• レメロンジェネリック
商品コード:2070-8268

1

レメロンジェネリック
効果効能 抗うつ剤・鎮痛剤・うつ病・不安障害・不眠症
有効成分 ミルタザピン15mg・30mg
メーカー Mustafa Nevzat
精神病の症状と対策  ・不眠症の症状と対策  
レメロンジェネリック 15mg
個数選択 定価 販売価格 ポイント 購入
1錠 1錠
15mg × 28錠 ¥107 ¥3,000 ¥96 ¥2,700 81pt 売り切れ
15mg × 56錠 ¥107 ¥6,000 ¥86 ¥4,860 145pt 売り切れ
レメロンジェネリック 30mg
個数選択 定価 販売価格 ポイント 購入
1錠 1錠
30mg × 28錠 ¥178 ¥5,000 ¥160 ¥4,500 135pt 売り切れ

商品詳細

2000年代の新しいカテゴリーの抗うつ剤であるレメロンジェネリックは、従来の抗うつ剤とは異なった作用をします。
レメロンジェネリックはNaSSAという抗うつ剤のジャンルにカテゴライズされますが、これは「ノルアドレナリン作動性・特異的セロトニン作動性抗うつ剤」の英語の頭文字を取ったものです。
化学的な構造などは従来までの抗うつ剤に近い部分があるのですが、従来の抗うつ剤の主な作用だった、脳内のセロトニンやノルアドレナリンの再取り込みを阻害する作用、これに加えて脳内のセロトニンを放出する部分に直接働きかけ、セロトニンを出させるという作用があります。
その効果は強く、即効性にも優れています。
効能としてはうつ病が一般的ですが、不安障害に対しても効果が見込めるとされています。
また、深い睡眠をもたらす作用から、睡眠薬だけでは不十分な場合の不眠症の治療に用いられることも少なくありません。
それ以外にも、慢性的な耐えられない痒みに対して処方される場合もあるようです。
これは有効成分ミルタザピンの抗ヒスタミン作用が痒みを収めるからです。

参考ページ

精神病の症状と対策  ・不眠症の症状と対策  

服用方法・使用方法

1日1錠(15mg)を初期用量としています。
年齢や症状によっては、1日に3錠(45mg)を超えない範囲で適宜に増減させることが出来ます。
増量する場合には、1週間以上の間隔が必要となります。

効果・効能

抗うつ剤・鎮痛剤・うつ病・不安障害・不眠症

副作用

体重増加や眠気、倦怠感などがあります。

持続時間

24時間

注意点

症状などにより服用量は異なりますので、かかりつけの医師にご相談ください。
当サイトの効果効能・服用方法・副作用は一般的な情報を記載したものです。注文や利用はご自身の判断・責任で行って下さい。

有効成分

ミルタザピン15mg・30mg

メーカー

Mustafa Nevzat

内容量

28錠

発送国

シンガポール

レメロンジェネリック購入者の声

  • 満足度:★★★★
    飲むと自然と活力が戻ってくるような感じです。 私にはすごく合っていて体調もメンタルも徐々に回復しつつあります。 ただ一回だけ少し多めに飲んだらだいぶハイな夢を見ました。 使い方には気をつけたほうがいいですね。。。
口コミを投稿する

商品名

満足度

口コミ

商品の在庫や配送に関するお問い合わせはこちらよりお願いします。ここで送信されたことに対しての返信は出来ませんので予めご了承下さい。
※商品の効果、副作用、使用方法などに関しては、薬事法の関係でお答え出来ませんので合わせてご了承下さい。
TOPに戻る