🔰 お客様との5つのお約束 🔰
  • リスミー
  • リスミー

更新日:2024年07月11日

リスミー

効果効能 入眠効果
不眠症軽減
有効成分 リルマザホン塩酸塩水和物
メーカー 共和製薬
リスミー 1mg
個数選択 販売価格(1錠単価) ポイント ご注文 お気に入り
100錠 ¥18,200 ¥14,5001錠あたり
(¥145)
435pt カートに入れる
リスミー 2mg
個数選択 販売価格(1錠単価) ポイント ご注文 お気に入り
100錠 ¥20,700 ¥16,5001錠あたり
(¥165)
495pt カートに入れる

商品詳細

リスミーは、ベンゾジアゼピン系に分類される『リルマザホン塩酸塩水和物』を有効成分とする睡眠薬です。

日本製で尚且つ、日本国内でも処方されている有名な睡眠薬で、寝つきの悪い入眠障害に適しており、脳の活動を抑えることで睡眠を促します。

リスミーは効果の出現が早い『短時間型』の睡眠薬で、効果がマイルドですが、夜中や朝に目が覚めてしまう中途覚醒や早朝覚醒にも有効という特徴があります。


分類睡眠薬
成分リルマザホン塩酸塩水和物
系列ベンゾジアゼピン系
作用催眠作用、抗不安作用、鎮静作用
筋弛緩作用、抗けいれん作用
効果効能入眠効果
不眠症軽減
飲み方1日1回
就寝直前
副作用眠気、ふらつき、めまい、頭痛など
持続時間約6~10時間程度
短時間型
使用上の注意服用の前後は飲酒・食事を控える、用法用量を超えて多量摂取しない、車の運転や機械の操作、高所作業は控える、など
他の睡眠薬 ハイプロン
ハイプナイト
デエビゴ

リスミーの関連商品


リスミーと同じ入眠障害などの不眠症に適した睡眠薬は下記の通りです。


商品 リスミー

リスミー

ハイプロン

ハイプロン

ハイプナイト

ハイプナイト

デエビゴ

デエビゴ

ロゼレム

ロゼレム

成分 リルマザホン塩酸塩水和物ザレプロンエスゾピクロンレンボレキサントラメルテオン
価格 14,500円~
1箱100錠
4,050円
1箱100錠
3,320円~
1箱50錠~
15,800円~
1箱28錠
34,600円
1箱100錠
特徴 安心の日本製
寝つきの悪さに効果的
ソナタジェネリック
1錠の価格が安い
ルネスタジェネリック
用量を細かく選べる
依存性や副作用が少ない
2020年に発売された新薬
睡眠のリズムを取り戻す作用を持つ
断薬後の離脱症状が少ない
商品ページ

リスミー

ハイプロン

ハイプナイト

デエビゴ

ロゼレム


リスミーの効果


リスミーは入眠効果のある睡眠薬で、寝つきの悪さや夜中に目が覚めてしまう等の症状でお悩みの方に効果が期待できます。
特に、下記のような理由で寝付くことが難しく、寝付くまでに時間がかかる方にリスミーは適しています。


  • パーキンソン病治療の副作用の軽減

  • 日中のストレス

  • 加齢

  • カフェインやアルコールの摂取による覚醒

  • 気温の変化による寝苦しさなど


リスミーは『短時間型』と呼ばれる睡眠薬で、服用後の感じ方としては疲れていつの間にか寝てしまう状態に近いとされています。

また、リスミーは睡眠薬としての効果以外にも、筋肉をゆるませる「筋弛緩作用」や不安や緊張を緩和する「抗不安作用」があり、リラックスした眠りが期待できる睡眠薬です。


参考ページ
医療用医薬品 : リスミー (リスミー錠1mg 他)|効能または効果


リスミーの作用


リスミーに含まれる成分『リルマザホン塩酸塩水和物』は脳のベンゾジアゼピン受容体に作用し、覚醒した神経活動を抑制することで催眠作用をもたらします。

ベンゾジアゼピン受容体には主に2つのタイプが存在し、以下のように身体と関わっています。


ベンゾジアゼピン受容体
・催眠作用に関わる受容体
・抗不安や筋肉をゆるめる作用に関わる受容体


リスミーは両方の受容体に作用することで、催眠作用と筋弛緩作用をもたらします。


リスミーのメリット

  • 比較的安全性が高く、効き目もよい

  • 寝つきの悪さ、夜中に目が覚めてしまう、両方に対応できる

  • 筋肉をゆるめる作用が弱く、高齢の方も服用可能

服用方法・使用方法

服用方法水またはぬるま湯で服用
服用タイミング就寝直前
服用頻度1日1回
最大摂取量1回2mg

短時間型の睡眠薬であるリスミーは服用後に入眠効果が現れるため、必ず就寝前に服用してください。


参考ページ
医療用医薬品 : リスミー (リスミー錠1mg 他)|用法及び用量


リスミーの食事による影響


服用時間就寝直前
食後の服用食事による影響を受けにくい

リスミーの効果は服用から、3時間ほどで効果のピークに達します。

リスミーの有効成分『ルマザホン塩酸塩水和物』は、、食事による影響を受けにくいことが報告されているため、食事のタイミングを気にすることなく服用可能です。


参考ページ
医療用医薬品 : リスミー (リスミー錠1mg 他)|食事の影響

副作用

リスミーを服用した際、下記の症状が現れる場合があります。

頻度1~3%未満1%未満頻度不明
過敏症発疹等
精神神経系眠気、ふらつき、頭重感、めまい、頭痛頭がぼんやりする、ろれつがまわらない、いらいら感、妄想、興奮、ムズムズ感
肝臓ALT上昇、AST上昇Al-P上昇、LDH上昇
循環器動悸、不整脈
消化器口渇、食欲不振、悪心・嘔吐下痢、便秘
骨格筋倦怠感等の筋緊張低下症状
その他むくみ、発汗、前胸部痛覚醒遅延傾向
(麻酔前投薬として用いた場合)

さらに表示する

閉じる


リスミーは副作用の頻度が少ない睡眠薬ですが、注意すべき副作用としてふらつきがあります。

特に高齢の方は夜中にふらついて転倒などが起こる可能性もあるため注意しましょう。

副作用が気になる場合は、減薬や別の睡眠薬の変更について医師にご相談ください。


参考ページ
医療用医薬品 : リスミー (リスミー錠1mg 他)|副作用


リスミーの重い副作用の症状


リスミー服用時の稀に起こる副作用として、下記の症状も報告されています。


・依存性
・呼吸抑制
・刺激興奮、錯乱
・一過性前向性健忘
・もうろう状態


これらの症状が現れたり、体に何か異常を感じた場合は、すぐに服用を中止して医師にご相談ください。

持続時間

持続時間6~10時間程
効果のピーク約3時間後
消失半減期約10.5時間

リスミーの効果が持続する時間は個人差はありますが6~10時間とされています。
リスミーは服用後3時間ほどで効果はピーク(血中濃度最大)に達します。

効果がピークを達すると効果は薄れ始めていくため、持続時間内でも効果の効き目に強弱があります。

参考ページ
医療用医薬品 : リスミー (リスミー錠1mg 他)|薬物動態

注意点

リスミーを服用する際は、下記の点にご注意ください。

リスミーの服用期間中は飲酒を控える
眠気、またはその他の副作用が強く現れる可能性があります。


用法用量を超えてリスミーを多量摂取しない
副作用が強く出る可能性があり、危険ですので服用量はしっかりと守り服用しましょう。


グレープフルーツジュース(果汁入りジュース)でリスミーを服用しない
薬の血中濃度を高めてしまい、効果や副作用を過剰に強めてしまう場合があります。


リスミー服用時はコーヒーなど、カフェイン入りの飲み物は控える
胃への負担が大きくなり、胃痛を引き起こしやすくなります。


リスミー服用後は車の運転や機械の操作、高所作業は控える
眠気、注意力散漫、集中力の低下、運動能力の低下が認められることがあります。


※当サイトの効果効能・服用方法・副作用は一般的な情報を記載したものです。


参考ページ
医療用医薬品 : リスミー (リスミー錠1mg 他)|用法及び用量に関連する注意



リスミーを服用できない方


下記に該当する方はリスミーを服用することができません。


・本剤の成分に対し過敏症の既往歴のある方
・本剤により睡眠随伴症状(夢遊症状等)として異常行動を発現したことがある方
・急性狭隅角緑内障の方
・重症筋無力症の方
・呼吸機能障害を持つ方


参考ページ
医療用医薬品 : リスミー (リスミー錠1mg 他)| 特定の背景を有する患者に関する注意


リスミーの服用に注意が必要な方


下記に該当する方はリスミーの服用に注意が必要です。


・心障害のある患者の方
・脳に器質的障害のある患者の方
・肝機能障害又は腎機能障害のある患者の方
・妊娠中もしくは妊娠の可能性のある方
・授乳中の方
・衰弱者の方
・65歳以上の高齢者の方


参考ページ
医療用医薬品 : リスミー (リスミー錠1mg 他)| 特定の背景を有する患者に関する注意


リスミーの併用禁忌薬


特にありません。


リスミーの併用注意薬


下記の薬はリスミーと併用する場合注意が必要です。


・枢神経抑制剤
(フェノチアジン誘導体、バルビツール酸誘導体など)
・MAO阻害剤
(エフピー、レギリン塩酸塩、アジレクトなど)


参考ページ
医療用医薬品 : リスミー (リスミー錠1mg 他)| 相互作用


リスミーの保管方法


・高温多湿の場所を避け、直射日光の当たらない涼しい所に保管してください。
・子供の手の届かない場所に保管してください。
・容器の移し替えはせず、そのまま保管してください。品質が変化してしまう可能性があります。
・使用期限の過ぎた商品は、使用しないでください。


リスミーに関する質問


関連する質問

リスミーはどんな効果がありますか?

リスミーはベンゾジアゼピン系に分類される睡眠薬で、脳の活動を抑えることで睡眠を促し、不眠症改善へと導きます。

「疲れきって眠ってしまうとき」に近い状態を作り出すため、強引さのある効き方になります。

リスミーの効果に関する詳細情報はリスミーの効果からご確認ください。

リスミー服用中でもお酒は飲めますか?

リスミー服用中は飲酒またはアルコールの併用は避けてください。

作用を増強させる恐れや、副作用が出やすくなる恐れがあります。

リスミーは依存性の副作用がありますか?

リスミーは比較的依存性が少ない睡眠薬になります。

しかし、用法用量を守らない場合やアルコールと併用することで依存してしまうこともあるため注意が必要です。

リスミーの副作用に関する詳細情報はリスミーの副作用からご確認ください。

リスミーは飲み続けると効かなくなりますか?

リスミーは比較的耐性がつきにくい睡眠薬になります。

ただし、用法用量を守って正しく服用する場合に限ります。

リスミーをいきなりやめたらどうなりますか?

リスミーの服用をいきなり中止すると、不眠症状を悪化させる危険性があります。

リスミーの服用を中止する場合は、医師の指示に従い徐々に減薬していくのが原則です。

リスミーは毎日飲んでも大丈夫ですか?

リスミーをはじめとする睡眠薬は、不眠の症状が改善傾向にあれば適切な手順で減薬、そして休薬するのが原則です。

ただし、医師の指導の下であれば、毎日服用しても問題ありません。

リスミーは健忘になりますか?

リスミーは健忘の副作用が報告されています。

服用後~夜間に覚醒した際の記憶に障害が見られることがあり、この症状は前向性健忘と呼ばれます。

アルコールを併用した際に起こりやすいとされているため、リスミー服用時は飲酒を避けましょう。

リスミーは、食後すぐに服用してもいいですか?

リスミーは就寝する直前に服用するのが望ましいです。

ただ、リスミーは食事の影響を受けにくい睡眠薬のため、食後すぐの服用でも問題ありません。

リスミーの服用方法に関する詳細はリスミーの服用方法からご確認ください。

リスミー服用中は運転してもいいですか?

リスミーを服用中の間は、車の運転や危険を伴う機会の操作・作業は避けましょう。

リスミーの効果が翌朝まで残り、眠気やふらつき、注意力の低下があらわれる可能性があります。

夜遅くに服用し、睡眠時間が十分に確保できなかった場合などは特に注意が必要です。

有効成分

リルマザホン塩酸塩水和物

メーカー

共和製薬

内容量

100錠

発送国

香港

リスミー口コミ・レビュー

まだ口コミはありません。

口コミを投稿する

商品名

満足度

名前

年齢

口コミ

商品の在庫や配送に関するお問い合わせはこちらよりお願いします。ここで送信されたことに対しての返信は出来ませんので予めご了承下さい。
※商品の効果、副作用、使用方法などに関しては、薬事法の関係でお答え出来ませんので合わせてご了承下さい。
TOPに戻る

ライフパートナー お客様との5つのお約束