配送番号検索
医薬品の検索
電話注文10:00~18:00
電話注文も承っております。
日本語サポートセンター
電話注文受付け
注文専用の電話番号です。
お荷物の追跡状況など、ご注文以外に関しましてはこちらよりお問い合わせ下さい。
また、商品の効果・副作用につきましては、薬事法の関係でお答え出来ませんので予めご了承下さい。
FAX注文24時間受付中
FAX注文も承っております。
FAX注文用紙ダウンロード

メール不着・携帯電話の設定について

メール注文24時間受付中
メール注文も受け付け中。
下記のボタンを押してメールを起動し、購入したい商品を送信して下さい。
届いたメールを確認次第、当サイトスタッフよりメールを返信させて頂きます。

睡眠薬

  • ハイプロンオススメ

    在庫あり

    1錠¥40

    ※発送時期によりパッケージが異なります。 ハイプロンは即効性の高い睡眠薬です。 世界的に有名な睡眠薬である「ソナタ」のジェネリック医薬品でもあり、不眠に悩む多くの方に愛用されています。

    ハイプロンの特徴

    ハイプロンの主成分ザレプロンが脳の活動を抑制し、自然に近い眠気を促します。
    服用から30~60分ほどで効果が現れ、1~4時間程度持続します。
    寝つきが悪く眠るまでに時間がかかる方に適している超短時間型睡眠薬です。

    ハイプロンはこんな方にオススメ

    超短時間型の睡眠薬であるハイプロンは、下記に一つでも当てはまる方へオススメです。

    ハイプロンはこんな方にオススメ

    ハイプロン(睡眠薬)が安全な理由

    睡眠薬に対して「怖い」「不安」というイメージを持っている方も多いはず。

    しかし、ハイプロンは睡眠薬を使うのが初めての方でも安心な医薬品です。

    理由は「効果の切れの早さ」「依存を形成しにくい」の2点。

    ハイプロンが安全な理由

    服用方法を間違えなければ、安全に不眠症改善を目指せます。

    ※参考サイト:非ベンゾジアゼピン系 - Wikipedia

  • ハイプナイト

    在庫あり

    1錠¥63

    ハイプナイトは超短時間型(約5時間の睡眠作用)の睡眠薬です。 従来の睡眠薬は作用時間が長く、服用した翌日に眠気が残るデメリットがありましたがハイプナイトはこの点が改良されています。 作用時間は約5時間と短く、薬の効果による眠気を翌日に持ち越しにくいのが特徴です。 ハイプナイトの睡眠作用は覚醒状態にある脳の働きを抑え、眠気を促します。 即効性が高く、服用から30~1時間以内に睡眠作用が起こるとされています。 そのため「寝つきの悪さ」を悩みに持つ方に適した睡眠薬です。

    ハイプナイトを選ぶ人

    ハイプナイトは下記のような悩みを抱える人に選ばれています。 ・寝つきが悪い人 ・不安や悩みが睡眠に影響する人 ・効果の強い睡眠薬で眠りにつきたい人 └※3mgが強い睡眠薬に当たります

    1・2・3mgの使い分け方

    ライフパートナーでは1・2・3mgと用量の違うハイプナイトをご用意しています。 用量を選ぶ際は以下を参考にしてみてください。

    【1・2・3mgの使い分け方】
    1mg・・・2mgを使用してみて効果が強いと感じた方はご使用ください。 2mg・・・基準となる用量です。【初めての方】は2mgを推奨します。 3mg・・・2mgを使用してみて効果が弱いと感じた方はご使用ください。

  • バスピンオススメ

    在庫あり

    1錠¥27

    バスピンは、パニック障害やうつ病などの様々な不安障害に有効な抗不安薬です。 不安障害以外に、不安やストレスが原因で眠れない不眠にも有効的な薬になっています。 デパスなどの、ベンゾジアゼピン系の薬で問題となっている依存症になりにくいため、初心者でも使いやすいとされています。 バスピンは安全性が高く、効き目がデパスに似ていることから、デパスの代替品として人気があります。

    【バスピンの特徴】

    ・様々な不安障害、うつ症状、不安が原因の不眠に有効 ・穏やかな作用のため安全性が高い ・日本でも処方されているバスパーのジェネリック医薬品 ・デパスの代替品として人気


    バスピンは、非ベンゾジアゼピン系に分類される抗不安薬で、穏やかに作用していきます。 効果が表れるまでには約2~4週間程度かかるため、その期間を目安に、継続的な服用が推奨されています。 有効成分は塩酸ブスピロンで、脳内の神経伝達物質であるセロトニンの分泌を促し、不安障害やうつ状態など、心の不調に対して改善効果を発揮します。

    ※参考サイト:ブスピロン - Wikipedia

  • フルナイト(ルネスタ・ジェネリック)

    在庫あり

    1錠¥68

    フルナイトは、世界的に有名な睡眠薬ルネスタのジェネリック医薬品です。 超短時間型に分類される睡眠薬で、入眠障害や中途覚醒といった不眠症の症状を改善する効果があります。 自然な入眠を促すので、効き目が強い睡眠薬を使うのは不安という方でも安心してご使用いただけます。 フルナイトの有効成分エスゾピクロンには、脳の興奮状態を抑えてリラックスした状態へ導き、眠気を誘う作用があります。 服用後30分~1時間ほどで効果が現れ始めます。
  • バスポン(バスパー・ジェネリック)

    在庫あり

    1錠¥51

    バスポンはDeva Holdings社が製造する抗不安薬です。 脳内にある神経伝達物質であるセロトニンに対し、主成分であるプスピロンが作用し、興奮や不安、緊張といった症状を抑えてくれることが期待できます。 また不安が和らぐことで不眠症の改善も期待できます。翌日への持ち越し効果も少なく短期型なのが特徴で服用後、即効性が期待できます。 不安障害やうつ病以外にも不眠症に対しても効果的であり、うつ病の症状である不安や気分の落ち込みなどに対して改善する働きがあります。 ※参考サイト:ブスピロン - Wikipedia
  • エスゾピック(ルネスタ・ジェネリック)オススメ

    在庫あり

    1錠¥63

    エスゾピックは、世界的に有名な睡眠薬ルネスタのジェネリック医薬品です。 非ベンゾジアゼピン系の睡眠薬に分類されています。 服用後、30分~1時間ほどで効果が現れる超短時間型。 作用時間が短く、翌日に眠気が残りにくいため、 寝つきが悪い入眠障害や、夜中に目が覚める中途覚醒といった不眠症の治療に用いられています。 有効成分である、エスゾピクロンがGABA受容体に作用し脳の活動を抑えることで、リラックスした状態へ導き、自然に近い眠りにつくことができます。 効き目が強い睡眠薬を使うのは不安という方でも安心してご使用いただけます。 ※参考サイト:エスゾピクロン - Wikipedia
  • ドリエル・ジェネリック

    在庫あり

    1錠¥7

    ドリエル・ジェネリックはカークランド社が開発する睡眠導入剤です。他にもくしゃみや鼻水などのアレルギー症状にも効果があります。 主成分であるジフェンヒドラミンは風邪薬や花粉症などの薬に含まれており、眠気を誘う副作用を利用して出来た薬です。 軽度の睡眠障害に対して有効で緩やかな眠気を誘う効果があります。 日本では大正製薬のネオデイやドリエルなどが販売されておりますが、同じジフェンヒドラミンの成分配合となっております。 ※参考サイト:ジフェンヒドラミン-ウィキペディア
  • メロセット

    在庫あり

    1錠¥32

    メロセットは「睡眠ホルモン」と呼ばれ、体内時計に「メラトニン」が働きかけることで"覚醒"と"睡眠"を切り替えて、自然な眠り誘う作用があります。 体内時計は、朝日を浴びることでリセットされます。すると、人は覚醒の状態になり、活動を開始します。 それと同時に一旦、メラトニンの分泌は止まります。 そこから「14~16時間」ほどを経過すると、再び分泌が始まり睡眠にスイッチが切り替わっていくのです。 メラトニンは「光」によってその分泌が調整されているので、夜中に遅くまで起きていて光に当たり続けていると体内時計は乱れるようになり、メラトニンの分泌が夜中でも抑えられるようになってしまいます。 つまり「体内時計の乱れ(メラトニン不足)=睡眠覚醒の乱れ」と考えることが出来、こうした状況が続くことで不眠症になってしまいます。 日本人で不眠症にかかっている人の割合は、人口全体の約21%と言われています。 その割合は60代を超えると約30%にも上ります。 睡眠の時間が減ってくるのは、メラトニンの分泌量が減り体内時計を調整する機能が弱まってしまっているからです。 メラトニンの分泌は年齢によって異なることが分かっており、10代をピークにメラトニン分泌量の低下が始まるとされています。 メラトニン分泌の減少は、循環器疾患などの症状と関係しており、アルツハイマー病、糖尿病、老化などにも関係します。 メロセットは、体内時計のスイッチの入れ替え以外でも「抗酸化作用」や「疲労回復」などの作用もあり注目されているホルモンでもあります。 また、旅行者や出張者向けに時差ぼけ防止薬としても使用されるため、人気のある商品です。 睡眠促進剤に抵抗がある方は、是非一度お試し下さい。 ※参考サイト:メラトニン-ウィキペディア
  • アタラックス

    売切れ

    1錠¥58

    アタラックスは抗アレルギー作用と鎮静、不眠や不安、催眠作用と広い効能を持った抗ヒスタミン剤で、日本でも1957年に厚生労働省から認可を受けている、歴史の長い薬です。 有効成分が体内で痒みなどアレルギーの反応を起こしているヒスタミンの活動をブロックします。 また、脳内中枢神経においてもヒスタミンを強力に阻害するので、高い鎮静、催眠作用を持ちます。 これは眠気という副作用になるとも言えますが、不眠や不安、緊張などを改善するのにも有効に利用する事ができ、不安感など、心因性の不眠には有効に作用します。 このことから、有効成分のヒドロキシジンは抗不安薬、抗精神病薬にも分類され、精神科の領域では精神安定剤としても度々用いられますが、これらの治療の範囲内の使用であれば、依存の形成による薬物乱用の危険性は低いとされている安全性が高い医薬品であると言えます。 さらに、詳しい作用機序は解明されていませんが、アタラックスには痛みや吐き気をやわらげる効果もあるとされています。 皮膚の痒みで眠れない場合などは、痒みを抑え睡眠導入効果も持つアタラックスは一石二鳥の効果を期待できるお薬と言えます。
  • ソミナー

    在庫あり

    1錠¥36

    CharoenBhaesajLabが製造しているソミナーは睡眠改善薬としてアメリカでは適応が認められています。それだけでなく、アレルギーの症状の緩和にも用いられることがあります。 ソミナーは、脳の覚醒を維持するヒスタミンの働きを抑えることで、睡眠へとスイッチが切り替わり自然な眠りへと導いてくれます。 有効成分であるドキシラミンは、鎮静作用と抗ヒスタミン作用を併せ持っているために睡導入とアレルギー症状の緩和というふたつの効果があるのです。 ソミナーは花粉症などのアレルギー症状である、鼻づまりや痒みで、寝付けない方などへオススメできるお薬です。 ※参考サイト:ドキシラミン - Wikipedia
  • ソクナイト

    在庫あり

    1錠¥64

    ソクナイトは、自然な形で睡眠を促し、寝つきをよくする睡眠薬です。 なかなか眠れない時や、一時的な不眠などの入眠障害に最適な睡眠薬です。

    【ソクナイトの特徴】

    ・日本人スタッフが開発過程に関わっているため、日本人に合わせて開発された薬! ・穏やかな作用のため安全性が高い ・脳の神経を鎮める作用があるため、自然に近い眠りにつくことができる! ・超短時間型(5時間)の睡眠薬!

    ソクナイトの効果

    ソクナイトに含まれる成分エスゾピクロンには、不眠症状を緩和する働きがあります。

    エスゾピクロンが睡眠に関係の深いGABA受容体に作用し、脳の活動を落ち着かせます。

    緩やかに作用し気分が落ち着くことで、自然と眠りにつくことができるのです。

    エスゾピクロンの特徴

    ソクナイトは従来の睡眠薬に比べ、苦みを抑えた睡眠薬です。

    ソクナイトの有効成分である「エスゾピクロン」は、「ゾピクロン」という成分を改良して作られ、非ベンゾジアゼピン系に分類されています。

    ゾピクロンには独特の副作用である「苦み」がありましたが、エスゾピクロンはその苦みが軽減され、飲みやすく改良されています。

  • セディール

    売切れ

    1錠¥139

    セディールは、タンドスピロンを主成分とする抗不安薬であり、なかなか寝付けずお困りの方には入眠を促す作用も持ち合せています。 人間は不安を感じたり思い悩むことがあると様々な面で生活に支障をきたすものです。 改善するには規則正しい生活習慣を身につけることは言うまでもありませんが、人それぞれ勤務時間が違う、1日のうちで活動しなければならない時間帯が違う等の環境が異なるため、一概に規則正しい生活と言ってもそれを実行するのは難しい場合もあります。 そのようなときには依存性が少なく安全性の高い医薬品を活用するという手段が有効です。 従来の抗不安薬の多くはベンゾジアゼピン系に分類され、高い効果に伴いリスクが上昇する傾向にありましたが、セディールであれば薬による依存や倦怠感といった副作用が少ないので安心してお使いいただけます。 ※参考サイト:タンドスピロン - Wikipedia

不眠症とは?

不眠症とは以下のような症状が続いていた場合のことを言います。

  • ・平常より睡眠時間が短い
  • ・寝つきが悪い
  • ・眠ってもすぐに目覚めてしまう
  • ・早朝に目が覚めてしまう
  • ・眠りが浅く、眠った感じがしない

上記の症状が起こり、日中に眠気が起こったり、集中力の低下、疲れなどが蓄積していくと、不眠症の負のスパイラルに陥ってしまいます。

参照:不眠症

入眠障害

ベッドで横になり、30分~1時間以上たっても寝付けない状態が続くことです。

入眠障害の原因は精神的に不安定だったり心配事や悩みなどを抱えていたりと、不安が原因で起こりやすくなると考えられいます。

中途覚醒

寝付くことはできても、夜中に何度も目が覚めるなどの状態が続くことです。

中途覚醒の原因は加齢とともに発病することが多く、中途覚醒の回数が多くなるほど、睡眠の質は低下していきます。

また精神的な問題で中途覚醒症状がある不眠症を発症してしまうケースもあります。

早朝覚醒

平常よりも2~3時間早く起床して、そのまま寝付けない状態が続くことです。

早朝覚醒の原因も加齢によるものが多いです。日中の仕事のパフォーマンスに影響を及ぼすこともあります。

熟眠障害

眠りが浅く、朝起きた時に眠った気がしない状態が続くことです。

原因は不明ですが、熟睡できないことが理由で日中は眠く、夜中は熟睡できていない状態が続き悪循環に陥ってしまいます。

不眠症の原因

不眠症の原因は大きく分けて5つあります。

不眠症の原因5つを紹介します。

身体的な要因

 

体に起こる様々な病気による、かゆみや痛み、咳や頻尿、発熱などが原因の一つとして挙げられます。

睡眠の質が下がることで寝ても寝たりない状態が続き、原因である病気の治癒も遅くなってしまいます。

薬理学的原因

アルコール、カフェイン、ニコチンなどの嗜好品よるものや治療のために服用している薬の成分による不眠も原因の一つです。

お茶やコーヒーに含まれている「カフェイン」やタバコに含まれている「ニコチン」は、脳を活発にさせる覚醒作用を持っています。

また寝酒という形でアルコールを含むお酒を体に入れることがありますが、一時的に眠くなるだけで、実は熟睡できていないという状態が続きます。

他には、治療のために使用されている薬として、抗がん剤、自律神経や中枢神経に働く薬、ステロイドなどがあります。

精神的原因

アルコール依存症、不安障害、パニック障害、うつ病などの精神的な病気による不眠も原因の一つです。

不眠症の原因として、「ストレス」が溜まることでうつ病が発症してしまうなど、精神疾患と不眠症には密接な関係性があります。

心理学的原因

仕事によりストレスや大病を患ったり、環境に大きな変化があった場合などです。

仕事の影響でストレスが溜まったり、大病を患った後の心境の変化による不眠や、事故や事件に巻き込まれた、家が火事になり転居を余儀なくされたなどの大きな環境の変化なども不眠の原因の一つになります。

生理学的原因

時差がある国を行き来した時の時差ぼけや夜勤などの交代制勤務、短期入院などによる不眠も原因の一つです。

比較的不眠の症状としては、軽い部類に入りますが、重症化する可能性もあるため、注意が必要です。

睡眠薬の作用

睡眠薬の作用は大きく言うと、脳に働きかけて強制的に眠らせるものと脳の覚醒を抑えて自然に眠りに導くものがあります。

従来の睡眠薬は、強制的に眠りにつかせるものが多かったのですが、現在は脳の覚醒を抑えて自然な眠りに導くものが主流になっています。

体への負担も少なく、自然な寝起きになるなどメリットもありますが、その分薬価が高くなるというデメリットも存在します。

従来の睡眠薬はジェネリック医薬品が出回っており、安価で手に入れることができます。

睡眠薬の種類と選び方

睡眠薬の種類は2つに分けられます。

脳を鎮静化させる

脳を鎮静化させる下記の2種類です。

非ベンゾジアゼピン系

ベンゾジアゼピン系ですが、旧来の非ベンゾジアゼピン系に比べ、副作用が少なく、作用時間が超短時間型~短時間型となり、入眠障害の症状に適しています。

代表的なベンゾジアゼピン系睡眠薬のジェネリック医薬品として、下記のものが挙げられます。

商品名 成分 特徴 価格
ハイプナイト
ハイプナイト
ハイプナイト 睡眠作用が強い 1錠あたり104円
ソクナイト
ソクナイト
ソクナイト 日本人に合わせて開発 1錠あたり64円
フルナイト
フルナイト
フルナイト 入眠障害を解消 1錠あたり68円
エスゾピック
エスゾピック
エスゾピック ルネスタのジェネリック 1錠あたり76円

などがあります。

これらは、病院でも処方されているルネスタという睡眠薬のジェネリック医薬品であり、副作用も少なく、多くの方に支持されている睡眠薬になります。

「適応症状」

入眠障害

自然な眠気を促す

新しいタイプの睡眠薬として、脳の覚醒を抑える下記の二つのタイプがあります。

・メラトニン受容体作動薬

・オレキシン受容体拮抗薬

まず、メラトニン受容体作動薬ですが、有名な薬として「ロゼレム」があります。

この薬は、体内時計のリズムを整え、睡眠物質のメラトニンに働きかけることで、自然な眠りに導きます。時差ボケにも効果を発揮します。

深夜の交代勤務や海外出張が多い方などに適している薬と言えるでしょう。

また早朝覚醒の方にも適しています。

オレキシン受容体拮抗薬は、「ベルソムラ」があります。こちらは脳の覚醒を抑えて自然な眠りに導くタイプのものです。

覚醒を促進する神経ペプチドであるオレキシンの受容体への結合を阻害することで、脳を覚醒状態から睡眠状態へと移行させることが期待できます。

この薬の特徴として耐性がなく、依存性も少ないと言われているため、副作用の大きな心配がありません。

「適応症状」

中途覚醒

早朝覚醒

熟眠障害

TOPに戻る