アフターピル(商品)

更新日:2024年06月12日

アフターピルは、妊娠を防ぐ目的で使用される緊急避妊薬で、性行為後24時間以内に服用することで高い妊娠阻止率が得られます。先発薬からジェネリック医薬品まで数多くのアフターピルを取り扱っています。

アフターピルの通販ならライフパートナー!

  • 売れ筋
  • 知名度

売れ筋のアフターピル

知名度の高いアフターピル

  • 関連カテゴリ
  • 関連コラム
  • 避妊成功率
  • 避妊成功のサイン
  • 副作用
  • 価格比較

アフターピルの商品一覧

  • ナイピル(アフターピル)
    オススメ

    在庫あり

    1錠¥596

    ナイピルは、有効成分『レボノルゲストレル』を含むアフターピル(緊急避妊薬)で、国内で緊急避妊薬として承認されているノルレボのジェネリック医薬品です。 避妊に失敗した、または適切な避妊を講じなかった際に、妊娠を防ぐ目的で使用される緊急避妊薬で、性行為後すぐに服用することで排卵を抑制し、受精卵を作らせないように作用します。 性行為後は72時間以内に服用することで、90%以上と高い確率で妊娠を防ぐ効果が期待できます。

    分類 アフターピル(緊急避妊薬)
    先発薬 ノルレボ
    成分 レボノルゲストレル:1.5mg
    効果効能 緊急避妊
    飲み方 水またはぬるま湯で服用
    性行為後72時間以内
    1回1錠
    副作用 消退出血、不正子宮出血、
    頭痛、吐き気など

    ※アフターピルは緊急時の避妊に用いる医薬品です。 日常から避妊を考えている方は『低用量ピル』の使用を検討してください。

    ※ご注文時期により、パッケージが異なる場合がございます。

    ナイピルの関連商品

    ライフパートナーでは、ナイピルのほかにもノルレボのジェネリック医薬品を多数取り扱っています。 先発薬と価格などは異なりますが、効果や使用目的に大きな違いはなく低価格で購入できるという特徴があります。

    商品 ナイピル

    ナイピル

    ノルレボ

    ノルレボ

    アイピル

    アイピル

    マドンナ

    マドンナ

    アンウォンテッド72

    アンウォンテッド72

    モーニングピル

    モーニングピル

    ポスティノール

    ポスティノール

    ノルパック

    ノルパック

    有効成分 レボノルゲストレル1.5mgレボノルゲストレル1.5mgレボノルゲストレル1.5mgレボノルゲストレル0.75mgレボノルゲストレル1.5mgレボノルゲストレル1.5mgレボノルゲストレル0.75mgレボノルゲストレル0.75mg
    価格 2,980円~
    1箱4錠
    3,320円~
    1箱1錠
    1,400円~
    1箱1錠
    1,350円~
    1箱2錠
    1,420円~
    1箱1錠
    1,980円~
    1箱1錠
    2,000円~
    1箱2錠
    1,280円~
    1箱2錠
    特徴 1箱4錠入り4回分
    1回分あたり最安値
    予備として保管できる
    日本初の緊急避妊薬
    先発薬
    認知度が高い
    比較的低価格
    2回に分けて服用するタイプ
    有効成分含有量が少ない
    比較的低価格比較的低価格2回に分けて服用するタイプ
    有効成分の含有量が少ない
    2回に分けて服用するタイプ
    有効成分含有量が少ない
    商品ページ

    ナイピル

    ノルレボ

    アイピル

    マドンナ

    アンウォンテッド72

    モーニングピル

    ポスティノール

    ノルパック

    ※上記のアフターピルはいずれも72時間以内に服用する必要がります。 72時間以上~120時間(5日以内)までの服用でも緊急避妊効果が期待できるアフターピル『エラ(ella)』の取り扱いもあります。

    ナイピルの効果

    ナイピルは、性行為の後72時間以内に服用することで妊娠を防ぐ効果が期待できます。 効果は服用する時刻(性行為後の経過時間)によって異なりますが、性行為の後はできるだけ早く服用することが推奨されます。

    ナイピルの作用の仕組み

    ナイピルは、『レボノルゲストレル』を有効成分とするアフターピル(緊急避妊薬)で、主に『排卵の抑制』『子宮頸管粘液の変化』『子宮内膜の変化』この3つの作用によって妊娠を防ぐ効果が期待できます。

    アフターピルの避妊効果

    排卵抑制作用 女性の体は毎月卵子を作り出す準備をします。 この過程を『排卵』と言い、レボノルゲストレルには排卵を抑制する、または遅延させる効果があります。 そのため、侵入してきた精子が卵子と出会う機会が無くなり、受精することができないため妊娠を防ぎます。

    子宮頸管粘液の変化 レボノルゲストレルには、子宮頸管粘液(けいかんねんえき)の性質を変化させる作用があり、子宮頸管から分泌される粘液が濃くなることで、子宮の入口が狭くなり精子の進入を防ぎます。

    子宮内膜の変化 レボノルゲストレルは子宮の内壁を薄くして、受精卵が着床しにくい状態に変化させる効果があります。 万が一、精子が卵子と出会い受精が起こったとしても、受精卵が子宮の壁に着床できず妊娠を防ぎます。

    参考ページ 医療用医薬品|レボノルゲストレル:薬効薬理 関連ページ アフターピルの効果について|アフターピルの作用と服用時の注意点も解説

  • アイピル(アフターピル)

    在庫あり

    1箱¥840

    アイピル(i-pill)は、有効成分『レボノルゲストレル』を含むアフターピル(緊急避妊薬)で、国内で緊急避妊薬として承認されているノルレボのジェネリック医薬品です。 避妊に失敗した、または適切な避妊を講じなかった際に、妊娠を防ぐ目的で使用される緊急避妊薬で、性行為後すぐに服用することで排卵を抑制し、受精卵を作らせないように作用します。 性行為後は72時間以内に服用することで、90%以上と高い確率で妊娠を防ぐ効果が期待できます。 ※ご注文時期により、パッケージが異なる場合がございます。

    ※アフターピルは緊急時の避妊に用いる医薬品です。日常から避妊を考えている方は『低用量ピル』の使用を検討してください。

    アイピルの類似商品

    アイピルと同じ有効成分有効成分『レボノルゲストレル』を含むアフターピル(緊急避妊薬)は下記の通りです。 ※アイピルと作用に違いはありませんが、価格や錠数などが異なります。

    商品アイピル

    アイピル

    ノルレボ

    ノルレボ

    ナイピル

    ナイピル

    マドンナ

    マドンナ

    アンウォンテッド72

    アンウォンテッド72

    モーニングピル

    モーニングピル

    ポスティノール

    ポスティノール

    ノルパック

    ノルパック

    価格1,200円~
    (1箱1錠入)
    3,320円~
    (1箱1錠入)
    2,980円~
    (1箱4錠入)
    1,350円~
    (1箱2錠入)
    1,420円~
    (1箱1錠入)
    1,980円~
    (1箱1錠入)
    1,350円~
    (1箱2錠入)
    1,280円~
    (1箱2錠入)
    有効成分含有量1.5mg1.5mg1.5mg0.75mg1.5mg1.5mg0.75mg0.75mg
    特徴認知度が高い日本初の緊急避妊薬
    先発薬
    1箱4錠入り4回分
    1回750円ほど
    予備として保管できる
    2回に分けて服用するタイプ
    有効成分の含有量が少ない
    比較的低価格比較的低価格2回に分けて服用するタイプ
    有効成分の含有量が少ない
    2回に分けて服用するタイプ
    有効成分の含有量が少ない
    商品ページ

    アイピル

    ノルレボ

    ナイピル

    マドンナ

    アンウォンテッド72

    モーニングピル

    ポスティノール

    ノルパック

    ※上記のアフターピルはいずれも72時間以内に服用する必要がります。72時間以上(120時間(5日以内))の服用でも緊急避妊効果が期待できるアフターピル『エラ(ella)』の取り扱いもあります。

    アイピルの効果

    アイピルの特徴

    アイピルは、性行為の後72時間以内に服用することで妊娠を防ぐ効果が期待できます。 効果は服用する時刻(性行為後の経過時間)によって異なりますが、性行為の後はできるだけ早く服用することが推奨されます。

    アイピルの作用の仕組み

    アイピルは、『レボノルゲストレル』を有効成分とするアフターピル(緊急避妊薬)で、主に『排卵の抑制』『子宮頸管粘液の変化』『子宮内膜の変化』この3つの作用によって妊娠を防ぐ効果が期待できます。

    排卵抑制作用 女性の体は毎月卵子を作り出す準備をします。 この過程を『排卵』と言い、レボノルゲストレルには排卵を抑制する、または遅延させる効果があります。 そのため、侵入してきた精子が卵子と出会う機会が無くなり、受精することができないため妊娠を防ぎます。

    子宮頸管粘液の変化 レボノルゲストレルには、子宮頸管粘液(けいかんねんえき)の性質を変化させる作用があり、子宮頸管から分泌される粘液が濃くなることで、子宮の入口が狭くなり精子の進入を防ぎます。

    子宮内膜の変化 レボノルゲストレルは子宮の内壁を薄くして、受精卵が着床しにくい状態に変化させる効果があります。 万が一、精子が卵子と出会い受精が起こったとしても、受精卵が子宮の壁に着床できず妊娠を防ぎます。

    参考ページ 医療用医薬品|レボノルゲストレル:薬効薬理 関連ページ アフターピルの効果はいつまで続くか|アフターピルの仕組みと服用時の注意点

  • ノルレボ(アフターピル)

    在庫あり

    1箱¥2,625

    ノルレボは、有効成分『レボノルゲストレル』を含むアフターピル(緊急避妊薬)で、国内で緊急避妊薬として初めて承認された医薬品です。 避妊に失敗した、または適切な避妊を講じなかった際に、妊娠を防ぐ目的で使用される緊急避妊薬で、性行為後すぐに服用することで排卵を抑制し、受精卵を作らせないように作用します。 病院で処方されているものと全く同じ薬を選びたい方におすすめです。 性行為後は72時間以内に服用することで、90%以上と高い確率で妊娠を防ぐ効果が期待できます。

    ※アフターピルは緊急時の避妊に用いる医薬品です。日常から避妊を考えている方は『低用量ピル』の使用を検討してください。

    ノルレボの類似商品

    ノルレボと同じ有効成分有効成分『レボノルゲストレル』を含むアフターピル(緊急避妊薬)は下記の通りです。 ※ノルレボと作用に違いはありませんが、価格や錠数などが異なります。

    商品ノルレボ

    ノルレボ

    ナイピル

    ナイピル

    アイピル

    アイピル

    マドンナ

    マドンナ

    アンウォンテッド72

    アンウォンテッド72

    モーニングピル

    モーニングピル

    ポスティノール

    ポスティノール

    ノルパック

    ノルパック

    価格3,320円~
    (1箱1錠入)
    2,980円~
    (1箱4錠入)
    1,200円~
    (1箱1錠入)
    1,350円~
    (1箱2錠入)
    1,420円~
    (1箱1錠入)
    1,980円~
    (1箱1錠入)
    1,350円~
    (1箱2錠入)
    1,280円~
    (1箱2錠入)
    有効成分含有量1.5mg1.5mg1.5mg0.75mg1.5mg1.5mg0.75mg0.75mg
    特徴日本初の緊急避妊薬
    先発薬
    1箱4錠入り4回分
    1回750円ほど
    予備として保管できる
    認知度が高い2回に分けて服用するタイプ
    有効成分の含有量が少ない
    比較的低価格比較的低価格2回に分けて服用するタイプ
    有効成分の含有量が少ない
    2回に分けて服用するタイプ
    有効成分の含有量が少ない
    商品ページ

    ノルレボ

    ナイピル

    アイピル

    マドンナ

    アンウォンテッド72

    モーニングピル

    ポスティノール

    ノルパック

    ※上記のアフターピルはいずれも72時間以内に服用する必要がります。72時間以上(120時間(5日以内))の服用でも緊急避妊効果が期待できるアフターピル『エラ(ella)』の取り扱いもあります。

    ノルレボの効果

    ノルレボの特徴

    ノルレボは、性行為の後72時間以内に服用することで妊娠を防ぐ効果が期待できます。 効果は服用する時刻(性行為後の経過時間)によって異なりますが、性行為の後はできるだけ早く服用することが推奨されます。

    ノルレボの作用の仕組み

    ノルレボは、『レボノルゲストレル』を有効成分とするアフターピル(緊急避妊薬)で、主に『排卵の抑制』『子宮頸管粘液の変化』『子宮内膜の変化』この3つの作用によって妊娠を防ぐ効果が期待できます。

    排卵抑制作用 女性の体は毎月卵子を作り出す準備をします。 この過程を『排卵』と言い、レボノルゲストレルには排卵を抑制する、または遅延させる効果があります。 そのため、侵入してきた精子が卵子と出会う機会が無くなり、受精することができないため妊娠を防ぎます。

    子宮頸管粘液の変化 レボノルゲストレルには、子宮頸管粘液(けいかんねんえき)の性質を変化させる作用があり、子宮頸管から分泌される粘液が濃くなることで、子宮の入口が狭くなり精子の進入を防ぎます。

    子宮内膜の変化 レボノルゲストレルは子宮の内壁を薄くして、受精卵が着床しにくい状態に変化させる効果があります。 万が一、精子が卵子と出会い受精が起こったとしても、受精卵が子宮の壁に着床できず妊娠を防ぎます。

    参考ページ 医療用医薬品|レボノルゲストレル:薬効薬理 関連ページ アフターピルの効果はいつまで続く|アフターピルの仕組みと服用時の注意点

  • エラ(アフターピル)

    売切れ

    1箱¥4,200

    ※現在欠品中です。次回入荷時期未定。

    エラ(ella)は、有効成分『ウリプリスタール酢酸エステル』を含むアフターピル(緊急避妊薬)で、『エラワン(ella One)』のジェネリック医薬品です。 一般的に知られているアフターピル『※)ノルレボ』は服用リミットが性行為後72時間(3日)以内に対して、エラは性行為後の120時間(5日)以内に服用をすることができれば避妊の効果が期待できます。 従来のアフターピルと比較しても服用可能な時間が長く、BMI:30以上の肥満気味の女性に対しても十分な効果が期待できる特徴があります。 ※)ノルレボとは『レボノルゲストレル』を有効成分とするアフターピルです。

    ※アフターピルは緊急時の避妊に用いる医薬品です。日常から避妊を考えている方は『低用量ピル』の使用を検討してください。

    エラの類似商品

    エラと同じ有効成分有効成分『ウリプリスタール酢酸エステル』を含むアフターピル(緊急避妊薬)は下記の通りです。 ※エラと作用に違いはなく、エラ同様に120時間(5日)以内に服用をすることができれば避妊の効果が期待できます。

    商品エラ(ella)

    エラ(ella)

    エラワン(ella One)

    エラワン(ella One)

    価格4,950円~
    (1箱1錠入)
    4,950円~
    (1箱1錠入)
    有効成分含有量30mg30mg
    特徴エラワンのジェネリック医薬品先発薬
    商品ページ

    エラ(ella)

    エラワン(ella One)

    ※レボノルゲストレルを有効成分とするアフターピル『ノルレボ』の取り扱いもあります。

    エラの効果

    エラの特徴

    エラは、性行為の後120時間(5日以内)以内に服用することで妊娠を防ぐ効果が期待できます。 効果は服用する時刻(性行為後の経過時間)によって異なりますが、性行為の後はできるだけ早く服用することが推奨されます。

    エラの作用の仕組み

    エラは、『ウリプリスタル酢酸エステル』を有効成分とするアフターピル(緊急避妊薬)で、主に『排卵の抑制』『子宮頸管粘液の変化』『子宮内膜の変化』この3つの作用によって妊娠を防ぐ効果が期待できます。

    排卵抑制作用 女性の体は毎月卵子を作り出す準備をします。 この過程を『排卵』と言い、ウリプリスタル酢酸エステルには排卵を抑制する、または遅延させる効果があります。 そのため、侵入してきた精子が卵子と出会う機会が無くなり、受精することができないため妊娠を防ぎます。

    子宮頸管粘液の変化 ウリプリスタル酢酸エステルには、子宮頸管粘液(けいかんねんえき)の性質を変化させる作用があり、子宮頸管から分泌される粘液が濃くなることで、子宮の入口が狭くなり精子の進入を防ぎます。

    子宮内膜の変化 ウリプリスタル酢酸エステルは子宮の内壁を薄くして、受精卵が着床しにくい状態に変化させる効果があります。 万が一、精子が卵子と出会い受精が起こったとしても、受精卵が子宮の壁に着床できず妊娠を防ぎます。

    参考ページ KEGG DRUG|ウリプリスタル酢酸エステル MSD Manuals|緊急避妊 - 18. 婦人科および産科 関連ページ アフターピルの効果はいつまで続くか|アフターピルの仕組みと服用時の注意点

  • マドンナ(アフターピル)

    在庫あり

    1箱¥945

    マドンナは、有効成分『レボノルゲストレル』を含むアフターピル(緊急避妊薬)で、国内で緊急避妊薬として承認されているノルレボのジェネリック医薬品です。 避妊に失敗した、または適切な避妊を講じなかった際に、妊娠を防ぐ目的で使用される緊急避妊薬で、性行為後すぐに服用することで排卵を抑制し、受精卵を作らせないように作用します。 1回1錠(レボノルゲストレル1.5mg)服用のアフターピルが多い中、マドンナは1錠に含まれるレボノルゲストレルが0.75mgのため2錠を2回に分けて服用します。 1錠に含まれる成分量が少ないため副作用が出にくい特徴があります。>

    ※アフターピルは緊急時の避妊に用いる医薬品です。日常から避妊を考えている方は『低用量ピル』の使用を検討してください。

    マドンナの類似商品

    マドンナと同じ有効成分有効成分『レボノルゲストレル』を含むアフターピル(緊急避妊薬)は下記の通りです。 ※マドンナと作用に違いはありませんが、価格や錠数などが異なります。

    商品マドンナ

    マドンナ

    ノルレボ

    ノルレボ

    ナイピル

    ナイピル

    アイピル

    アイピル

    アンウォンテッド72

    アンウォンテッド72

    モーニングピル

    モーニングピル

    ポスティノール

    ポスティノール

    ノルパック

    ノルパック

    価格1,350円~
    (1箱2錠入)
    3,320円~
    (1箱1錠入)
    2,980円~
    (1箱4錠入)
    1,200円~
    (1箱1錠入)
    1,420円~
    (1箱1錠入)
    1,980円~
    (1箱1錠入)
    1,350円~
    (1箱2錠入)
    1,280円~
    (1箱2錠入)
    有効成分含有量0.75mg1.5mg1.5mg1.5mg1.5mg1.5mg0.75mg0.75mg
    特徴2回に分けて服用するタイプ
    有効成分の含有量が少ない
    日本初の緊急避妊薬
    先発薬
    1箱4錠入り4回分
    1回750円ほど
    予備として保管できる
    認知度が高い比較的低価格比較的低価格2回に分けて服用するタイプ
    有効成分の含有量が少ない
    2回に分けて服用するタイプ
    有効成分の含有量が少ない
    商品ページ

    マドンナ

    ノルレボ

    ナイピル

    アイピル

    アンウォンテッド72

    モーニングピル

    ポスティノール

    ノルパック

    ※上記のアフターピルはいずれも72時間以内に服用する必要がります。72時間以上(120時間(5日以内))の服用でも緊急避妊効果が期待できるアフターピル『エラ(ella)』の取り扱いもあります。

    マドンナの効果

    マドンナは、性行為の後72時間以内に服用することで妊娠を防ぐ効果が期待できます。 効果は服用する時刻(性行為後の経過時間)によって異なりますが、性行為の後はできるだけ早く服用することが推奨されます。

    マドンナの作用の仕組み

    マドンナは、『レボノルゲストレル』を有効成分とするアフターピル(緊急避妊薬)で、主に『排卵の抑制』『子宮頸管粘液の変化』『子宮内膜の変化』この3つの作用によって妊娠を防ぐ効果が期待できます。

    排卵抑制作用 女性の体は毎月卵子を作り出す準備をします。 この過程を『排卵』と言い、レボノルゲストレルには排卵を抑制する、または遅延させる効果があります。 そのため、侵入してきた精子が卵子と出会う機会が無くなり、受精することができないため妊娠を防ぎます。

    子宮頸管粘液の変化 レボノルゲストレルには、子宮頸管粘液(けいかんねんえき)の性質を変化させる作用があり、子宮頸管から分泌される粘液が濃くなることで、子宮の入口が狭くなり精子の進入を防ぎます。

    子宮内膜の変化 レボノルゲストレルは子宮の内壁を薄くして、受精卵が着床しにくい状態に変化させる効果があります。 万が一、精子が卵子と出会い受精が起こったとしても、受精卵が子宮の壁に着床できず妊娠を防ぎます。

    参考ページ 医療用医薬品|レボノルゲストレル:薬効薬理 関連ページ アフターピルの効果はいつまで続くか|アフターピルの仕組みと服用時の注意点

  • アンウォンテッド72(アフターピル)

    在庫あり

    1箱¥994

    アンウォンテッド72は、有効成分『レボノルゲストレル』を含むアフターピル(緊急避妊薬)で、国内で緊急避妊薬として承認されているノルレボのジェネリック医薬品です。 避妊に失敗した、または適切な避妊を講じなかった際に、妊娠を防ぐ目的で使用される緊急避妊薬で、性行為後すぐに服用することで排卵を抑制し、受精卵を作らせないように作用します。 性行為後は72時間以内に服用することで、90%以上と高い確率で妊娠を防ぐ効果が期待できます。 ノルレボと同一成分でありながら半額以下の価格で購入できるのが特徴です。

    ※アフターピルは緊急時の避妊に用いる医薬品です。日常から避妊を考えている方は『低用量ピル』の使用を検討してください。

    アンウォンテッド72の類似商品

    アンウォンテッド72と同じ有効成分有効成分『レボノルゲストレル』を含むアフターピル(緊急避妊薬)は下記の通りです。 ※アンウォンテッド72と作用に違いはありませんが、価格や錠数などが異なります。

    商品アンウォンテッド72

    アンウォンテッド72

    ノルレボ

    ノルレボ

    ナイピル

    ナイピル

    アイピル

    アイピル

    マドンナ

    マドンナ

    モーニングピル

    モーニングピル

    ポスティノール

    ポスティノール

    ノルパック

    ノルパック

    価格1,420円~
    (1箱1錠入)
    3,320円~
    (1箱1錠入)
    2,980円~
    (1箱4錠入)
    1,200円~
    (1箱1錠入)
    1,350円~
    (1箱2錠入)
    1,980円~
    (1箱1錠入)
    1,350円~
    (1箱2錠入)
    1,280円~
    (1箱2錠入)
    有効成分含有量1.5mg1.5mg1.5mg1.5mg0.75mg1.5mg0.75mg0.75mg
    特徴比較的低価格日本初の緊急避妊薬
    先発薬
    1箱4錠入り4回分
    1回750円ほど
    予備として保管できる
    認知度が高い2回に分けて服用するタイプ
    有効成分の含有量が少ない
    比較的低価格2回に分けて服用するタイプ
    有効成分の含有量が少ない
    2回に分けて服用するタイプ
    有効成分の含有量が少ない
    商品ページ

    アンウォンテッド72

    ノルレボ

    ナイピル

    アイピル

    マドンナ

    モーニングピル

    ポスティノール

    ノルパック

    ※上記のアフターピルはいずれも72時間以内に服用する必要がります。72時間以上(120時間(5日以内))の服用でも緊急避妊効果が期待できるアフターピル『エラ(ella)』の取り扱いもあります。

    アンウォンテッド72の効果

    アンウォンテッド72は、性行為の後72時間以内に服用することで妊娠を防ぐ効果が期待できます。 効果は服用する時刻(性行為後の経過時間)によって異なりますが、性行為の後はできるだけ早く服用することが推奨されます。

    アンウォンテッド72の作用の仕組み

    アンウォンテッド72は、『レボノルゲストレル』を有効成分とするアフターピル(緊急避妊薬)で、主に『排卵の抑制』『子宮頸管粘液の変化』『子宮内膜の変化』この3つの作用によって妊娠を防ぐ効果が期待できます。

    排卵抑制作用 女性の体は毎月卵子を作り出す準備をします。 この過程を『排卵』と言い、レボノルゲストレルには排卵を抑制する、または遅延させる効果があります。 そのため、侵入してきた精子が卵子と出会う機会が無くなり、受精することができないため妊娠を防ぎます。

    子宮頸管粘液の変化 レボノルゲストレルには、子宮頸管粘液(けいかんねんえき)の性質を変化させる作用があり、子宮頸管から分泌される粘液が濃くなることで、子宮の入口が狭くなり精子の進入を防ぎます。

    子宮内膜の変化 レボノルゲストレルは子宮の内壁を薄くして、受精卵が着床しにくい状態に変化させる効果があります。 万が一、精子が卵子と出会い受精が起こったとしても、受精卵が子宮の壁に着床できず妊娠を防ぎます。

    参考ページ 医療用医薬品|レボノルゲストレル:薬効薬理 関連ページ アフターピルの効果はいつまで続くか|アフターピルの仕組みと服用時の注意点

  • モーニングピル(アフターピル)

    売切れ

    1錠¥1,485

    ※在庫なし。次回7月下旬入荷予定。 ※ご注文時期によりパッケージが異なる場合がございます。

    モーニングピルは、有効成分『レボノルゲストレル』を含むアフターピル(緊急避妊薬)で、国内で緊急避妊薬として承認されているノルレボのジェネリック医薬品です。 避妊に失敗した、または適切な避妊を講じなかった際に、妊娠を防ぐ目的で使用される緊急避妊薬で、性行為後すぐに服用することで排卵を抑制し、受精卵を作らせないように作用します。 性行為後は72時間以内に服用することで、90%以上と高い確率で妊娠を防ぐ効果が期待できます。

    ※アフターピルは緊急時の避妊に用いる医薬品です。日常から避妊を考えている方は『低用量ピル』の使用を検討してください。

    モーニングピルの類似商品

    モーニングピルと同じ有効成分有効成分『レボノルゲストレル』を含むアフターピル(緊急避妊薬)は下記の通りです。 ※モーニングピルと作用に違いはありませんが、価格や錠数などが異なります。

    商品モーニングピル

    モーニングピル

    ノルレボ

    ノルレボ

    ナイピル

    ナイピル

    アイピル

    アイピル

    マドンナ

    マドンナ

    アンウォンテッド72

    アンウォンテッド72

    ポスティノール

    ポスティノール

    ノルパック

    ノルパック

    価格1,980円~
    (1箱1錠入)
    3,320円~
    (1箱1錠入)
    2,980円~
    (1箱4錠入)
    1,200円~
    (1箱1錠入)
    1,350円~
    (1箱2錠入)
    1,420円~
    (1箱1錠入)
    1,350円~
    (1箱2錠入)
    1,280円~
    (1箱2錠入)
    有効成分含有量1.5mg1.5mg1.5mg1.5mg0.75mg1.5mg0.75mg0.75mg
    特徴比較的低価格日本初の緊急避妊薬
    先発薬
    1箱4錠入り4回分
    1回750円ほど
    予備として保管できる
    認知度が高い2回に分けて服用するタイプ
    有効成分の含有量が少ない
    比較的低価格2回に分けて服用するタイプ
    有効成分の含有量が少ない
    2回に分けて服用するタイプ
    有効成分の含有量が少ない
    商品ページ

    モーニングピル

    ノルレボ

    ナイピル

    アイピル

    マドンナ

    アンウォンテッド72

    ポスティノール

    ノルパック

    ※上記のアフターピルはいずれも72時間以内に服用する必要がります。72時間以上(120時間(5日以内))の服用でも緊急避妊効果が期待できるアフターピル『エラ(ella)』の取り扱いもあります。

    モーニングピルの効果

    モーニングピルは、性行為の後72時間以内に服用することで妊娠を防ぐ効果が期待できます。 効果は服用する時刻(性行為後の経過時間)によって異なりますが、性行為の後はできるだけ早く服用することが推奨されます。

    モーニングピルの作用の仕組み

    モーニングピルは、『レボノルゲストレル』を有効成分とするアフターピル(緊急避妊薬)で、主に『排卵の抑制』『子宮頸管粘液の変化』『子宮内膜の変化』この3つの作用によって妊娠を防ぐ効果が期待できます。

    排卵抑制作用 女性の体は毎月卵子を作り出す準備をします。 この過程を『排卵』と言い、レボノルゲストレルには排卵を抑制する、または遅延させる効果があります。 そのため、侵入してきた精子が卵子と出会う機会が無くなり、受精することができないため妊娠を防ぎます。

    子宮頸管粘液の変化 レボノルゲストレルには、子宮頸管粘液(けいかんねんえき)の性質を変化させる作用があり、子宮頸管から分泌される粘液が濃くなることで、子宮の入口が狭くなり精子の進入を防ぎます。

    子宮内膜の変化 レボノルゲストレルは子宮の内壁を薄くして、受精卵が着床しにくい状態に変化させる効果があります。 万が一、精子が卵子と出会い受精が起こったとしても、受精卵が子宮の壁に着床できず妊娠を防ぎます。

    参考ページ 医療用医薬品|レボノルゲストレル:薬効薬理 関連ページ アフターピルの効果はいつまで続くか|アフターピルの仕組みと服用時の注意点

  • ポスティノール(アフターピル)

    在庫あり

    1箱¥1,080

    ポスティノールは、有効成分『レボノルゲストレル』を含むアフターピル(緊急避妊薬)で、国内で緊急避妊薬として承認されているノルレボのジェネリック医薬品です。 避妊に失敗した、または適切な避妊を講じなかった際に、妊娠を防ぐ目的で使用される緊急避妊薬で、性行為後すぐに服用することで排卵を抑制し、受精卵を作らせないように作用します。 1回1錠(レボノルゲストレル1.5mg)服用のアフターピルが多い中、ポスティノールは1錠に含まれるレボノルゲストレルが0.75mgのため2錠を2回に分けて服用します。 1錠に含まれる成分量が少ないため副作用が出にくい特徴があります。>

    ※アフターピルは緊急時の避妊に用いる医薬品です。日常から避妊を考えている方は『低用量ピル』の使用を検討してください。

    ポスティノールの類似商品

    ポスティノールと同じ有効成分有効成分『レボノルゲストレル』を含むアフターピル(緊急避妊薬)は下記の通りです。 ※ポスティノールと作用に違いはありませんが、価格や錠数などが異なります。

    商品ポスティノール

    ポスティノール

    ノルレボ

    ノルレボ

    ナイピル

    ナイピル

    アイピル

    アイピル

    マドンナ

    マドンナ

    アンウォンテッド72

    アンウォンテッド72

    モーニングピル

    モーニングピル

    ノルパック

    ノルパック

    価格1,350円~
    (1箱2錠入~)
    3,320円~
    (1箱1錠入~)
    2,980円~
    (1箱4錠入~)
    1,200円~
    (1箱1錠入~)
    1,350円~
    (1箱2錠入~)
    1,420円~
    (1箱1錠入~)
    1,980円~
    (1箱1錠入~)
    1,280円~
    (1箱2錠入~)
    有効成分含有量0.75mg1.5mg1.5mg1.5mg0.75mg1.5mg1.5mg0.75mg
    特徴2回に分けて服用するタイプ
    有効成分の含有量が少ない
    日本初の緊急避妊薬
    先発薬
    1箱4錠入り4回分
    1回750円ほど
    予備として保管できる
    認知度が高い2回に分けて服用するタイプ
    有効成分の含有量が少ない
    比較的低価格比較的低価格2回に分けて服用するタイプ
    有効成分の含有量が少ない
    商品ページ

    ポスティノール

    ノルレボ

    ナイピル

    アイピル

    マドンナ

    アンウォンテッド72

    モーニングピル

    ノルパック

    ※上記のアフターピルはいずれも72時間以内に服用する必要がります。72時間以上(120時間(5日以内))の服用でも緊急避妊効果が期待できるアフターピル『エラ(ella)』の取り扱いもあります。

    ポスティノールの効果

    ポスティノールは、性行為の後72時間以内に服用することで妊娠を防ぐ効果が期待できます。 効果は服用する時刻(性行為後の経過時間)によって異なりますが、性行為の後はできるだけ早く服用することが推奨されます。

    ポスティノールの作用の仕組み

    ポスティノールは、『レボノルゲストレル』を有効成分とするアフターピル(緊急避妊薬)で、主に『排卵の抑制』『子宮頸管粘液の変化』『子宮内膜の変化』この3つの作用によって妊娠を防ぐ効果が期待できます。

    排卵抑制作用 女性の体は毎月卵子を作り出す準備をします。 この過程を『排卵』と言い、レボノルゲストレルには排卵を抑制する、または遅延させる効果があります。 そのため、侵入してきた精子が卵子と出会う機会が無くなり、受精することができないため妊娠を防ぎます。

    子宮頸管粘液の変化 レボノルゲストレルには、子宮頸管粘液(けいかんねんえき)の性質を変化させる作用があり、子宮頸管から分泌される粘液が濃くなることで、子宮の入口が狭くなり精子の進入を防ぎます。

    子宮内膜の変化 レボノルゲストレルは子宮の内壁を薄くして、受精卵が着床しにくい状態に変化させる効果があります。 万が一、精子が卵子と出会い受精が起こったとしても、受精卵が子宮の壁に着床できず妊娠を防ぎます。

    参考ページ 医療用医薬品|レボノルゲストレル:薬効薬理 関連ページ アフターピルの効果はいつまで続くか|レアフターピルの仕組みと服用時の注意点

  • ノルパック(アフターピル)

    在庫あり

    1箱¥1,024

    ノルパックは、有効成分『レボノルゲストレル』を含むアフターピル(緊急避妊薬)で、国内で緊急避妊薬として承認されているノルレボのジェネリック医薬品です。 避妊に失敗した、または適切な避妊を講じなかった際に、妊娠を防ぐ目的で使用される緊急避妊薬で、性行為後すぐに服用することで排卵を抑制し、受精卵を作らせないように作用します。 1回1錠(レボノルゲストレル1.5mg)服用のアフターピルが多い中、ノルパックは1錠に含まれるレボノルゲストレルが0.75mgのため2錠を2回に分けて服用します。 1錠に含まれる成分量が少ないため副作用が出にくい特徴があります。>

    ※アフターピルは緊急時の避妊に用いる医薬品です。日常から避妊を考えている方は『低用量ピル』の使用を検討してください。

    ノルパックの類似商品

    ノルパックと同じ有効成分有効成分『レボノルゲストレル』を含むアフターピル(緊急避妊薬)は下記の通りです。 ※ノルパックと作用に違いはありませんが、価格や錠数などが異なります。

    商品ノルパック

    ノルパック

    ノルレボ

    ノルレボ

    ナイピル

    ナイピル

    アイピル

    アイピル

    マドンナ

    マドンナ

    アンウォンテッド72

    アンウォンテッド72

    モーニングピル

    モーニングピル

    ポスティノール

    ポスティノール

    価格1,280円~
    (1箱2錠入)
    3,320円~
    (1箱1錠入)
    2,980円~
    (1箱4錠入)
    1,200円~
    (1箱1錠入)
    1,350円~
    (1箱2錠入)
    1,420円~
    (1箱1錠入)
    1,980円~
    (1箱1錠入)
    1,350円~
    (1箱2錠入)
    有効成分含有量0.75mg1.5mg1.5mg1.5mg0.75mg1.5mg1.5mg0.75mg
    特徴2回に分けて服用するタイプ
    有効成分の含有量が少ない
    日本初の緊急避妊薬
    先発薬
    1箱4錠入り4回分
    1回750円ほど
    予備として保管できる
    認知度が高い2回に分けて服用するタイプ
    有効成分の含有量が少ない
    比較的低価格比較的低価格2回に分けて服用するタイプ
    有効成分の含有量が少ない
    商品ページ

    ノルパック

    ノルレボ

    ナイピル

    アイピル

    マドンナ

    アンウォンテッド72

    モーニングピル

    ポスティノール

    ※上記のアフターピルはいずれも72時間以内に服用する必要がります。72時間以上(120時間(5日以内))の服用でも緊急避妊効果が期待できるアフターピル『エラ(ella)』の取り扱いもあります。

    ノルパックの効果

    ノルパックは、性行為の後72時間以内に服用することで妊娠を防ぐ効果が期待できます。 効果は服用する時刻(性行為後の経過時間)によって異なりますが、性行為の後はできるだけ早く服用することが推奨されます。

    ノルパックの作用の仕組み

    ノルパックは、『レボノルゲストレル』を有効成分とするアフターピル(緊急避妊薬)で、主に『排卵の抑制』『子宮頸管粘液の変化』『子宮内膜の変化』この3つの作用によって妊娠を防ぐ効果が期待できます。

    排卵抑制作用 女性の体は毎月卵子を作り出す準備をします。 この過程を『排卵』と言い、レボノルゲストレルには排卵を抑制する、または遅延させる効果があります。 そのため、侵入してきた精子が卵子と出会う機会が無くなり、受精することができないため妊娠を防ぎます。

    子宮頸管粘液の変化 レボノルゲストレルには、子宮頸管粘液(けいかんねんえき)の性質を変化させる作用があり、子宮頸管から分泌される粘液が濃くなることで、子宮の入口が狭くなり精子の進入を防ぎます。

    子宮内膜の変化 レボノルゲストレルは子宮の内壁を薄くして、受精卵が着床しにくい状態に変化させる効果があります。 万が一、精子が卵子と出会い受精が起こったとしても、受精卵が子宮の壁に着床できず妊娠を防ぎます。

    参考ページ 医療用医薬品|レボノルゲストレル:薬効薬理 関連ページ アフターピルの効果はいつまで続くか|アフターピルの仕組みと服用時の注意点

  • エラワン(アフターピル)

    売切れ

    1箱¥3,960

    エラワン(ella One)は、有効成分『ウリプリスタール酢酸エステル』を含むアフターピル(緊急避妊薬)で、国内では子宮筋腫治療や月経過多における治療薬として使用されている医薬品です。 一般的に知られているアフターピル『※)ノルレボ』は服用リミットが性行為後72時間(3日)以内に対して、エラワンは性行為後の120時間(5日)以内に服用をすることができれば避妊の効果が期待できます。 従来のアフターピルと比較しても服用可能な時間が長く、BMI:30以上の肥満気味の女性に対しても十分な効果が期待できる特徴があります。 現在品切れ中のため、同一成分であるエラ(ella)をご利用ください。 ※)ノルレボとは『レボノルゲストレル』を有効成分とするアフターピルです。

    ※アフターピルは緊急時の避妊に用いる医薬品です。日常から避妊を考えている方は『低用量ピル』の使用を検討してください。

    エラワンの類似商品

    エラワンと同じ有効成分有効成分『ウリプリスタール酢酸エステル』を含むアフターピル(緊急避妊薬)は下記の通りです。 ※エラワンと作用に違いはなく、エラワン同様に120時間(5日)以内に服用をすることができれば避妊の効果が期待できます。

    商品エラワン(ella One)

    エラワン(ella One)

    エラ(ella)

    エラ(ella)

    価格4,950円~
    (1箱1錠入)
    4,950円~
    (1箱1錠入)
    有効成分含有量30mg30mg
    特徴先発薬エラワンのジェネリック医薬品
    商品ページ

    エラワン(ella One)

    エラ(ella)

    ※レボノルゲストレルを有効成分とするアフターピル『ノルレボ』の取り扱いもあります。

    エラワンの効果

    エラワンは、性行為の後120時間以内に服用することで妊娠を防ぐ効果が期待できます。 効果は服用する時刻(性行為後の経過時間)によって異なりますが、性行為の後はできるだけ早く服用することが推奨されます。

    エラワンの作用の仕組み

    エラワンは、『ウリプリスタル酢酸エステル』を有効成分とするアフターピル(緊急避妊薬)で、主に『排卵の抑制』『子宮頸管粘液の変化』『子宮内膜の変化』この3つの作用によって妊娠を防ぐ効果が期待できます。

    排卵抑制作用 女性の体は毎月卵子を作り出す準備をします。 この過程を『排卵』と言い、ウリプリスタル酢酸エステルには排卵を抑制する、または遅延させる効果があります。 そのため、侵入してきた精子が卵子と出会う機会が無くなり、受精することができないため妊娠を防ぎます。

    子宮頸管粘液の変化 ウリプリスタル酢酸エステルには、子宮頸管粘液(けいかんねんえき)の性質を変化させる作用があり、子宮頸管から分泌される粘液が濃くなることで、子宮の入口が狭くなり精子の進入を防ぎます。

    子宮内膜の変化 ウリプリスタル酢酸エステルは子宮の内壁を薄くして、受精卵が着床しにくい状態に変化させる効果があります。 万が一、精子が卵子と出会い受精が起こったとしても、受精卵が子宮の壁に着床できず妊娠を防ぎます。

    参考ページ KEGG DRUG|ウリプリスタル酢酸エステル MSD Manuals|緊急避妊 - 18. 婦人科および産科 関連ページ アフターピルの効果はいつまで続くか|アフターピルの仕組みと服用時の注意点

アフターピルとは

アフターピルは、何らかの原因で避妊に失敗した場合や避妊を忘れてしまった場合に、妊娠を避けるために飲む『緊急避妊薬』に該当する避妊薬ピルです。

薬の種類によって避妊率は異なりますが、性行為から24時間以内の服用で約95%避妊できるとされています。

避妊に失敗した際アフターピルを使うことで、望まない妊娠を事前に防ぐことができます。

アフターピルの種類と特徴

現在、アフターピルには下記の3種類が存在します。

商品名 ノルレボ

ノルレボ

エラ

エラ

プラノバール(ヤッペ法)

プラノバール(ヤッペ法)

有効成分 レボノルゲストレル:1.5mg ウリプリスタール酢酸エステル:30mg ノルゲストレル、エチニルエストラジオール
使用方法 3日(72時間)以内に1錠服用 5日(120時間)以内に1錠服用 3日(72時間)以内に2錠服用
最初の服用から12時間後に再度2錠を服用
妊娠阻止率 1日(24時間)以内:95%
3日(72時間)以内:58%
1日(24時間)以内:95%以上
5日(120時間)以内:85%
1日(24時間)以内:77%
3日(72時間)以内:31%
価格 1箱1錠入:3,320円 1箱1錠入:4,950円 1箱20錠入:1,700円
商品一覧 ノルレボの通販ページはコチラ エラの通販ページはコチラ オブラルGの通販ページはコチラ

アフターピルは避妊失敗から一定期間内に服用することで、強制的に妊娠を防ぐことができますが、種類によって効果が発揮される時間や副作用が異なります

望まない妊娠をきちんと防ぐためにも服用タイミングや副作用を事前に確認して大きましょう。

また、アフターピルはあくまで緊急用の医薬品のため、体への負担も軽くはなく、頻繁な服用は推奨されていません

日常的に避妊を行いたい方や、妊娠を希望されない方は、低用量ピルの服用もご検討ください。

生理痛や生理不順、PMSなどの悩みの改善に期待できるピルをお探しの方は『超低用量ピル』をご確認ください。

アフターピルの効果

アフターピルは性行為後に服用することで、高確率で妊娠を阻止することが出来る薬です。

日本では、一般的にはノルレボとエラが処方・使用されています。

ここではアフターピルがどのように妊娠を阻止するのか、また、避妊の成功率避妊に成功したサインについて解説していきます。

アフターピルの作用について

アフターピルは服用タイミングが排卵前か後かによって異なる作用で避妊を行います。

■排卵前に服用した場合

アフターピル服用後の生理タイミング(排卵前服用)

排卵前に避妊失敗しアフターピルを服用した場合は、排卵を抑制する作用が働き、服用から2日〜2週間後を目安に消退出血(生理に似た出血)が起こるとされています。

その後、何事も問題がなければ生理予定日付近で生理がくるとされています。

■排卵後に服用した場合

アフターピル服用後の生理タイミング(排卵後服用)

排卵後に避妊失敗しアフターピルを服用した場合は、子宮内膜の増殖を抑制する働きにより受精卵が着床できない環境を作り出すことができます。

無事避妊に成功すると消退出血が起こりますが、生理予定日付近で生理と一緒のタイミングに消退出血が起こることが多いとされています。

そのため、排卵後の服用であれば生理を確認することができれば避妊成功と捉えてもらって問題ありません。

アフターピルの服用後、生理予定日を1週間以上過ぎても出血がない(生理がこない)場合は避妊に失敗し妊娠している可能性があるため、妊娠検査薬での確認やクリニックの受診をしてください。

参考ページ
PILCON:緊急避妊薬・アフターピル | 1.緊急避妊薬(アフターピル)とは?

アフターピルの避妊成功率について

アフターピルの避妊成功率は、アフターピルの種類や服用タイミングによって異なります。

避妊に失敗してからアフターピル服用までの時間が空くほど、避妊成功率は下がってしまいます。

可能な限り早めの服用を心がけましょう。

アフターピルの避妊成功率

日本で初めて緊急避妊薬として承認されたノルレボは、性行為から3日(72時間)以内に服用することで、高い避妊効果を発揮します。

また、エラは性行為から5日(120時間)以内まで服用可能なアフターピルで、避妊成功率は性行為から5日以内であれば99%とされています。

一方、プラノバールは本来緊急避妊薬ではなく、中用量ピルに分類されます。

ヤッぺ法では緊急避妊として用いられ、性行為から3日(72時間)以内、プラノバール2錠を12時間ごとに2回(計4錠)飲むことで避妊効果が得られます。

参考ページ
緊急避妊法の適正使用に関する指針|第二章 緊急避妊薬(レボノルゲストレル単剤)

アフターピルでの避妊が成功したサイン

アフターピルで避妊できたかの確認方法

アフターピルを服用した後、避妊が問題なく行えたか消退出血の有無などで確認が可能です。

アフターピルでの避妊成功のポイント
  • 消退出血が起こる
  • 月経が始まる
  • 妊娠検査薬で陰性

上記避妊成功のポイントに関して、アフターピル服用後から2日~4週間にかけて確認することができます。

また、消退出血などが起こった場合でも、避妊成功の消退出血ではなく不正出血の可能性も考えられます。

自身の状態を十分確認し、不安があれば医師へご相談ください。

参考ページ
「避妊・家族計画-提供者のためのグローバルハンドブック2018年版第3章緊急避妊薬

アフターピルの服用方法

アフターピルは、種類によって服用方法が異なります。

それぞれの服用方法について説明していきます。

ノルレボの服用方法

ノルレボの特徴

性行為から3日(72時間)以内に1錠(レボノルゲストレル1.5㎎)を服用してください。

服用後2時間以内に嘔吐した場合は、薬の効果が得られない可能性があります。
その場合は再度服用してください。

ただし、嘔吐をしたのがノルレボ服用から2時間後以降であれば問題はないと言われています。

ノルレボの服用時間ごとの妊娠阻止率
  • 24時間以内:95%
  • 48時間以内:85%
  • 72時間以内:58%

エラの服用方法

エラの特徴

性行為から5日(120時間)以内に1錠(ウリプスタール酢酸エステル30㎎)を服用してください。

服用後3時間以内に嘔吐した場合は、薬の効果が得られない可能性があります。
その場合は再度服用してください。

エラの服用時間ごとの妊娠阻止率
  • 24時間以内:95%以上
  • 72時間以内:95%
  • 120時間以内:85%

プラノバール(ヤッペ法)の服用方法

性行為から3日(72時間)以内に、中用量ピルを2錠服用します。

その後12時間経ってから、さらに2錠追加して服用します。

2回目の服用を忘れると避妊効果が減退する恐れがありますので、絶対に忘れないようにしてください。

服用後3時間以内に嘔吐した場合は、薬の効果が得られない可能性があります。
その場合は再度服用してください。

プラノバールの服用時間ごとの妊娠阻止率
  • 24時間以内:77%
  • 48時間以内:36%
  • 72時間以内:31%

アフターピルの副作用

ノルレボやエラなどのアフターピルについては、副作用は軽く、ほどんど症状がでないという方もいます。

ただし、医薬品のため他の薬と同様に副作用を起こす可能性があるため、注意が必要です。

それぞれの副作用について、また副作用が強い場合の対処方法についてそれぞれ解説していきます。

ノルレボの副作用

ノルレボの副作用

ノルレボは比較的、副作用が少ないとされており安全性の高い薬になります。

しかし、場合によっては下記のような症状が起こることがあります。

・悪心

・下腹部痛

・嘔吐

・不正出血

・頭痛

・めまい

・乳房のハリ

・眠気

ノルレボ服用後、3日以降に出る出血を「消退出血」と言い、生理のような出血が2~3日続きます。

この出血が避妊成功のサインともされていますが、確認できないからといって避妊失敗というわけではありません。

不正出血の可能性もありますので、判断に迷う場合は医師にご相談ください。

なお、ノルレボで起こりやすい副作用と発現率は悪心23%、下腹部痛18%と報告されています。

参考ページ
緊急避妊法の適正使用に関する指針(平成 28 年度改訂版)

エラの副作用

エラの副作用

エラもノルレボ同様に、副作用が少ないとされており安全性の高い薬になります。

しかし、場合によっては下記のような症状が起こることがあります。

・悪心

・嘔吐

・不正出血

・頭痛

・倦怠感

・めまい

・不快感

・下腹部の痛み

・月経困難症

エラの場合も、消退出血が起こる場合があるため、あらかじめ生理用ナプキンを着用しておくと安心です。

消退出血と不正出血の区別が難しい場合がございますので、必要であれば医師にご相談ください。

参考ページ
ella (ulipristal acetate) tablet

プラノバール(ヤッペ法)の副作用

プラノバール(ヤッペ法)の副作用

プラノバール(ヤッペ法)で起こりうる副作用は、次の通りです。

・悪心

・下腹部痛

・嘔吐

・不正出血

・頭痛

・めまい

・乳房のハリ

プラノバールの副作用が落ち着くまでの時間の目安は服用から24時間以内とされています。

また、2回服用する必要があるため、2回とも24時間程度の副作用が出る恐れがあります。
そのため、他の緊急避妊法と比較して、副作用の症状が現れる時間が長いのが特徴です。

参考ページ
プラノバール配合錠

副作用が強い場合の対処法

アフターピルの副作用の対処方法

アフターピル服用後、副作用が強い場合は、市販薬を併用することも可能です。

吐き気を催す場合は吐き気止めを、頭痛や発熱、腹痛などの症状が強い場合は頭痛薬や解熱剤、胃腸薬などを併用しても問題ありません。

ただし、薬によっては飲み合わせができないものもあるため、注意が必要です。

そのため、アフターピルを服用する際は、吐き気止めを用意しておくそれでも症状が治まらない、また数日経過しても症状が続く場合は医師にご相談ください。

また、胃痛を防ぐために食後に服用する方法や眠気の副作用を軽減するためにカフェインを摂取することも可能です。

アフターピル服用時の注意点

アフターピル服用時の注意点

アフターピルの服用は体への負担も大きいため、吐き気などの副作用が強くあらわれる場合もあります。

また、避妊成功のサインとされている消退出血についても確認する必要があるため、注意すべき点がいくつかあります。

吐き気の症状が出た場合の対処方法や消退出血の有無について、詳しく解説していきます。

服用後の吐き気に注意

アフターピルの服用で起こる副作用は通常24時間程度で治まりますが、中でも注意が必要なのが吐き気・嘔吐です。

服用から2時間以内に嘔吐をしてしまうと、薬の成分が吸収しきれず、薬の効果が十分に発揮できずに避妊に失敗してしまう可能性が高くなってしまいます

そのため、アフターピルを服用する際は、吐き気止めを用意しておくといいでしょう。

もしアフターピルを服用して2時間以内に嘔吐してしまった場合は、再度服用する必要があります。

消退出血の有無の確認

アフターピル服用後は、一般的に出血(消退出血)の有無によって、妊娠を回避できたかを判断します。

出血までの期間はアフターピル服用の時期により、早い方で2~3日、遅い方で3週間程度と個人差があります。

すぐに出血がなくても慌てずに待ちましょう。

また、次の生理までの性交で妊娠する可能性があるため、低用量ピルの服用や、コンドームなどで確実な避妊を行ってください。

月経予定日を1週間過ぎても出血がない場合には、妊娠検査薬を使用してください。

アフターピルの効果を減退させる薬やサプリを飲んでいないか確認

アフターピルには併用することで緊急避妊の効果を減退させる薬やサプリが存在します

下記の薬やサプリは、相互作用によりアフターピルの効果を減弱させるとされています。

・抗けいれん薬
・抗HIVウイルス薬
・セイヨウオトギリソウを含むサプリ、など

これらの医薬品はアフターピルに含まれる成分を代謝を促進するため、緊急避妊効果が落ちるとされています。

アフターピルの服用前後では、上記を含む薬やサプリの服用を控えてください。

参考ページ
ノルレボ錠1.5mg

アフターピルの購入方法

アフターピルは医療医薬品に分類されるため、基本的に薬局などで購入することはできません

そのため、アフターピルを購入したい場合は下記の3つの方法が挙げられます。

アフターピルは緊急性を要する際に使用するもののため、タイムリミットがあります。

それぞれの購入方法や特徴を知り、状況に合った購入方法を選択することが大切です。

アフターピルの入手方法別での価格比較

病院処方

一般的にアフターピルは病院で処方してもらいます。

問診のみで処方してもらえることが大半で、検査や内診を受ける必要はありません

ただし、アフターピルは自由診療になるため、一般的に処方されるノルレボの場合でも1錠あたり10,000~20,000円と高額になりがちです。

病院処方がオススメの方
  • 今すぐアフターピルが必要な方
  • 医師に直接相談したい方

オンライン処方

アフターピルは、オンライン処方での購入も可能です。

オンライン処方とは、あらかじめネットで診察予約をして医師のオンライン診療を受けることで、低用量ピルが自宅まで届くというサービスです。

病院へ行かずにアフターピルを購入できるため大変便利なサービスですが、薬代以外にも診察費や手数料が別途かかることがあります

また、薬を発送してもらう場合は時間がかかってしまうため、受け取り方法には注意が必要です。

オンライン処方がオススメの方
  • 今すぐアフターピルが必要な方
  • 誰にも知られずに服用したい方

通販購入

低用量ピルは医療用医薬品に該当するため、通販サイトでは購入できませんが、個人輸入代行サイトでは、日本で処方されているものと同様の有効成分が含まれたアフターピルを安く購入することができます

病院処方やオンライン処方と違い、医師の診察が不要のため、24時間いつでも注文することが可能です。

ただし、海外発送のため注文から到着まで時間がかかってしまうため、今すぐアフターピルが必要な場合は病院やオンライン処方で、もしもの時の備える場合は個人輸入代行サイトを使用するなど、使い分けるといいでしょう。

※個人で使用する場合に限り、個人輸入代行サイトにて購入することができます。

通販購入がオススメの方
  • もしもの時に備えて持っておきたい方
  • 安く購入したい方
  • 誰にも知られずに服用したい方

アフターピルのQ&A

アフターピルに関するよくある質問をまとめてみました。

アフターピル服用後は、子宮内膜が剥がれ落ちて出血します。

この出血を『消退出血(しょうたいしゅっけつ)』と言い、消退出血の後に月経(生理)があれば、避妊に成功したと判断する目安になります。

消退出血がなくても、アフターピル服用後3週間以内に月経が確認できれば避妊に成功したと言えます。

一方で、アフターピル服用後、10日ほど経過しているにも関わらず月経が確認できない場合は、避妊に失敗している可能性が考えられるためすぐに医師に相談してください。

アフターピル服用後は、次の月経(生理)が来るまでの間は性行為を控えましょう

アフターピル服用後は、薬の作用により排卵が遅れている可能性があり、次の月経前に性行為をした場合、妊娠する可能性があります。

また、アフターピル服用から3週間後に、妊娠検査薬で妊娠していなか確認できるまでは性行為を控えましょう。

アフターピル服用後は、約7日間前後または遅い場合でも2週間以内に消退出血が起こるとされています。

ほとんどの場合、生理予定日から1週間後までに消退出血を経験すると言われており、次の生理予定日付近(予定日の3日前~3日後)のタイミングで出血が起こるケースが多いとされています。

消退出血は、通常の生理より出血量が少なく、比較的短い期間で起こる特徴があります。

消退出血が起こる期間としては、個人差はあるものの3~5日程度とされています。

消退出血と生理時の出血は色や質も生理時の出血と異なり、鮮やかな赤色から黒みがかった赤に見える出血、血塊を伴うなど通常の生理の場合と違いがあります。

消退出血がこないケースは、2つ考えられます。

・消退出血と生理が同時にきた場合

・妊娠した場合

排卵後にアフターピルを服用した場合、消退出血と生理が重なる可能性があります。

その場合、生理予定日で出血が起こり、消退出血はないまま避妊成功となります。

消退出血も生理もこない場合、妊娠の可能性があります。

服用から3週間経っても出血がない場合は、病院にご相談ください。

アフターピルを服用後2時間以内に吐いてしまった場合は、十分な効果が得られない可能性があります。

そのため、再度服用しなおす必要があります

2時間以上経過して吐いた場合は、成分が吸収されているため問題ないとされていますが、2時間以内に吐いた場合はすぐに飲みなおしてください。

吐き気止めとアフターピルを一緒に飲むことは特に問題ありません

吐き気が辛い、吐き気による嘔吐が心配な方は、市販の吐き気止めと一緒に服用しておくことで、吐き気の症状を緩和することができます。

また、吐き気以外にも頭痛などの症状に対して鎮痛剤を服用することもできます。

吐き気が辛い場合は、部屋の風通しを良くして、なるべく身体への圧迫を減らすために締め付けの無い楽な服に着替えるなどの対処もしておきましょう。

低用量ピル服用中でもアフターピルの服用自体は問題ないとされています。

実際に低用量ピルを飲み忘れたがために、急遽アフターピルを使用するケースがあります。

アフターピル服用後から低用量ピルを始める場合は、アフターピル服用後の翌日から低用量ピルの服用は可能とされていますが、アフターピルによる避妊が成功しているか確認して低用量ピルの服用を再開することを推奨します。

アフターピル服用後3週間ほど経過した後に妊娠検査薬で確認して、低用量ピルの服用を開始しましょう。

アフターピル服用後、24時間以内は飲酒を控えてください

アフターピルの成分とアルコールはそれぞれ肝臓で分解・吸収されます。そのため、アフターピルの服用前後で飲酒をしてしまうと、アフターピルの成分の分解・吸収がアルコールによって妨げられてしまう可能性があります

また、飲酒によって嘔吐してしまうと、アフターピルの成分が体内に吸収されず十分な避妊効果が得られない場合もあります。

2024年の現時点では、一部の薬局で処方箋なしの試験販売を行っていますが、完全な市販化には至っていないのが現状です。

アフターピルの購入方法は以下の通りになります。

・病院処方

・オンライン処方

・通販購入(個人輸入代行)

アフターピルの通販購入は個人輸入代行サイトを通してのみ行うことができるため、Amazonや楽天などの通販サイトで購入することはできません。

アフターピルの種類によって異なります。

【レボノルゲストレル配合薬の場合】性行為から72時間(3日)以内

【ウリプリスタール酢酸エステル配合薬の場合】性行為から120時間(5日)以内の服用が必要です。

アフターピルの避妊率はアフターピルの種類と服用タイミングに応じて異なります。

アフターピル種類別の避妊率は以下になります。

【レボノルゲストレル配合薬の場合】性行為から24~72時間以内の服用で95%~58%

【ウリプリスタール酢酸エステル配合薬の場合】性行為から24~120時間(5日)以内の服用で約95%以上~85%

アフターピルの副作用が現れるのは服用から数時間~数日後とされています。

アフターピルの副作用において以下の副作用は服用から数時間で現れ、発生から24時間ほどで落ち着くとされています。

・悪心 ・腹痛 ・頭痛 ・嘔吐 ・眠気など

不正出血に関しては服用から数日経過して現れる場合があり、多くの場合3~4日で落ち着くとされています。

アフターピル服用での避妊は100%成功するわけではないため、妊娠する人もいます

しかし、避妊失敗から24時間以内でのアフターピル服用による妊娠阻止率は95%とされているため、避妊に失敗した場合はできるだけすぐにアフターピルを服用することが重要です。

アフターピルの副作用で吐き気が現れた場合は、吐き気止めの併用が可能です。

市販の吐き気止めであっても、アフターピルの服用時に併用することは問題ありません。

アフターピルは服用から2時間以内に吐いてしまうと、成分が身体に吸収されずに妊娠に失敗してしまう可能性があるため注意が必要です。

アフターピルを通販で購入した方の口コミ

実際に、アフターピルを個人輸入代行サイト(通販)で購入した方の口コミを紹介していきます。

・ノルレボを購入した方の口コミ

顔

24歳 HANAAさん

2024年3月6日に投稿

以前避妊失敗した際病院で処方してもらいましたが、その時本当に不安だったので予備で購入しました。病院でもらうのより安いし、1個持っておくとかなり安心感があります。吐き気が酷かったのでなるべく使用する機会がないことを願っています。

顔

28歳 ミダカさん

2023年2月11日に投稿

普段は低用量ピル飲んでいるのですが、避妊してなかった日に限って飲み忘れていることに気づいて慌てて買い置きしていたノルレボを飲みました。無事次の月経が来て安心。3000円ほどで安心が買えるので無くなったら買うようにしています。

・エラを購入した方の口コミ

顔

29歳 かなちさん

2024年3月18日に投稿

彼氏ができたので何かあったときのためにと思って購入しました。とりあえず効果時間が長いやつにしてみました。市販で買えたら一番いいんですけどね…

顔

25歳 無銘さん

2024年1月25日に投稿

私はかなり昔からかなり太ってる方で、それが原因でノルレボ系のアフターピルが効かないって言われた経験があるのでエラを買ってます。当時10代で避妊失敗して親と病院行ったら一般的なアフターピルは太ってる人だと緊急避妊できないこともあるけどどうする?ってお医者さんに言われて、怖くなってエラを処方してもらいました。今でも全然痩せれてないし(むしろ太った)夜のそういう仕事も始めたので、もしものためにエラにしてますね。参考になれば。

・オブラルG(プラノバールジェネリック)を購入した方の口コミ

顔

22歳 あずきさん

2021年1月12日に投稿

普通に毎日飲めば避妊もできるし、毎日飲むのが面倒な時は行為後にアフターピルとしても飲めます。とても便利なので定期的に購入しています。

顔

34歳 hanaeeeeさん

2021年1月12日に投稿

病院に行かなくていいので楽ちん♪他の口コミにもあるように、届くのは10日とかかかりますが、安いので気にならないです。最初のころは気持ち悪さなどがありますが、慣れたら症状も落ち着きました。

TOPに戻る