• リスパダール(抗不安薬)
  • リスパダール(抗不安薬)
商品コード:2154-8781

1

リスパダール(抗不安薬)
効果効能 統合失調症・小児期の自閉スペクトラム症
有効成分 リスペリドン2mg・4mg
メーカー Consern Pharma
リスパダール(抗不安薬) 2mg
個数選択 定価 販売価格 ポイント 購入
1錠 1錠
2mg × 100錠 ¥50 ¥5,000 ¥45 ¥4,500 135pt 購入する
リスパダール(抗不安薬) 4mg
個数選択 定価 販売価格 ポイント 購入
1錠 1錠
4mg × 100錠 ¥75 ¥7,500 ¥67 ¥6,750 202pt 購入する

商品詳細

※2mg単位の発送時期未定
リスパダールとは、心の不安や緊張感を和らげ穏やかにする抗不安剤です。
第2世代抗精神病薬、SDA(セロトニン・ドーパミン拮抗薬)とも呼ばれる治療薬になります。
含有成分リスペリドンはセロトニン・ドーパミンの受容体(神経伝達物質をキャッチする部分)を遮断する作用があります。
セロトニンは鎮静をドーパミンは興奮をもたらす神経伝達物質です。
どちらかが片方が分泌され過ぎると感情の起伏が激しくなるといわれています。
そのため小さなことでも緊張パニックから虚脱感、脱力感といった症状が出やすいといわれています。
これらの物質を一時的に遮断することで、不安障害・統合失調症などによく現れる「不安感」「緊張感」「パニック」「幻覚や妄想」「急な落ち込み」「気持ちの高ぶり」などを緩和し抑制しやすくする効能があるとされます。
また小児期期自閉スペクトラム症(自閉症アスペルガー症候群など)における周囲の攻撃やものの破壊、自傷行などの易刺激性を和らげられるともされています。
症状により漠然とした不安や感情を緩和したい方におすすめです。

参考ページ

服用方法・使用方法

・不安障害(統合失調症)の場合
1日2回1mgから服用を始めて下さい。日数を重ねるごとに2mg~6mgまで増量して服用して下さい。年齢症状により適宜増減しますが1日最大12mgまでは増量が可能です。

・小児期期自閉スペクトラム症(自閉症アスペルガー症候群など)の場合
<体重15kg以上20kg未満の方>
1日1回0.25mgから服用を開始して下さい。4日目以降から0.25mgを2回に増やし服用して下さい。その後症状により、1週間以上の間隔を空け適宜0.25mgずつ増減しますが1日最大1mgまでは増量が可能です。

<体重20kg以上の方>
1日1回0.5mgから服用を開始して下さい。4日目以降から0.5mgを2回に増やし服用して下さい。その後症状により、1週間以上の間隔を空け適宜0.5mgずつ増減しますが45kg未満の場合は1日最大2.5mgまで、45kg以上の場合は1日最大3.0mgまでは増量が可能です。

効果・効能

統合失調症・小児期の自閉スペクトラム症

副作用

倦怠感、ふらつき、眠れない、便秘などが報告されています。
異常が生じた際には直ちに使用を中止し、近隣の医療機関の診察をお受け下さい。
⇒詳細は外部の専門サイトをご確認下さい
※当サイトの効果効能・服用方法・副作用は一般的な情報を記載したものです。注文や利用はご自身の判断・責任で行って下さい。

持続時間

約1時間~4時間程度 ※効果時間には個人差がありますので予めご了承ください。

注意点

服用する際は十分な知識・経験を持つ医師との相談の元、服用して下さい。
小児期期自閉スペクトラム症(自閉症アスペルガー症候群など)の場合、5歳以上18歳未満の患者にのみ使用して下さい。
事故の原因にもなりますので服用した後、危険を伴う機械の運転はお止め下さい。
持病・アレルギーを悪化する可能性もあるので医師との相談の上でご使用下さい。
安定剤や抗うつ剤、睡眠薬など他の併用薬がある際は医師との相談してご使用下さい。

有効成分

リスペリドン2mg・4mg

メーカー

Consern Pharma

内容量

100錠

発送国

香港・インド

リスパダール(抗不安薬)購入者の声

  • 満足度:★★★★★
    いつも薬剤師(旦那)に見てもらいながら購入させてもらっています。 ピルカッターを使ってますが病院のより副作用が少なく落ち着く感じが良いです。
口コミを投稿する

商品名

満足度

口コミ

商品の在庫や配送に関するお問い合わせはこちらよりお願いします。ここで送信されたことに対しての返信は出来ませんので予めご了承下さい。
※商品の効果、副作用、使用方法などに関しては、薬事法の関係でお答え出来ませんので合わせてご了承下さい。
TOPに戻る