🔰 お客様との5つのお約束 🔰
  • ダパカート10(フォシーガジェネリック)
  • ダパカート10(フォシーガジェネリック)
  • ダパカート10(フォシーガジェネリック)
  • ダパカート10(フォシーガジェネリック)

更新日:2024年06月18日

3

ダパカート10(フォシーガジェネリック)

効果効能 血糖値改善、慢性腎臓病改善、
糖尿病改善、ダイエット(体重減少)
有効成分 ダパグリフロジン:10mg
メーカー CADILA
ダパカート10(フォシーガジェネリック) 10mg
個数選択 販売価格(1錠単価) ポイント ご注文 お気に入り
30錠 ¥7,200 ¥6,0001錠あたり
(¥200)
180pt カートに入れる
60錠 ¥14,400 ¥11,4001錠あたり
(¥190)
342pt カートに入れる
90錠 ¥21,600 ¥15,3001錠あたり
(¥170)
459pt カートに入れる

商品詳細

ダパカート10は、ダパグリフロジンを主成分とする2型糖尿病治療薬『フォシーガ』のジェネリック医薬品です。

腎臓での糖の再吸収を抑制し、尿を通じて余分な糖を排出することで血糖値を下げます。

この作用により、糖尿病や慢性心不全、慢性腎臓病の治療にも使用されています。

また、体重減少やダイエット効果が期待できることから、クリニックでもメディカルダイエット(医療ダイエット)として用いられています。

ダパカート10(フォシーガジェネリック)を実際に使用したユーザーの評価


良い評価


顔

34歳 リリスさん

2023年06月29日に投稿

3回目の購入です。1か月で2㎏ずつくらい順調に落ちています。リベルサスやゼニカルと違って副作用が少ないので使いやすいです!


悪い評価


顔

39歳 こなさん

2023年05月17日に投稿

低血糖になりました。手汗をかいて集中力も落ちてしまうので、仕事への支障を考えると長期で服用は難しいかなと思いました。体重は少し減りましたが。


商品レビュー
ダパカート10の口コミはコチラ


服用方法・使用方法

ダパカート10の服用方法は治療したい症状によって異なります。


症状 1型・2型糖尿病慢性心不全・慢性腎臓病ダイエット
服用量 5mg(1/2錠)10mg(1錠)5mg(1/2錠)
頻度 1日1回1日1回1日1回

上記はいずれも水またはぬるま湯で服用し、飲むタイミングは食前食後どちらでも構いません。

有効成分『ダパグリフロジン』の効果は24時間程度継続するため、飲む時間の指定はありませんが、利尿作用があるため朝の決まった時間に服用することを推奨します。



参考ページ
医療用医薬品:フォシーガ(用法及び用量)



ダパカート10(フォシーガジェネリック)の服用時の注意点



・1日1回の服用を忘れた場合は、気づいたタイミングで服用してください。
 次の服用時間まで12時間を切っている場合は、次の服用時間を待って服用してください。
・服用中に低血糖によるめまいやふらつきなどを起こす可能性があります。
 運転や安全配慮が必要な作業を行わないようご注意ください。
・低血糖の症状が現れた際は、速やかに糖分を摂るようにしてください。
・利尿作用があるため、適度な水分補給をおこなってください。



ダパカート10(フォシーガジェネリック)の効果と作用


ダパカート10は『選択的SGLT2阻害剤』と呼ばれる糖尿病治療薬です。

有効成分『ダパグリフロジン』は、腎臓で糖の再吸収にかかわっているタンパク質(SGLT-2)を阻害する作用があります。

糖の再吸収を抑制することで、余分な糖を尿として排出して血糖値を自然に低下させます。

そのように血糖値の急降下・急上昇を防ぐことで、余分な糖が中性脂肪に変わらずに済むため、ダイエットにも効果的とされています。

ダパグリフロジンの働き

また、糖を尿中に排出する際にカロリーも一緒に失われるため、体重減少の効果も期待できます。



参考ページ
医療用医薬品:フォシーガ(効能または効果)



ダパカート10(フォシーガジェネリック)のダイエット効果



ダパカート10をはじめとするSGLT2阻害剤は、糖尿病や慢性心不全、慢性腎不全などの治療に使用される医薬品ですが、近年ではメディカルダイエットとして注目され、処方しているクリニックもあります。

※ダイエットが目的の場合、保険適用はなく自費診療になります。

ダパカート10などのSGLT2阻害剤は、1日に約280kcalの糖を尿から排泄するため、体重減少などのダイエット効果が期待できます。

ダパグリフロジンのダイエット効果

有効成分『ダパグリフロジン』の臨床試験で、24週間服用時の体重変化量の測定が行われた結果、5mgでは-2.56kg、10mgでは-2.90kgの体重減少が見られました。



参考ページ
臨床に関する概括評価-アストラゼネカ



ダパカート10(フォシーガジェネリック)の類似商品


ライフパートナーではダパカート10以外にも、先発薬であるフォシーガやジェネリック医薬品も取り扱っています。

作用に違いはなく、価格や有効成分の容量、錠数などが異なります

ダイエット薬をお探しの方は、下記の類似商品もご確認ください。


商品ダパリル

ダパリル

ダパシーガ

ダパシーガ

フォシーガ

フォシーガ

成分量ダパグリフロジン:5mg・10mgダパグリフロジン:5mg・10mgダパグリフロジン:10mg
レビュー
価格3,400円~
(10錠入~)
5,400円~
(30錠入~)
6,300円~
(28錠入~)
1錠あたりの価格340円~180円~225円~
特徴5mg・10mgと選べる
初心者の方でも試しやすい
5mg・10mgと選べる
日本語表記で安心
先発薬


関連ページ
痩せる飲み薬の種類|特徴・作用について解説!人気のおすすめ紹介



ダパカート10(フォシーガジェネリック)のQ&A







ダパカート10の効果は投与後、血中濃度は約1時間でピークを迎え、8~12時間で消失します。


ただし、血糖をコントロールする効果はその後も持続し、約24時間継続するとされています。


また、体重減少効果に関しては、ダパカート10を継続して服用することで、最初の月から1~2kgの体重減少が期待できます








ダパカート10は朝と夜どちらに飲んでも構いませんが、朝に飲むことを推奨します。


夜に服用することで、就寝前や就寝中のトイレに行く頻度が増えるため、朝食前後に服用しましょう


また、糖分を尿として排出する効果があるため、体内の水分量が減少します。


そのため、脱水を予防するためにもこまめな水分補給が重要です。


目安として、いつもよりも500ml以上多く水分を摂るようにしてください。








ダパカート10の1日の服用量は、治療目的によって異なります。



・ダイエット
1日最大5mgまでとされています。



・1型糖尿病、2型糖尿病、慢性心不全、慢性腎臓病
通常5mgまでとされていますが、効果が不十分な場合は医師の指導の下10mgまで増量することができます。








ダパカート10を服用することで排出される1日あたりの糖分排出量は、約280kcalです。


個人差によりますが、1ヵ月継続することで約280kcal×30日で8,400kcalを減らすことができます。


※1kg落とすのに必要なカロリーは7200kcal








ダパカート10の長期投与は可能です。


長期投与試験でも血糖値をコントロールできることが明らかになっています。








ダパカート10の小児を対象とした有効性、安全性を指標とした臨床試験は実施されていないため、適応外となります


また、高齢者は脱水への認知が遅れる恐れがあるため、必ず医師の指導の下服用するようにしてください。








ダパカート10は薬局、ドラッグストアでの購入はできません


個人輸入代行サイトでのみ購入することができます。








ダパカート10と利尿剤を併用すると、脱水症状のリスクが高まります。


併用する場合は医師の指示に従い、水分補給に注意してください。








ダパカート10と他の糖尿病薬との併用は、低血糖のリスクを高めることがあります。


併用する場合は医師の指示に従ってください。




副作用

ダパカート10服用時には、以下の症状が副作用として現れる場合があります。




頻度5%以上1~5%未満1%未満頻度不明
感染症性器感染(腟カンジダ症等)尿路感染(膀胱炎等)
血液ヘマトクリット増加
消化器便秘、口渇下痢、腹痛、悪心、嘔吐
筋・骨格系背部痛、筋痙縮
皮膚発疹
腎臓 頻尿、尿量増加腎機能障害、排尿困難
精神神経系頭痛、振戦、めまい
眼乾燥
生殖器陰部そう痒症外陰腟不快感
循環器 高血圧、低血圧
その他倦怠感、無力症、体重減少、異常感

さらに表示する

閉じる




ダパカート10(フォシーガジェネリック)の重度な副作用


重度の副作用として、まれに以下の症状が現れる場合があります。



・低血糖
手足のふるえ、冷や汗、動悸、集中力の低下など
・脱水
のどが渇く、めまい、疲労感、食欲の低下など
・腎盂腎炎
寒気、発熱、わき腹や背中の痛み、関節痛・筋肉痛など
・ケトアシドーシス
吐き気・嘔吐、腹痛、激しいのどの渇き、倦怠感、意識の低下など


これらの症状が現れたり、体に何か異常を感じた場合は、すぐに服用を中止して医師にご相談ください。



参考ページ
医療用医薬品:フォシーガ(副作用)

持続時間

-

注意点

ダパカート10を服用する上で、注意していただきたい点を詳しく紹介します。

ダパカート10(フォシーガジェネリック)の服用ができない方


ダパカート10を服用するにあたって、下記に該当する方はダパカート10を服用することができません。


・ダパカート10に含まれる成分への過敏症既往歴がある方
・糖尿病性昏睡の方
・重症ケトーシスの方
・重い外傷をお持ちの方
・重症感染症の方
・高度腎機能障害の方
・透析中の末期腎不全をお持ちの方
・手術前後などでインスリンが適用となった方



ダパカート10(フォシーガジェネリック)の服用に注意が必要な方


下記の内容に該当する方はダパカート10の服用に注意が必要です。


・腎臓病の方
・尿路、性器感染をお持ちの方
・重い肝臓病の方
・排尿困難の方
・尿量の少ない方
・脳下垂体機能不全をお持ちの方
・副腎機能をお持ちの方
・栄養不良、衰弱状態の方
・アルコールを過剰摂取している方
・他の糖尿病治療薬を使用している方
・高齢の方
・小児
・妊娠中、授乳中の方
・妊娠の可能性がある方
・激しい筋肉運動を行う場合



上記のいずれかに該当する方は、服用前に必ず医師にご相談ください。



ダパカート10(フォシーガジェネリック)の併用禁忌薬


現在報告されていません。



ダパカート10(フォシーガジェネリック)の併用注意薬


下記の薬はダパカートと併用するにあたって注意が必要です。


血糖降下作用を強める可能性がある医薬品
・インスリン注射薬
・スルホニルウレア薬
・速効型インスリン分泌促進薬
・GLP-1受容体作動薬
・β遮断薬
・フィブラート系高脂血症治療薬
・αグルコシダーゼ阻害薬


血糖降下作用を弱める医薬品
・ステロイド薬(プレドニン等)
・甲状腺ホルモン薬(チラーヂン等)


その他併用注意の医薬品
・ループ利尿薬(利尿作用を強めます。)
・アルコール(血糖値を乱し、低血糖発作を起こす可能性があります。)



参考ページ
医療用医薬品:フォシーガ(相互作用)



ダパカート10(フォシーガジェネリック)の保管方法


・高温多湿の場所を避け、直射日光の当たらない涼しい所に保管してください。
・子供の手の届かない場所に保管してください。
・容器の移し替えはせず、そのまま保管してください。品質が変化してしまう可能性があります。
・使用期限の過ぎた商品は、使用しないでください。

有効成分

ダパグリフロジン:10mg

メーカー

CADILA

内容量

30錠

発送国

インド

ダパカート10(フォシーガジェネリック)口コミ・レビュー

  • 2023-07-06
    AAA 28歳満足度:★★★★★
    飲み会の後などむくみがきになるときに飲んでいます。 トイレの回数が増えるのはちょっと面倒ですが、排出されてる!って感じがしていいですね。続けやすい値段なのでリピしています。
  • 2023-06-29
    リリス 34歳満足度:★★★★★
    3回目の購入です。 1か月で2㎏ずつくらい順調に落ちています。 リベルサスやゼニカルと違って副作用が少ないので使いやすいです!
  • 2023-05-17
    こな 39歳満足度:★★
    低血糖になりました。 手汗をかいて集中力も落ちてしまうので、仕事への支障を考えると長期で服用は難しいかなと思いました。 体重は少し減りましたが。
口コミを投稿する

商品名

満足度

名前

年齢

口コミ

商品の在庫や配送に関するお問い合わせはこちらよりお願いします。ここで送信されたことに対しての返信は出来ませんので予めご了承下さい。
※商品の効果、副作用、使用方法などに関しては、薬事法の関係でお答え出来ませんので合わせてご了承下さい。
TOPに戻る

ライフパートナー お客様との5つのお約束