痛風(商品)

更新日:2024年3月12日

痛風治療薬商品一覧

尿酸値を下げる効果のあるザイロリックやクエン酸カリウムを取り扱っています。
痛風治療薬の通販ならライフパートナー!

痛風治療薬 売れ筋ランキング

痛風治療薬の商品一覧

  • ロキソニン

    在庫あり

    1錠¥90

    第一三共が製造しているロキソニンは多くの適応症を持つ鎮痛剤として有名であると思います。 実際に、外科手術や抜歯等術後の鎮痛に始まり、関節症やリウマチ、喉の炎症による痛みから筋肉痛や生理痛など、ロキソニンが使用されるケースは非常に多岐に渡ります。 有効成分であるロキソプロフェンナトリウム水和物が患部の腫れや熱を鎮め、痛みを和らげます。 ロキソプロフェンナトリウム水和物は、NSAIDsと呼ばれる非ステロイド性抗炎症薬に分類されます。 抗炎症、解熱、鎮痛の作用に優れたロキソニンは備えておくだけでも、生活の中の体のトラブルに対応できる便利な鎮痛剤です。
  • ザイロリック(痛風)
    オススメ

    在庫あり

    1錠¥26

    ザイロリックとは痛風や高尿酸血症などの治療に利用されている薬です。 痛風とは字のごとく風が吹いただけでも痛みがすると言われています。突然足の親指が痛みだし、進行していくと関節にまで痛みを感じるようになり足を動かす事も困難になるというのが痛風の主な症状です。食生活が欧米化した結果、動物性タンパク質や動物性脂質を取りすぎ体内の尿酸値が上昇した事により痛風が発症していると言われています。 ザイロリックはそんな上昇した体内の尿酸を減少させ痛風を抑える効果があります。 痛風に1度掛かると既に体内に多量の尿酸結晶が存在している証なので、ザイロリックは常備薬として服用し続ける事をオススメします。 またザイロリックは痛風を抑える以外にも高尿酸血症や合併症により尿路結石を患ってしまった方にも効果があると言われています。 注意書きに沿って用法、容量を守ってご使用下さい。
  • カロナールジェネリック

    在庫あり

    1錠¥18

    ※発送時期によりパッケージ・薬の形状が異なります。あらかじめご了承ください。 カロナールジェネリックは、アセトアミノフェンが有効成分のアニリン系解熱鎮痛剤です。 頭痛や歯痛、生理痛などの痛みを緩和する効果があります。 新型コロナウイルスのワクチンによる副反応に有効とされています。

    ※参考サイト:新型コロナワクチンQ&A|厚生労働省

    ※カロナール、タイレノールと同じ有効成分です。

    カロナールジェネリックはこんな方にオススメ

    ・おだやかに効く薬をお探しの方 ・副作用が少ない解熱鎮痛剤をお探しの方 ・妊娠中でも服用できる鎮痛剤をお探しの方 ・子供でも服用できる鎮痛剤をお探しの方 ・風邪やインフルエンザなどの解熱鎮痛剤として使いたい方

    カロナールジェネリックの特徴

    カロナールジェネリックに含まれる有効成分アセトアミノフェンは中枢神経に作用することで痛みや発熱を緩和する効果があります。

    頭痛・歯の痛み・生理痛・疼痛・のどの痛み・関節痛・腰痛・筋肉痛・発熱時の解熱・悪寒など、さまざま症状を緩和します。

    有効成分アセトアミノフェン

    ロキソニンやイブ(NSAIDs:非ステロイド性抗炎症薬)は、頭痛や発熱に対して素早く強力に効果を発揮しますが、胃に負担がかかりやすく、胃薬を併用しなければならない場合があります。

    アセトアミノフェンは、胃への影響が少なく、効き目もおだやかで、副作用が少ないのが特長です。

    また、ロキソニンやイブなどの鎮痛剤とは作用が異なり、脳の痛みへの感受性を下げることで痛みを緩和します。

    解熱作用としては、皮膚の血管を拡張することで、熱を放出し、発熱や悪寒を改善します。

    アセトアミノフェンに関するニュース記事まとめ
  • フェブリク・ジェネリック(高尿酸血症)

    在庫あり

    1錠¥63

    血液中の尿酸値が高い状態を高尿酸血症と呼びますが、そのよう状態から、尿酸が結晶化してしまい、関節に溜まって内部から刺激するのがいわゆる痛風です。 風が吹いただけでも痛いというのが痛風の名前の由来になっていますが、痛風は悪化すると体のあちこちに非常に激しい痛みを伴います。 尿酸は、痛風の原因などでもよく知られるプリン体からいくつかの代謝を経て生成されますが、フェブリク・ジェネリックは尿酸の生成に必要な還元酵素の働きを強力に阻害することによって尿酸の増加を防ぎます。 血中の尿酸値が8~9mg/dL以上の状態を、無症候性高尿酸血症と呼ばれるまだ症状のない高尿酸血症としますが、9mg/dL以上であれば痛風になる可能性が高いと言われています。 高尿酸血症は、悪化すると痛風だけではなく腎障害や尿路結石の原因ともなります。 適度な運動をこころがけ、食べすぎ飲みすぎを避けるのはもちろんですが、健康診断の結果などで尿酸値の値が気になった場合は早期での対策が望ましいと言えるでしょう。 フェブリク・ジェネリックはそのようなときに役に立つお薬です。
  • ザイロリック・ジェネリック(痛風)

    在庫あり

    1錠¥41

    28錠×3箱でのお届けとなります。 ご注文時期により、パッケージが異なります。 ザイロリックとは、体内の尿酸値を下げる効果のあるお薬です。 尿酸値が高いと痛風になりやすいとも言われています。 尿酸値が高い方は、プリン体(ビール・魚卵・海老など)など過剰な摂取・肥満・ストレス・運動不足からくる生活習慣が原因です。 ザイロリックは、慢性的な痛風、腎臓病を伴う痛風、高尿酸血症を伴う高血圧症の治療に使う薬で、降圧利尿剤を使用している人も併用出来ます。 一般的に2~3ヶ月間使用すると薬の効果が現れてきます。 定期的に痛風が起こる方、予防薬として服用したい方は是非お試し下さい。
  • カルポル6プラス

    在庫あり

    1本¥3,000

    カルポル6プラスは、アニリン系の有効成分アセトアミノフェン配合の解熱鎮痛剤です。 頭痛や発熱の際に使用することで、症状を緩和するお薬です。 新型コロナウイルスのワクチンによる副反応に有効とされています。

    ※参考サイト:新型コロナワクチンQ&A|厚生労働省

    ※解熱鎮痛剤として有名なカロナール、タイレノールにもアセトアミノフェンが含まれています。

    カルポル6プラスはこんな方にオススメ

    ・おだやかに効く解熱鎮痛剤をお探しの方 ・副作用が少ない解熱鎮痛剤をお探しの方 ・シロップタイプのお薬をお探しの方 ・妊娠中でも服用できる鎮痛剤をお探しの方 ・子供でも服用できる鎮痛剤をお探しの方 ・風邪やインフルエンザの症状を緩和したい方

    カルポル6プラスの特徴

    カルポル6プラスは、頭痛や歯の痛み、生理痛などの痛み全般に対し有効な解熱鎮痛剤です。

    また、風邪やインフルエンザでの発熱時に使用することで、熱を下げる効果があります。

    抗炎症作用をほとんど有していないため、副作用が少なく、通常の鎮痛剤を使用できない妊婦や、子供も服用することができるのが特長です。

    シロップタイプなので、錠剤や粉薬が苦手な方にオススメのお薬です。

    有効成分アセトアミノフェン

    カルポル6プラスの有効成分であるアセトアミノフェンは、中枢神経に直接作用することで、血管や汗腺を拡張する効果があります。

    この働きにより、熱を放出することで解熱作用を発揮します。

    また、痛覚閾値(痛いと認識される刺激の最低強度)を上昇させることで、頭痛・歯の痛み・生理痛・疼痛・のどの痛み・関節痛・腰痛・筋肉痛などの、痛み全般を緩和します。

  • クエン酸カリウム(痛風)

    在庫あり

    1錠¥21

    クエン酸カリウムとは、痛風や深刻な腎臓病の原因となる尿酸値を低減化してくれる治療薬です。 中身は普段の野菜や果物から摂れるクエン酸やカリウムですが、医薬品です。 尿酸値が高くなると体内で結晶化してしまい免疫作用で骨を中からえぐり取られる激痛を引き起こすとされます。 特に関節や足の親指にかけて発症し半年以上放置すると全身に広がり骨が変形したり腎臓に甚大な負荷がかかります。 これを守るために健康診断などでも尿酸値が高くなると担当医から注意されることが多いとされます。 クエン酸カリウムは名前通りの成分が含まれていますが、尿をアルカリ性に性質変化させやすい作用があります。 これにより尿が通常に排出され体に尿酸が体に溜まらなくなります。 普段の食事から摂取し続けることもできますがクエン酸カリウムには野菜やフルーツがたくさん入ったサラダを2~3杯程度食べたときの量が1回分で得られるとされます。 費用も気も遣わないといけない、食生活を送るのと比べ簡単な予防・治療剤となるためおすすめです。
  • シャッラキ

    在庫あり

    1錠¥20

    シャッラキとは、関節炎・痛風・股関節・腰痛を緩和するサプリメントです。 また・咳・気管支炎・喘息・口の潰瘍を治療する作用もあります。 ハーブのゴム樹脂成分が、関節の腫れ・痛み・こわばりなどの症状を低減します。 天然成分の為、副作用もなく安心して服用できます。 長期服用することで、痛み止めを緩和・予防します。
  • ナイキサン・ジェネリック

    売切れ

    1錠¥12

    ※250mg次回入荷時期未定。 ※500mg取り扱い終了。 ナプロシンとは、鎮痛剤・解熱剤のお薬です。 腰痛・関節痛・リウマチ・痛風の痛み止めとして用いられます。 またナプロシンは、副作用が少なく他の鎮痛剤より即効性があると言われています。 痛みの原因となる症状を治療することはできませんが、痛み止めとして効果の高い商品です。 また生理痛の痛み止めとしても使用できます。 様々な痛みの症状を緩和してくれる為、人気のある商品です。
  • ロキソニン(海外市場向け)

    売切れ

    1錠¥85

    ※取り扱い終了 類似商品として【ロキソニン】をご確認ください。 ロキソニン(海外市場向け)は第一三共が日本国外向けに製造している商品ですが、成分、成分量は日本国内で流通しているものと同じです。 ロキソニンは世界中で頭痛、生理痛、抜歯や手術後の鎮痛などに幅広く用いられています。 非ステロイド性抗炎症薬である有効成分のロキソプロフェンナトリウム水和物は、服用することで体内で炎症や発熱の原因となっている物質の合成を強力に抑制し、鎮痛、解熱の効果を発揮します。
  • コルヒチン(痛風治療薬)

    売切れ

    1錠¥113

    コルヒチンは痛風の痛みを改善する薬です。 イヌサフランという植物の種子から採れる成分で、古くから痛風の特効薬として用いられていました。 食事などで摂取した体内の過剰なプリン体は、還元を経て尿酸となり、この尿酸がやがて過剰になると結晶化します。 すると体内の白血球が異物である尿酸の結晶を排除しようと、取り込みをするようになります。 このとき化学物質や酵素などが放出され、痛風の激痛の原因となっているのです。 コルヒチンは、この白血球の取り込みの作用を抑制することで、痛風の痛みを緩和します。 原因である尿酸自体を取り除く効果はないのですが、同じく白血球の免疫作用が原因とされていて、治りにくい口内炎ができしてしまうベーチェット病の治療にも使用することができます。
  • コルヒチン

    売切れ

    1錠¥28

    ※取扱終了。 コルヒチンには主に痛風の症状を緩和させるのに用いられている医薬品です。 また、日本では炎症性の疾患である家族性地中海熱がその効能として認められています。 プリン体は白子やレバー、ビールなどに多く含まれていますが、普段からプリン体を含む食品を多く摂取してしまうと体内に吸収されたプリン体は酵素によるいくつかの還元を経て尿酸へとなります。 さらに尿酸が蓄積することで結晶化し、この結晶が関節などの内部で激しい痛みを引き起こします。 正確にはこの異物である結晶を排除しようとする白血球と、結晶の相互が暴れることで激しい痛みが生じます。 コルヒチンはこのときの白血球の働きを抑制することで痛風の発作を鎮めてくれる医薬品ですが、高い即効性が特徴です。 コルヒチンは痛風の原因そのものを取り除く医薬品ではなく、もちろん痛風になってしまったら普段の食生活などを見直すのは言うまでもありませんが、高い即効性があるために痛風に悩まれている方、予備軍と言われるような方などはコルヒチンを備えておくことで安心ができるかと思います。
TOPに戻る