の副作用がありません。

クレンブテロール(スピロテロール)の効果


・気管支喘息・気管支炎の改善
・尿失禁の改善
・筋肉増強



クレンブテロール(スピロテロール)の効果


有効成分の「クレンブテロール」は、「β2受容体刺激薬」に分類されるお薬です。
β2受容体刺激薬とは、「気管支を広げる働きのある交感神経を刺激して気管支を拡張させる」効果のあるお薬を指します。


気管支に炎症が起きると、気道に痰などの分泌物が放出されます。
また、気管支喘息の場合は、気道自体が細くなって空気の通りが悪い状態となります。
そのため、発作が起こると呼吸が苦しくなるのです。


ヒトが運動をするときは、交感神経が興奮している状態です。
運動をしている最中は、回りをよく見ようとするために瞳孔が散大し、心臓は活発に動き、力を入れるために血管が収縮し、血圧が上がります。
さらに、たくさんの空気を取り入れようとするため、気管支が拡張します。


これらのことは、すべてが交感神経が活性化されたために起こります。
気管支の拡張については、「β2受容体」という器官が関わっており、このβ2受容体を刺激することで、気管支が拡張されます。


体に備わるこのはたらきを利用しているのが、β2受容体刺激薬です。


さらに、クレンブテロールには交感神経を興奮させ、骨格筋の血管を拡張させる働きがあることから、筋肉増強作用があります。


脂肪を分解する酵素の分泌を助け、筋肉量が減りづらくなるため、服用して有酸素運動を行うことで効率の良い減量が可能となります。


※世界アンチドーピング規程「禁止表国際基準」に該当する成分が含まれています。
ドーピング検査に影響を及ぼす可能性がありますので、公式競技等に出場される方はご注意ください。



参考サイト:おくすり100番|クレンブテロール塩酸塩



クレンブテロール(スピロテロール)はこんな方に選ばれています


・気管支喘息の方
・気管支炎になりやすい方
・尿のちょい漏れが気になりはじめた方

服用方法・使用方法

■気管支喘息、慢性気管支炎、肺気腫、急性気管支炎

成人:1回クレンブテロール塩酸塩として20mcg(0.5錠)を1日2回、朝及び就寝前に服用

・頓用として
 成人:1回クレンブテロール塩酸塩として20mcg(0.5錠)を服用する。

 なお、年齢、症状により適宜増減する。

■腹圧性尿失禁

成人:1回クレンブテロール塩酸塩として20mcg(0.5錠)を1日2回、朝及び夕に服用

 なお、年齢、症状により適宜増減する。
 ただし、60mcg(1.5錠)/日を上限とする。

・飲み忘れに気付いた際は、気づいたときにすぐ服用してください。
 ただし、次の服用時間が近いときは忘れた分は服用しないでください。
 ※2回分を一度に服用しないようにしてください。
 ※服用中は低カリウム血症を防ぐために、食事やサプリメントでカリウムを補うことをおすすめします。

クレンブテロール(スピロテロール)服用時の注意点


・吸入ステロイド薬を併用している方は、本剤の服用により症状の改善を感じても、吸入ステロイド薬を減量したり、中止したりしないでください。
・発作予防のために医師の指示どおり継続して服用してください。
・自己判断で勝手に量を増やしたり、中止したりしないでください。
・本剤の服用を始めた頃に手の震えや心臓がドキドキすることがあります。ほとんどの場合、続けていくうちに起こらなくなりますが、ひどい場合や症状が続く場合は医師または薬剤師にご相談ください。
・別に薬を飲んでいる場合は、その薬を医師に教えてください。

副作用

主な副作用としては、以下の症状が現れることがあります。

・発疹
・振戦
・頭痛
・筋痙縮
・動悸、嘔気
など



クレンブテロール(スピロテロール)の重大な副作用


重大な副作用として、以下の症状が現れることがあります。


・低カリウム血症


これらの症状が現れたり、体に何か異常を感じた場合は、すぐに服用を中止して医師にご相談ください。

持続時間

-

注意点

クレンブテロール(スピロテロール)服用時の注意点をご確認ください。

クレンブテロール(スピロテロール)を使用できない方


・本剤の有効成分に過敏症の既往歴がある方
・下部尿路が閉塞している方



クレンブテロール(スピロテロール)の使用に注意が必要な方


・甲状腺機能亢進症の方
・高血圧の方
・心疾患のある方
・糖尿病の方
・低酸素血症の方
・妊娠、または妊娠の可能性のある方
・授乳中の方
・小児
・高齢者


上記のいずれかに該当する方は、服用前に必ず医師にご相談ください。



クレンブテロール(スピロテロール)の併用禁忌薬


以下の薬はクレンブテロール(スピロテロール)と相性が悪いため、併用は避けてください。


・カテコールアミン製剤
 アドレナリン
 イソプロテレノール等



クレンブテロール(スピロテロール)の併用注意薬


以下の薬はクレンブテロール(スピロテロール)と併用するにあたって注意が必要です。


・キサンチン誘導体
 テオフィリン
 アミノフィリン水和物
 ジプロフィリン等
・ステロイド剤
 ベタメタゾン
 プレドニゾロン
 ヒドロコルチゾンコハク酸エステルナトリウム等
・利尿剤
 フロセミド等



保管方法


・直射日光の当たらない、30℃以下の涼しい場所で保管してください。
・子供の手の届かない場所に保管してください。
・誤飲の原因になる恐れがあるため、容器の移し替えはせず、そのまま保管してください。

有効成分

クレンブテロール塩酸塩

メーカー

Lloyd Laboratories Inc.

内容量

90錠

発送国

香港

クレンブテロール(スピロテロール)口コミ・レビュー

まだ口コミはありません。

口コミを投稿する

商品名

満足度

名前

年齢

口コミ

商品の在庫や配送に関するお問い合わせはこちらよりお願いします。ここで送信されたことに対しての返信は出来ませんので予めご了承下さい。
※商品の効果、副作用、使用方法などに関しては、薬事法の関係でお答え出来ませんので合わせてご了承下さい。
TOPに戻る

ライフパートナー お客様との5つのお約束