梅毒治療薬(商品)

更新日:2024年3月11日

梅毒治療薬商品一覧

市販では購入できない『ペニシリン』や『ミノマイシン』を含む治療薬を取り扱っています。
梅毒治療薬の通販ならライフパートナー!

梅毒治療薬売れ筋ランキング

  • ビクシリン・ジェネリック

    ビクシリン・ジェネリック

    ¥4,800

  • Divaine(ミノマイシンジェネリック)

    Divaine(ミノマイシンジェネリック)

    ¥1,420

  • アポミノサイクリン(ミノマイシンジェネリック)

    アポミノサイクリン(ミノマイシンジェネリック)

    ¥14,250

  • ビブラマイシン(ドキシサイクリン)

    ビブラマイシン(ドキシサイクリン)

    ¥3,200

  • 梅毒セルフテスト

    梅毒セルフテスト

    ¥2,850

梅毒治療薬の商品一覧

  • ビクシリン・ジェネリック

    在庫あり

    1錠¥48

    ビクシリンとは、ペニシリン系の抗生物質で有名なお薬です。 主な治療としては、淋病・梅毒・耳炎・副鼻腔炎・尿路感染症などを始めとした幅広い治療で用いられます。 特に淋病・梅毒治療に効果が高いとされています。 また成分のアンピシリンは細菌の殺菌作用が強く大腸菌・インフルエンザ・大腸菌・プロテウス・ミラビリス・サルモネラ・赤痢菌などの感染症治療としても用いられます。 ペニシリンで効果が無かった方は、是非お試し下さい。
  • アポミノサイクリン(ミノマイシンジェネリック)

    在庫あり

    1カプセル¥142

    アポミノサイクリン(ミノマイシンジェネリック)は重度のニキビに用いられる抗生物質系の治療薬です。 アポミノサイクリン(ミノマイシンジェネリック)の主成分である塩酸ミノサイクリンは細菌の増殖抑制に効果が期待できます。 そもそも細菌の増殖は「リポゾーム」と呼ばれる器官が細胞分裂の原料を作り出すことによって起こります。 塩酸ミノサイクリンはこの「リポゾーム」の働きを抑えることで細胞の増殖を抑え、死滅に導きます。 さらに抗菌効果も期待することが出来るため、クラミジアや淋病の治療にも用いられてきました。 古くから使用されている抗生物質であるために性感染症の治療薬として用いられることは少なくなりましたが、ニキビの原因であるアクネ菌には現在も効果的とされています。 化膿し赤く腫れあがった重度のニキビにお悩みの方にオススメです。 (※1)ジェネリック医薬品・・・先発薬と同じ有効成分を使って作られ、同等の効果があると認められた医薬品のことです。 開発や宣伝にかかる費用を抑えられるため、先発薬よりも安く提供されています。 また、先発薬と比べ、味や形状が飲みやすく改良されていることが多いです。 ジェネリック医薬品の詳細はこちら>>
  • Divaine(ミノマイシンジェネリック)

    売切れ

    1錠¥113

    ※次回5月中旬入荷予定。 Divaine(ミノマイシンジェネリック)は重度のニキビをはじめ、細菌感染症に用いられる抗生物質系の治療薬です。 Divaine(ミノマイシンジェネリック)に含まれる成分ミノサイクリンには感染症の原因となる細菌を殺菌し、増殖を抑える作用があります。 ニキビの原因となるアクネ菌にも同等の効果が期待できることから、大人ニキビの治療薬として人気が高い商品です。 抗炎症作用も備わっていることからニキビ跡を目立たないように治療することも可能です。
  • 梅毒セルフテスト

    売切れ

    1個¥2,280

    ※現在欠品中です。次回入荷時期未定。 梅毒セルフテストは病院へ行かず、家で梅毒感染の検査結果がわかる検査キットです。 忙しく病院へ行けない方、医師へ相談しづらい、その場で結果を把握したい方にオススメです。 ここ近年、日本でも梅毒感染者が増えていると国の調査で発表されています。 梅毒はトレポネーマと言う病原菌により感染し、その症状は熱やリンパの腫れなど風邪に似ています。また梅毒に感染している場合、HIVなどにも感染する確率も高く、症状が悪化すると最悪の場合、死に至ることもありますので早期治療が大切です。 従来の検査キットに比べ痛みの少ない採血器具となっておりますので安心してご使用いただけます。
  • アモキシシリン

    売切れ

    1錠¥54

    ※250mg 次回入荷時期未定。 ※500mg 次回入荷時期未定。 アモキシシリンは梅毒などの細菌感染症の治療に用いられるペニシリン系抗生物質です。 有効成分でもあるアモキシシリンには梅毒などの原因となる細菌の形状を維持している「細胞壁」の生成を抑える働きがあります。 「細胞壁」を生成することが出来なくなった細菌は元の形状を保てなくなり、後に死滅します。 アモキシシリンを服用することによって、 ・細菌の死滅 ・細菌の増殖抑制 ・抗菌作用 に効果が期待できます。 主に梅毒の治療薬として使用されることの多いアモキシシリンですが、その他にも淋病・ものもらい・大腸菌・インフルエンザ・プロテウス・ミラビリス・レンサ球菌属・咽頭炎・胃潰瘍といった細菌感染症の治療薬としても用いられます。 治療効果が高いとされているため、短期間で細菌感染症を治療したい方にオススメです。 ※ご注文時期により、同成分同入数、別メーカーの商品での発送となる場合がございます。
  • アモキシル(パセトシンジェネリック)

    売切れ

    1カプセル¥83

    ※次回入荷時期未定です。 アモキシルは、淋病や梅毒などの細菌感染症の治療に用いられるペニシリン系抗生物質です。 有効成分の「アモキシシリン」は、細菌の形状を維持する細胞壁の生成を抑制する働きがあります 細菌は細胞壁を保つことができなくなり、後に死滅します。 この働きによって、アモキシルは細菌感染症を改善していきます。

    アモキシル(パセトシンジェネリック)の効果

    ・感染症の治療 ・細菌の増殖の抑制 ・淋病治療 ・梅毒治療

    アモキシルの有効成分「アモキシシリン」は、ペニシリン系の抗菌薬です。 腸管から吸収されやすいので、経口薬として利用されます。 細菌の細胞壁合成酵素を阻害する働きをするため、細菌は充分な細胞壁を合成することができなくなり、死滅します。 この薬が使われる細菌は多岐にわたっています。 そのため、呼吸器や耳鼻科などでも広く使われています。 大腸菌やインフルエンザ菌などの、一部のグラム陰性菌にも有効です。 また、以下のような軽度な感染症にもよく使われています。

    • 扁桃炎
    • 咽頭炎
    • 気管支炎
    • 中耳炎
    • 歯周病
    • 胃潰瘍
    • 膀胱炎
    • ものもらい

    参考サイト:KEGG|医療用医薬品 : アモキシシリン

  • ビブラマイシン(ドキシサイクリン)

    在庫あり

    1箱¥1,000

    ビブラマイシンはテトラサイクリン系の抗生物質で、アメリカのファイザー社で開発され、国内では1969年に承認されました。 ニキビやクラミジア、皮膚科や呼吸器科、耳鼻科などで感染症の治療に用いられます。 ビブラマイシンは、細菌のタンパク質合成(生命維持)を阻害し増殖を抑えるテトラサイクリン系抗菌薬です。 ビブラマイシンはテトラサイクリン系抗菌薬のなかでも長時間作用型に分けられ、約2~4時間で効果が現れ、11~13時間持続します。 様々な細菌に有効で、皮膚科ではニキビ菌の殺菌に用いられ、慢性気管支炎、クラミジアにも用いられています。 ※真菌やウイルス性の病気は、適用外です。

    サイトからのお知らせ ※次回2月下旬入荷予定です。

    ビブラマイシンはこんな方にオススメ

    ビブラマイシンは様々な細菌感染症に対して有効なため、皮膚科だけでなく呼吸器や耳鼻科でも用いられています。

    抗生物質で有名なペニシリン系でも効かないクラミジア、マイコプラズマにも有効なため、どの科目でも使いやすい事が特徴です。

    抗菌作用と抗炎症作用もあるため、皮膚科ではニキビの治療薬と言えばビブラマイシンが推奨されるほど有名なお薬です。

    そんな、ビブラマイシンは下記のような方にオススメです。

    ■赤みの強いニキビでお悩みの方 ■膿が目立つニキビでお悩みの方 ■副作用の少ない薬をお探しの方 ■食事の後で治療薬を使用したい方 ■費用を抑えて使用したい方 ■抗菌・抗炎症作用のある薬をお探しの方

    ビブラマイシンの特徴

    ・ニキビ治療でよく用いられる ・食事の影響を受けにくい ・腎機能障害、透析がある方も服用できる

梅毒について

梅毒は、代表的な性感染症として知られていますが、戦前では不治の病として恐れられていました。

現在は、梅毒トレポネーマという細菌による感染が原因と解明されて治療可能になり、1967年以降には患者数が減少しています。

しかし、近年では一転して梅毒の患者数が増加傾向にあり、誰もが知らぬ間に感染している可能性があるのです。

梅毒の症状

下記のとおり、梅毒は感染してからの期間によってステージがわけられます。

■潜伏期間(0~3週間)
原因菌に感染した粘膜や微小な傷に直接触ってうつる。

■1期(3週間~)
感染した場所「性器・肛門・口」などに、「できもの・しこり・ただれ」などができる。治療をしなくても、数週間で症状は消える。

■2期(3か月~)
第1期の症状が一旦消えた後、1~3か月経つと手のひらや足の裏など、全身に発疹やブツブツができる。治療をしなくても、数週間~数ヶ月で症状は消える場合がある。

■3期(3年~)
症状がないまま何年も経過するが、皮膚や内臓で静かに病気は進んでいる。

■4期(10年~)
数年~数十年後に、心臓・血管・神経に異常があらわれる場合がある。

梅毒の治療法

梅毒の治療方法は、「筋肉注射」もしくは「内服薬」です。

以下のように、ステージによって使い分けされます。

梅毒の治療方法
  • 1~2期:内服薬
  • 3~4期:筋肉注射・早期神経梅毒の場合は内服薬

基本的に、ペニシリン系の医薬品で治療をしますが、アレルギーなどがある場合はミノマイシンなどを使用します。

ペニシリン

ペニシリンは、梅毒治療の第一選択薬として使用されている抗生物質です。

細菌である梅毒トレポネーマは、自分を守る細胞壁がなければ生きられません。

ペニシリンは、その細胞壁がつくれないように邪魔をして、梅毒トレポネーマを死滅させるのです。

菌が破壊される影響で、服用して数時間~数日以内に発熱や頭痛などの反応がおこる場合がありますが、症状は一過性で治まります。

治療期間や治療方法は、以下のようにステージで異なります。

■1期(3週間~)
2~4週間の内服治療。

■2期(3か月~)
4~8週間の内服治療

■3期以降の早期神経梅毒
内服治療

■3期以降の後期神経梅毒
注射薬

以下は、ライフパートナーで取り扱っているペニシリン系の医薬品です。

商品名 ビクシリン・ジェネリック

ビクシリン・ジェネリック

アモキシシリン

アモキシシリン

成分量 250mg・500mg 250mg・500mg
内容量 100錠 250mg:21錠・63錠・105錠
500mg:21錠・42錠・63錠
価格 4,800円~ 1,420円~

ミノマイシン

ミノマイシンは、ペニシリン系にアレルギーがあるような場合に使用される、テトラサイクリン系の抗生物質です。

細菌がタンパク質をつくれないように抑制するため、増殖を防ぐことで梅毒トレポネーマを死滅させます。

ペニシリン系の抗生物質とは異なり、発熱のような反応はありません。

空腹時を避けるなど、服用する場合は用法・容量に注意してください。

ミノマイシンでの治療期間は、以下のとおりです。

■1期(3週間~)
2~4週間の内服治療。

■2期(3か月~)
4~8週間の内服治療

■3期以降・感染時期が不明
12週間の内服治療

以下は、ライフパートナーで取り扱っているミノマイシン系の医薬品です。

商品名 ミノマイシンジェネリック

ミノマイシンジェネリック

ミノマイシン・ジェネリック

ミノマイシン・ジェネリック

成分量 50mg・100mg 100mg
内容量 10錠・30錠・50錠 100カプセル
価格 1,420円~ 14,250円~

梅毒の薬を使った人の口コミ

【ペニシリン系】ビクシリン・ジェネリック

顔

42歳 てつさん

2023年11月29日に投稿

安く、通販で買えるということで、こちらで購入しました。梅毒治療に使ったんですが、薬を飲み始めたらきちんと治りました。本当に買ってよかったです(涙)

【ペニシリン系】ビクシリン・ジェネリック

顔

30歳 サラださん

2023年11月12日に投稿

梅毒だけでなくいろいろ効くのでおすすめです。梅毒の症状が出たので、ひとまず所定の期間飲んで検査にいきました。結果陰性だったのでほっとしました。

【ミノマイシン系】ミノマイシン・ジェネリック

顔

32歳 あざランさん

2023年2月20日に投稿

ちょっと性病のような感じがして病院に行ったら案の定でした・・・一度病院で治してもらった後、近い症状が出たらすぐにこれを飲んで、それからクリニックに行くようにしています。放っておくのも怖いし、何かあったときのお守りのような感じで使っています。

症状が落ち着いても薬を飲まなけばならない理由

しこりや発疹などの症状が治まっても、治療薬の服用は続ける必要があります。

    

中断してはいけない理由は、以下のとおりです。

中断してはいけない理由
  • 症状は治まっても、体内で菌が生き残っている可能性がある
  • 生き残った菌が耐性化して抗菌薬が効かなくなる可能性が高い

ペニシリンかミノマイシン、どちらの抗菌薬であっても同じです。

決められた期間はしっかり服用しましょう。

梅毒の感染経路

梅毒の主な感染経路は、以下のとおりです。

梅毒の感染経路
  • 性交渉
  • 母子感染

その中でも、圧倒的に多いのは性交渉です。

セックスやオーラルセックス、アナルセックスやキスでも感染の可能性はあります。

粘膜への接触から感染が広がるため、日常生活の中で家族へうつることは、ほとんどありません。

しかし、極めてまれなケースもあり、食器やタオルを感染者と共有して手や口へ感染したとの報告もあります。

梅毒の再感染について

梅毒は完治したと思っても、ふたたび悪化することがあります。

    

悪化する原因で最も多いのは、再感染です。

    

性感染症は何度でも感染することが多く、同じように梅毒も終生免疫が得られません。

    

無症状の時期が多く、パートナーとの間でピンポン感染がおこりやすくなります。

    

粘膜から感染するため、キスでもうつる可能性があり、コンドームでも完全に予防することは困難です。

    

疑わしい症状や、不安に思うことがある場合、感染の可能性がある行為は控えてください。

    

再感染を防ぐためには、パートナーとともに完治させることが重要です。

    

症状が治まったからと安心せずに、しっかりと治療して、再感染しないように心がけましょう。

梅毒に関するよくある質問

梅毒に関するよくある質問と答えを紹介します。

現在の医療で感染後にすぐ命を落とすことはありません。早期に適切な治療をおこなえば完治できる病気です。しかし、あまりにも放置すると体の欠損や後遺症から死に至ることもあります。

60%~80%の確率で感染するとされています。感染してから症状が現れるまでに通常数ヶ月~1年かかり、感染していること自体に気づけないことがよくあるため、注意が必要です。

現時点で、梅毒に予防ワクチンはありません。コンドームを使用したり、不特定多数との性行為を避けたりと、性感染症の予防をおこないましょう。

梅毒は、婦人科・性病科・泌尿器科・皮膚科・感染症内科での検査が可能です。地域によっては、保健所でHIV検査とともに梅毒検査もおこなわれています。

TOPに戻る