カンジダ治療薬(商品)

更新日:2024年3月11日

カンジダ治療薬商品一覧

口腔カンジダ・膣カンジダ・性器カンジダなど様々な症状に改善効果が見込め、市販では購入できない内服薬のカンジダ治療薬も取り扱っています。
カンジダ治療薬の通販ならライフパートナー!

カンジダ治療薬 売れ筋ランキング

  • フォルカン(ダイフルカンジェネリック)

    フォルカン(ダイフルカンジェネリック)

    ¥2,700

  • ケトコナゾール・ジェネリック

    ケトコナゾール・ジェネリック

    ¥5,400

  • スポラル(イトラコナゾール)

    スポラル(イトラコナゾール)

    ¥5,500

  • クロトリマゾールクリーム

    クロトリマゾールクリーム

    ¥2,080

  • ケトクリーム

    ケトクリーム

    ¥1,950

  • ラミシールクリーム(テルビナフィン)

    ラミシールクリーム(テルビナフィン)

    ¥1,980

  • ラミシールスプレー(テルビナフィン)

    ラミシールスプレー(テルビナフィン)

    ¥1,980

  • クロトリマゾールローション

    クロトリマゾールローション

    ¥2,700

  • ケトコナゾールソープ

    ケトコナゾールソープ

    ¥1,600

  • クロトリマゾールジェル

    クロトリマゾールジェル

    ¥2,080

カンジダ治療薬の商品一覧

  • フォルカン(ダイフルカンジェネリック)

    在庫あり

    1錠¥121

    フォルカンはシプラ社が開発・製造しているカンジダ症の治療薬です。 ダイフルカンのジェネリック医薬品で有効成分であるフルコナゾールを配合しておりますので同一の効果を得ることが出来ます。 カンジダ症による亀頭のかゆみやただれ、尿道炎、女性の場合ですとおりもの量の増加や性行為時の痛みなどを抗ウイルス薬でもあるファルカンを服用することで緩和し、治療します。 また感染症治療だけでなく女性器の潤いを常時保つ効果もあり、感度を高めることから欧米では女性版のバイアグラとも呼ばれています。
  • ケトコナゾール・ジェネリック

    在庫あり

    1錠¥54

    ケトコナゾールジェネリックは水虫やカンジダの原因である真菌に対して殺菌効果を期待できる抗真菌薬です。 クリームタイプなどの外用薬に比べて体内の真菌を抑制する作用が高いとされ、早期治療を望む方にオススメです。 また、カンジダなどは免疫力が低下したタイミングで発症するケースが多く、免疫力・抵抗力ともに低下しがちな妊娠中の女性にケトコナゾールジェネリックは支持されています。

    ケトコナゾールの効果

    ケトコナゾールジェネリックに含まれる有効成分ケトコナゾールには真菌の増殖を抑え、殺菌に繋げる働きがあります。 一定期間服用を継続することで真菌の細胞を構成しているエルゴステロールの合成を阻害、血中のテストステロン濃度を低下に導くことで真菌が新たに生成されることを防ぎます。 新たに生成される真菌がなくなると人体が本来持っている免疫力で戦えるようになるため、体内の真菌は徐々に生命を維持することが出来にくくなります。 真菌以外の細胞に与える殺菌作用などはないため、安心してお使いいただけます。

  • スポラル(イトラコナゾール)

    在庫あり

    1錠¥270

    スポラルは、イタリアの製薬会社であるJanssenCilag社が開発製造している、幅広い真菌(カビの仲間)に対して効果を発揮する経口内服型の治療薬です。 経口内服型の薬品は外用薬よりも効果が高い場合が多く、スポラルの有効成分であるイトラコナゾールは直りにくい重度の爪水虫や、性器や口唇、皮膚のカンジダ症、いんきんタムシにも効果を発揮します。 特に外用薬では効果がでにくい消化器などの内臓や、尿路、食道など感染した真菌に対しての治療効果は大変高く、真菌の周りの細胞膜を破壊することで真菌を死滅させ、増殖も防ぎます。
  • クロトリマゾールクリーム

    在庫あり

    1本¥1,866

    ※発送時期によってパッケージが異なる場合がございます。 クロトリマゾールクリームは、カンジダ症や水虫などの症状を改善するクリームタイプの治療薬です。 症状が出ている患部にピンポイントで塗布することができ、副作用の心配が少ないので安心して使用できます。 症状が改善しないまま使用を止めると再発する可能性があるため、約4週間の継続使用を推奨しています。
  • ケトクリーム

    在庫あり

    1本¥1,755

    ケトクリームとは、水虫を治療するクリームタイプのお薬です。 水虫菌の細胞膜を壊すことで、強力な殺菌効果を発揮します。 外用薬のお薬では、効果が高いとされています。 市販薬で効果が得られなかった方は、是非お試し下さい。 水虫だけでなく、タムシ・カンジダの症状にも効果があります。 錠剤が苦手な方は、オススメしています。 水虫は、潜伏期間が長い為症状が治まったからといって服用を途中で止めないで下さい。 再発する可能性があります。
  • ラミシールクリーム(テルビナフィン)

    在庫あり

    1本¥1,583

    ラミシールクリームは、カンジダや水虫に対して効果的なクリームタイプの医薬品です。 錠剤タイプとは違い、副作用の心配なく患部をピンポイントで塗布することができるので、早期治療に期待ができます。 症状が完治しないまま使用を止めると再発する可能性があるため、4週間の継続使用をオススメしています。
  • ラミシールスプレー(テルビナフィン)

    在庫あり

    1本¥1,583

    ラミシールスプレーは、カンジダや水虫などの症状を改善するスプレータイプの医薬品です。 クリームタイプとは違い、スプレータイプは手を汚すことなく患部に噴射できるため、衛生面でも大きなメリットがあります。 乾性があるため、じゅくじゅくした水虫への使用に効果的です。 症状が完治しないまま使用を止めると再発する可能性があるため、4週間の継続使用をオススメしています。
  • クロトリマゾールローション

    在庫あり

    1本¥2,160

    クロトリマゾールローションとは、主にカンジダ症を治療するお薬です。 その他にも白癬・水虫・たむしといった細菌による感染症の治療にも使用される商品です。 クロトリマゾールローションは、従来の外用薬と違い刺激感が無いように作られているため、副作用もほとんどありません。 直接患部に塗るお薬なので、錠剤に抵抗があるかたや副作用が気になる方にオススメです。 カンジダ症は、ほとんどが女性がなる症状です。 ストレス・免疫低下・睡眠不足・風邪等が原因とも言われています。 織物や異臭、かゆみ等の症状がある方は、是非お試し下さい。 不妊症予防にも繋がります。 また発症前に使用すると、再発防止にも繋がります。
  • ケトコナゾールソープ

    在庫あり

    1個¥1,400

    ケトコナゾールソープは、有効成分として抗真菌薬『ケトコナゾール』2%を配合した薬用石鹸です。 有効成分のケトコナゾールには、真菌の増殖を予防する働きがあるため、主に水虫や脂漏性皮膚炎、皮膚カンジダ症などの予防・治療に用いられています。 また、頭皮に使用する場合、AGA(男性型脱毛症)の予防改善効果も期待できるとされています。

    ケトコナゾールソープを実際に使用したユーザーの評価

    良い評価

    顔

    39歳 ましゅさん

    2023年06月15日に投稿

    今のところ水虫再発してません!今まで何度か水虫になっていたのですが、ケトコナゾールソープを使い始めてから水虫にならなくなりました。全身に使うと乾燥してしまうので、足にだけ使用しています~

    悪い評価

    顔

    44歳 TABATAさん

    2023年07月13日に投稿

    抜け毛の量は変わらないです。AGAの改善もできると聞いて購入したものの、あまり変化なし。水虫には効きます。

    商品レビュー ケトコナゾールソープの口コミはコチラ

  • ニゾラール

    売切れ

    1錠¥148

    ※取り扱い終了。 ニゾラールはカンジダ症や水虫、インキンタムシなど、カビの一種である真菌を原因とした感染症に有効な治療薬です。 真菌にはカンジダ症の原因であるカンジダ菌や、水虫やインキンタムシなどの原因である白癬菌がありますが、有効成分であるケトコナゾールはこれらの真菌に対して幅広く、そして強力な殺菌作用を持ちます。 どのように真菌を死滅させているかというと、エルゴステロールという、真菌の細胞膜を構成している主な成分の合成を阻害することで真菌を死滅させています。 バリアーでもある細胞膜を作れなくなった真菌は生命を維持することができません。 もちろん、人体の細胞に対してはこの作用はなく、あくまでもカンジダ菌や白癬菌などの真菌だけを死滅させてくれるのです。 水虫は家族などにうつる可能性も少なくありません。 症状が出始めたら、なるべく早い段階での治療が大切になります。
  • カネステンクリーム

    売切れ

    1本¥1,215

    ※発送時期によりパッケージが異なります。 カネステンクリームは女性特有のカンジダ症や水虫などに効果が期待できる抗真菌薬です。 患部に直接塗布することで真菌の増殖を抑え、炎症やかゆみなど不快な症状を緩和させることが出来ます。 加えて、発症前に使用することで再発防止にも繋がります。 おりものや異臭、かゆみ等の症状がある方は、是非お試し下さい。 本製品は発症している患部に直接塗布することの出来るクリームタイプです。
  • クロトリマゾールジェル

    売切れ

    1本¥1,866

    クロトリマゾールジェルとは、カンジダによる感染症に効果のある塗り薬タイプです。 主成分であるクロトリマゾールは、感染症の原因となるカビの増殖を抑制し、殺菌する効果があります。 その他にも白癬・水虫・たむしなどの皮膚真菌症の治療にも効果的です。 クロトリマゾールは、ジェルタイプの為ベタつかず、使いやすい商品になっております。 カンジタ症は、ほとんどが女性がなる症状です。 ストレス・免疫低下・睡眠不足・風邪等が原因とも言われています。 織物や異臭、かゆみ等の症状がある方は、是非お試し下さい。 不妊症予防にも繋がります。
  • ニゾラルクリーム

    売切れ

    1本¥1,215

    現在ニゾラルクリーム15gの取り扱いは終了しています。 30gは現在入荷時期未定です。 ニゾラルクリームは皮膚真菌症のカンジダ症・水虫などに改善効果が期待できる抗真菌薬です。 その他にも抜け毛・フケを抑制する効果が期待できます。 患部に直接塗布することで真菌の増殖を抑え、炎症やかゆみなど不快な症状を緩和させることが出来ます。 おりものや異臭、かゆみ等の症状がある方は、是非お試し下さい。 本製品は発症している患部に直接塗布することの出来るクリームタイプです。
  • ゾコン(ダイフルカン)

    売切れ

    1錠¥153

    ※現在欠品中です。次回入荷時期未定。 ゾコンはダイフルカン(ジフルカン)のジェネリック薬で、特に女性の膣カンジダの治療薬として有効ですが、膣カンジダ以外にもまれに発症する男性の性器カンジダや、クリプトコッカス症などの真菌(カビ)を原因とした感染症に対する効果があります。 免疫力の低下などが原因となり、真菌による感染症にかかってしまうのですが、有効成分のフルコナゾールは真菌細胞膜の生合成を阻害することによる殺菌作用、抗菌作用を持ちます。 この有効成分フルコナゾールは体内に長くとどまる成分で、半減期(体内で薬の濃度が半分になる時間)はおよそ30時間あり、1日に1回の服用でカンジダなどの治療が可能です。 また、意外と知らていない効果としては、女性の潤滑不足による性交時の痛みの軽減、感度アップなども期待できるとされています。 これはゾコンを服用することで膣内環境が正常に保たれ、膣分泌液の分泌が促されることによる効果です。
  • ラミシール

    売切れ

    1錠¥112

    ラミシールは皮膚真菌症のカンジダ症・水虫などに改善効果が期待できる抗真菌薬です。 服用することで体内の奥深くに感染した細菌まで届き、増殖を抑制するとされています。 ラミシールの主成分でもあるテルビナフィンはドラッグストアなどで市販されている水虫対策の薬にも配合されています。 ラミシールに含まれるテルビナフィンの含有量は市販の薬と比べても多いためにより効果的な治療を期待することが出来ます。 市販の塗り薬など、外用薬で効果が得られなかった方にオススメです。

カンジダとは何か

カンジダは、女性に多くみられる感染症のひとつですが、男性も感染する恐れがあります。

カンジダ菌は、カビの一種で男女関係なく皮膚や口腔、消化菅、膣などに存在する常在菌です。

この常在菌は、健康を保つために身体に生息している菌で、通常は身体に害を及ぼすことはありません。

しかし、免疫力や抵抗力が低下するとカンジダ菌が増殖し感染してしまいます。

カンジダに感染しやすい部位は、口腔や陰部の粘膜、わきの下や鼠径部などです。

その中でも「膣カンジダ」は女性の20%が経験する発症率が高い病気といわれています。

カンジダの症状

カンジダの症状を男女別に解説していきます。

男性のカンジダの症状
  • 亀頭や陰茎周囲に発疹や白いカスがでる
  • 軽度のかゆみや痛み
  • 排尿痛や性交痛

男性は、尿道や性器周辺の皮膚に感染します。

見た目でも症状がわかるので感染しているかの判断がつきやすいのも特徴です。

包茎の方は包茎ではない方に比べて、亀頭に雑菌が溜まりやすい環境のため、カンジダに感染する確率が高まります。

女性のカンジダの症状
  • 外陰部の激しいかゆみや痛み
  • ヨーグルト状の粘度の高いおりもの
  • 排尿痛や性交痛

女性は、外陰部や膣に感染します。

典型的な症状としては、かゆみやおりものの変化です。

また、妊娠による女性ホルモンの分泌量の変化が影響しカンジダに感染するリスクが高まります。

カンジダ薬の効果と種類について

カンジダ症の治療薬として、真菌の増殖を阻害する「抗真菌薬」での治療が一般的です。

抗真菌薬はさまざまな種類が存在しますが、その中でも「アゾール系」と呼ばれる医薬品が最も多く治療に用いられています。

アゾール系抗真菌薬の中からさらに「イミダゾール系」と「トリアゾール系」の2つの系統に分けられます。

アゾール系抗真菌薬は、真菌の細胞膜を構成する成分「エルゴステロール」の働きを阻害し、カンジダ菌の発生と増殖を抑制する効果が期待できます。

ここからは、治療薬の効果や種類について詳しく解説していきます。

イミダゾール系抗真菌薬

イミダゾール系抗真菌薬は、外用薬 (軟膏・クリーム・膣錠・膣坐剤)と内服薬があります。

主に「表在性カンジダ症」と呼ばれる皮膚や粘膜に感染するカンジダの治療薬として使用されています。

外陰部のみに症状がある場合はカンジダ菌に直接作用する外用薬での治療が用いられます。

ただし、膣カンジダ症は膣内も感染している可能性があるので、外用薬と内服薬または膣錠・膣坐剤を併用して治療する場合があります。

イミダゾール系抗真菌薬に配合される成分は以下のとおりです。

  • ・ケトコナゾール
  • ・クロトリマゾール 

トリアゾール系抗真菌薬

トリアゾール系抗真菌薬は、内服薬と注射薬があります。

口腔カンジダ症や外陰膣カンジダ症だけでなく、さまざまなカンジダ症に使用が可能です。

主に、臓器や組織にカンジダが侵入して発症する「深在性カンジダ症」や再発を繰り返す場合の治療薬として使用されています。

外陰膣カンジダの場合は、1回服用するだけで症状を改善することができるので楽に治療ができるのです。

また、外用薬だけでは効果が見られない方、膣錠や膣坐剤が使用できない方などは、内服薬での治療に切り替える場合があります。

トリアゾール系抗真菌薬に配合される成分は以下のとおりです。

  • ・イトラコナゾール
  • ・フルコナゾール

カンジダ薬の選び方

カンジダ症は、身体のさまざまな部位に感染する病気で、部位によって治療薬が異なります。

■外用薬(軟膏・クリーム) 
感染部位に直接塗布するタイプで、局部的に症状があらわれる場合に使用します。
皮膚、爪、口腔、膣、男性の性器に使用可能です。
ただし、膣内に塗布することはできません。

■内服薬 
再発を繰り返している、または外用薬などで効果が実感できなかった場合に使用します。

■膣錠・膣坐剤
膣内に挿入するタイプで、患部に直接作用します。
膣カンジダのみに効果があります。

カンジダ薬の副作用について

使用する医薬品によってあらわれる副作用も異なります。

■外用薬
・塗布部位の刺激感
・赤み
・かゆみ
・炎症
・乾燥 など

■内服薬
・腹痛
・食欲不振
・吐き気
・嘔吐
・下痢 など

内服薬は、体内に吸収し効果を発揮するため、副作用のリスクが高まってしまいます。

また、妊娠中の方や授乳中の方は使用できません。

外用薬は塗布部位のみに作用するため、全身への副作用は内服薬に比べ少ないですが局部的な刺激やアレルギー反応があらわれる可能性があります。

カンジダ薬の購入方法について

現在、カンジダの市販薬で販売されているのは女性用の膣カンジダ薬のみで、男性用は販売されていません。

男性に処方される治療薬と同じ成分を含む市販薬も存在しますが、女性の膣カンジダ症に適応する製品のため、男性のカンジダ症は適応外になります。

そのため、男性がカンジダ治療薬を使用する場合は、医療機関で処方してもらう必要があるのです。

しかし、個人輸入代行サイトでは処方箋が不要でカンジダ治療薬の購入が可能です。

医療機関へ受診する必要もないため、費用を抑えることができます。

個人輸入代行サイト(通販)で購入できるカンジダの薬

商品名 スポラル

スポラル

フォルカン

フォルカン

ケトコナゾール・ジェネリック

ケトコナゾール・ジェネリック

ケトクリーム

ケトクリーム

クロトリマゾールクリーム

クロトリマゾールクリーム

ラミシールクリーム

ラミシールクリーム

薬の種類(内服薬・外用薬) 内服薬(カプセル) 内服薬(錠剤) 内服薬(錠剤) 外用薬(クリーム) 外用薬(クリーム) 外用薬(クリーム)
成分名 イトラコナゾール フルコナゾール ケトコナゾール ケトコナゾール クロトリマゾール テルビナフィン
内容量 16錠 20錠 100錠 15g・30g 30g 30g
価格 5,500円~
(1錠:343円)
2,700円~
(1錠:135円)
5,400円~
(1錠:54円)
1,950円~ 2,080円~ 1,980円~
どのカンジダに効くのか 口腔・食道・膣カンジダ 膣カンジダ・男性の性器カンジダ 皮膚・膣カンジダ 皮膚カンジダ・男性の性器カンジダ 爪・皮膚・外陰カンジダ・男性の性器カンジダ 皮膚・外陰カンジダ・男性の性器カンジダ

さらに表示する

閉じる

カンジダの薬に関するQ&A

2~3日程度で自覚症状が緩和していき、1週間程度で症状が改善します。 カンジダが感染している部位によっても異なるので、1週間以上症状が治まらない場合は、医療機関へ受診しましょう。

使用できる医薬品の種類に限りはありますが、妊娠中でもカンジダの治療薬を使用することは可能です。 妊娠中は内服薬を服用できないため、外用薬や膣錠を使用します。 自己判断で医薬品を使用するのではなく、医師と相談し適切な治療を受けましょう。

内服薬だけで治療することは可能です。 ただし、妊娠中の方や授乳中の方は、内用薬以外の外用薬や膣錠、膣坐剤で治療する必要があります。

TOPに戻る