🔰 お客様との5つのお約束 🔰
  • エクメット・ジェネリック

更新日:2024年02月28日

エクメット・ジェネリック

効果効能 2型糖尿病の改善
有効成分 ビルダグリプチン、メトホルミン
メーカー ノバルティス
エクメット・ジェネリック
個数選択 販売価格(1錠単価) ポイント ご注文
60錠 ¥8,000 ¥7,2001錠あたり
(¥120)
216pt カートに入れる

商品詳細

エクメット・ジェネリックは、「ビルダグリプチン」と「メトホルミン」の異なる2つの成分を配合した2型糖尿病の治療薬です。

作用機序が違う2成分を併用することにより、単独で使用した場合を上回る血糖改善効果が期待できます。

「ビルダグリプチン」は、インクレチンという消化管ホルモンの分解を防ぎ、その濃度を高めてインスリン分泌を促します。

もう一方の有効成分「メトホルミン」は、肝臓での糖生成を抑えたり、筋肉での糖利用を増やすことで血糖値を下げる成分です。

※2型糖尿病について
生活習慣や遺伝的影響によりインスリンが出にくい、または効きにくくなることで起こる症状です。
糖尿病患者の95%以上は2型糖尿病と言われており、食事・運動療法や飲み薬による治療が一般的とされています。



エクメット・ジェネリックの有効成分


エクメット・ジェネリックに含まれる有効成分には、それぞれ以下のような効果が期待できます。



ビルダグリプチン


「ビルダグリプチン」は、「インクレチン」という消化管ホルモンの分解を防ぎ、その濃度を高めてインスリン分泌を促します。

食事を摂ると、消化器系ではインクレチンという消化管ホルモンが分泌され、膵臓に対してインスリン分泌を促します。

インクレチンはこのようにして血糖を下げる働きをしますが、血糖のバランスを撮るためには、インクレチンを抑制する酵素も存在しています。

それが「ジペプチジルペプチダーゼ4(DPP-4)」という酵素です。

ビルダグリプチンは、このジペプチジルペプチダーゼ4を選択的に阻害することで、インクレチンを活性化し、血糖を下げる働きをするお薬です。



メトホルミン


「メトホルミン」は、肝臓での糖生成を抑えたり、筋肉や脂肪での糖利用を増やすことで、血糖値を下げる働きをします。

他にも、脂肪肝を改善したり、消化管での糖の吸収を抑えたり、近年見つかった効果としては、便の中に糖を排出させるといった効果もあります。



参考サイト:おくすり110番|ビルダグリプチン/メトホルミン塩酸塩



エクメット・ジェネリックはこんな方に選ばれています


・2型糖尿病の治療薬を手軽に手に入れたい方
・2型糖尿病を治療中で他の薬では思うような効果が得られなかった方

服用方法・使用方法

1回半錠または1錠を、朝夕2回服用

・成分の血中濃度を一定に保つために、なるべく毎日決まった時間に服用してください。
・成人は1回ビルダグリプチン50mg、メトホルミン250mgを1日2回経口投与することが推奨されています。
 ※服用する用量や期間は症状に合わせて医師とご相談ください。

エクメット・ジェネリック服用時の注意点


・服用前に医師の指導がある場合は必ず従い、自己責任に基づいて服用して下さい。


・決められた用法用量をお守りください。

副作用

主な副作用としては、以下の症状が現れることがあります。

・リンパ系障害
・頭痛、めまい
・便秘、腹痛、消化不良
・尿路障害
・栄養障害
・筋肉痛、皮膚障害など



エクメット・ジェネリックの重大な副作用


重大な副作用として、以下の症状が現れることがあります。


・乳酸アシドーシス
・肝炎、肝機能障害、黄疸
・血管浮腫、低血糖
・横紋筋融解症
・急性膵炎
・腸閉塞
・間質性肺炎
・類天疱瘡
など


万が一、これらの症状が現れたり体に何か異常を感じた場合は、すぐに服用を中止して医師にご相談ください。

持続時間

-

注意点

エクメット・ジェネリックを服用する上での注意点をご確認ください。

エクメット・ジェネリックを使用できない方


・本剤の成分やビグアナイド系薬剤に対し過敏症の既往歴のある方
・乳酸アシドーシスの既往歴のある方
・腎機能障害のある方
・透析を行っている方
・ショック、心筋梗塞、心不全、心血管系障害、肺機能障害のある方
・低酸素血症を引き起こしやすい方
・過度にアルコールを摂取している方
・下痢や嘔吐など胃腸障害のある方
・糖尿病性昏睡や前昏睡、重症ケトーシス、1型糖尿病の方
・肝臓機能障害のある方
・手術前後、重症感染症、重篤な外傷のある方
・飢餓状態、栄養不良状態、衰弱状態、脳下垂体機能不全、、副腎機能不全のある方
・妊娠または妊娠している可能性のある方
・授乳中の方
・小児



エクメット・ジェネリックの併用禁忌薬


現在報告されていません。



エクメット・ジェネリックの併用注意薬


以下の薬はエクメット・ジェネリックと併用するにあたって注意が必要です。


・ヨード造影剤
乳酸アシドーシスが生じる恐れがあります。

・腎毒性の強い抗生物質、ゲンタマイシンなど
乳酸アシドーシスが生じる恐れがあります。

・利尿剤、利尿剤
乳酸アシドーシスが生じる恐れがあります。

・糖尿病治療薬、β遮断剤、MAO阻害剤、たん白同化ホルモン剤
低血糖が生じる恐れがあります。

・アドレナリン、副腎皮質ホルモン、卵胞ホルモン、ピラマイド、イスコチン
血糖値が上昇する恐れがあります。

・タガメット
メトホルミンやタガメットの血中濃度が上昇する恐れがあります。

・アンジオテンシン変換酵素阻害剤
血管浮腫が生じやすくなります。



この他にも併用注意薬があるため、参考サイトをご確認ください。


参考サイト:KEGG|医療用医薬品:エクメット



エクメット・ジェネリックの保管方法


・高温多湿の場所を避け、直射日光の当たらない涼しい所に保管してください。
・子供の手の届かない場所に保管してください。
・容器の移し替えはせず、そのまま保管してください。誤飲の原因となったり、品質が変化してしまう可能性があります。
・1包を分割した残りを服用する場合は、なるべく空気に触れないように保管し、2日以内に服用してください。
・使用期限の過ぎた商品は、使用しないでください。

有効成分

ビルダグリプチン、メトホルミン

メーカー

ノバルティス

内容量

60錠

発送国

香港

エクメット・ジェネリック口コミ・レビュー

まだ口コミはありません。

口コミを投稿する

商品名

満足度

名前

年齢

口コミ

商品の在庫や配送に関するお問い合わせはこちらよりお願いします。ここで送信されたことに対しての返信は出来ませんので予めご了承下さい。
※商品の効果、副作用、使用方法などに関しては、薬事法の関係でお答え出来ませんので合わせてご了承下さい。
TOPに戻る

ライフパートナー お客様との5つのお約束