抗うつ剤・精神安定剤(商品)

更新日:2024年2月2日

通販で購入できる抗うつ剤・精神安定剤の一覧ページです。

うつ病・パニック障害・不安障害などに効果的な抗うつ剤・精神安定剤を複数取り揃えています。

抗うつ剤・精神安定剤 売れ筋ランキング

抗うつ剤・精神安定剤の商品一覧

  • ハイプロン
    オススメ

    在庫あり

    1錠¥40

    ハイプロンは、『Consern(コンサーナムファーマ)社』が開発した睡眠薬で、ソナタと同成分のジェネリック医薬品です。 ハイプロンは、不眠症の改善効果に期待でき、寝つきの悪い方やすぐに目覚めてしまう方に適しています。 ハイプロンの主成分『ザレプロン』は、短時間の作用で副作用も少なく安全な非ベンゾジアゼピン系(ベンゾジアゼピン受容体作動薬)の睡眠導入剤に分類され、不安や緊張をや和らげ、寝つきを良くし、夜間の睡眠を持続させます。

    ハイプロンの商品詳細まとめ
    • ソナタと同成分のジェネリック医薬品
    • 不眠症の改善効果に期待できる
    • 不安や緊張をや和らげる
    • 寝つきを良くする
    • 夜間の睡眠を持続させる

    商品に関するお知らせ ※発送時期によりパッケージが異なります。

    ハイプロンの特徴

    ハイプロンは、超短時間型で効果が現れるのが早く、作用時間が短い睡眠薬です。 そのため、耐性がつきにくく依存性が少ない、翌日に眠気を持ち越さないなど、睡眠薬を使用するうえで気になる点が少ない特徴があります。

    ハイプロンが安全な理由

    また、ハイプロンは、GABA受容体に働きかけ、脳の興奮状態を穏やかにする効果があり、より自然な眠りへ導くことから選ばれています。

    ハイプロンの特徴
    • 耐性がつきにくく依存性が少ない
    • 眠気を持ち越さない
    • 脳の興奮状態を穏やかにする
    • より自然な眠りへ導く

    ハイプロンがオススメな方

    ハイプロンはこんな方にオススメ

    ハイプロンは、副作用が少なく比較的安全性の高い睡眠薬です。 ハイプロンは下記の悩みを抱えている方にオススメです。

    ハイプロンがオススメな方の効果
    • 寝つきが悪く眠るまでに時間が掛かる方
    • 寝てもすぐに目が覚めてしまう方
    • 不安や緊張で眠れない方
    • 夜中目覚めて寝付けない方
    • 寝つきを良くしたいとお考えの方

    ハイプロンが向いている不眠のタイプ

    ハイプロンは、非ベンゾジアゼピン系(ベンゾジアゼピン受容体作動薬)の睡眠導入剤に分類される睡眠薬です。 不眠や睡眠障害にも様々なタイプがありますが、ハイプロンは下記の不眠のタイプの中でも特に入眠障害に効果が期待できます。

    ■入眠障害 寝つきがわるい、眠るまでに時間が掛かる

    ■中途覚醒 寝てもすぐ起きてしまう、夜中途中で起きてしまう

    ■早朝覚醒 明け方に目が覚めてしまう、予定よりも早く目が覚めてしまう

    非ベンゾジアゼピン系(ベンゾジアゼピン受容体作動薬)に分類されるハイプロンは、基本的に入眠障害に適しているとされています。 睡眠薬の作用時間や効果を考えて、睡眠障害のタイプや、その程度に合わせお薬を選びましょう。 入眠障害以外の症状でお悩みの方は、下記のハイプロン以外の睡眠薬をご確認ください。

    商品効果的な不眠タイプ効果発現効果の持続時間
    ハイプロン
    ハイプロン
    入眠障害約30分~1時間約5時間程
    ベルソムラ
    ベルソムラ
    入眠障害
    中途覚醒
    約1時間~1時間30分約6時間~10時間程
    ロゼレム
    ロゼレム
    中途覚醒
    早朝覚醒
    約1時間約1時間~2時間程
    ※体内時計のメカニズムを整えるため継続して使用することで効果が発揮されます。
  • バスピン
    オススメ

    在庫あり

    1錠¥27

    バスピンは、パニック障害やうつ病などの様々な不安障害に有効な抗不安薬です。 不安障害以外に、不安やストレスが原因で眠れない不眠にも有効的な薬になっています。 デパスなどの、ベンゾジアゼピン系の薬で問題となっている依存症になりにくいため、初心者でも使いやすいとされています。 バスピンは安全性が高く、効き目がデパスに似ていることから、デパスの代替品として人気があります。

    【バスピンの特徴】

    ・様々な不安障害、うつ症状、不安が原因の不眠に有効 ・穏やかな作用のため安全性が高い ・日本でも処方されているバスパーのジェネリック医薬品 ・デパスの代替品として人気


    バスピンは、非ベンゾジアゼピン系に分類される抗不安薬で、穏やかに作用していきます。 効果が表れるまでには約2~4週間程度かかるため、その期間を目安に、継続的な服用が推奨されています。 有効成分は塩酸ブスピロンで、脳内の神経伝達物質であるセロトニンの分泌を促し、不安障害やうつ状態など、心の不調に対して改善効果を発揮します。

    ※参考サイト:ブスピロン - Wikipedia

  • レクサプロ・ジェネリック

    在庫あり

    1錠¥31

    エスシタデップとはうつ病、抑うつ状態、パニック障害、対人恐怖症、全般性不安障害などの気分障害を改善する働きを持つ抗うつ剤、レクサプロのジェネリック医薬品となります。 レクサプロの主成分エスシタロプラムは即効性が高い事でも有名で短期間でうつ病やパニック障害などの早急に治療を必要としている全般性不安障害の改善に効果的な抗うつ剤と言えます。レクサプロのジェネリック薬品であるエス シタデップにも全く同じ成分が含まれています。 またエス シタデップ(レクサプロ)は抗うつ剤の中でも安全性の高いものと言われていて、短期間でうつ病などの心の病気を改善したい人に利用される事も多いです。 注意書きに沿って用法、容量を守ってご使用下さい。
  • ジェイゾロフト
    オススメ

    在庫あり

    1錠¥72

    ※発送時期によりメーカーが異なります。あらかじめご了承ください。 ジェイゾロフトとは、ファイザー製薬による開発された抗うつ病薬(SSRI)です。 従来の抗うつ病と同等の効果でありながら、副作用が少ないのが特徴です。 憂鬱な気持ちをやわらげて気持ちをリラックスにしてくれます。 ジェイゾロフトは、従来のお薬と比較すると効果が絶大とされ、うつ病以外にもパニック障害や上がり症にも有効です。 ただジェイゾロフトに限らず一般的に抗うつ剤は効果が表れるまでに時間がかかると言われています。落ち込んだ心の状態が続いても2~3週間は服用し続ける事をオススメします。 注意書きに沿って用法、容量を守ってご使用下さい。
  • ベンラ―XR(イフェクサー・ジェネリック)

    在庫あり

    1錠¥66

    ※発送時期によりパッケージが異なります ベンラーXRとは、うつ病・抑うつ状態・対人恐怖症・全般性不安障害といった症状を緩和するお薬です。 うつ病は脳内にある神経伝達が減少することでやる気・意志力が低下し常に憂鬱な症状になる症状です。 主成分であるベンラファキシンは、そんな症状を改善する効果が期待できます。 中~高度のうつ病患者の方に、とても効果がある期待されているお薬です。 また従来の治療薬と比較し副作用が少ないのもベンラーXRの特徴です。
  • L-チロシン(VitalMe)

    在庫あり

    1錠¥16

    L-チロシン(VitalMe)は、脳の働きをサポートするサプリメントです。 うつ症状やストレスの緩和、集中力や記憶力の向上が期待できます。

    L-チロシン(VitalMe)の効果

    L-チロシン(VitalMe)の主成分『L-チロシン』は、動物性タンパク質に広く含まれるアミノ酸の一種で、神経伝達物質の基となる成分です。 L-チロシンを摂取することで、『ドーパミン』や『アドレナリン・ノルアドレナリン』など神経伝達に関わる物質の生成が活性化され、うつ状態や慢性的なストレスの改善に効果的とされています。 また、それらの物質が脳内で増えることで、集中力の向上や記憶力の向上などにも繋がります。 その他にも、メラニン色素の原料にもなるため、黒髪の生成をサポートする効果も期待できます。

    L-チロシン(VitalMe)の効果
    • うつ症状の改善
    • 集中力向上
    • 記憶力向上
    • 白髪予防

    L-チロシン(VitalMe)はこんな方にオススメ

    ・うつ症状を改善したい方 ・慢性的なストレスを感じている方 ・集中力をアップさせたい方 ・モチベーションを維持したい方 ・白髪を予防したい方

  • レメロンジェネリック

    在庫あり

    1錠¥98

    2000年代の新しいカテゴリーの抗うつ剤であるレメロンジェネリックは、憂うつな気分をやわらげ、意欲を高めるお薬です。うつ病やうつ状態の治療に用います。 レメロンジェネリックはNaSSAという抗うつ剤のジャンルにカテゴライズされますが、これは「ノルアドレナリン作動性・特異的セロトニン作動性抗うつ剤」の英語の頭文字を取ったものです。 化学的な構造などは従来までの抗うつ剤に近い部分があるのですが、従来の抗うつ剤の主な作用だった、脳内のセロトニンやノルアドレナリンの再取り込みを阻害する作用、これに加えて脳内のセロトニンを放出する部分に直接働きかけ、セロトニンを出させるという作用があります。 その効果は強く、即効性にも優れています。 効能としてはうつ病が一般的ですが、不安障害に対しても効果が見込めるとされています。 また、深い睡眠をもたらす作用から、睡眠薬だけでは不十分な場合の不眠症の治療に用いられることも少なくありません。 それ以外にも、慢性的な耐えられない痒みに対して処方される場合もあるようです。 これは有効成分ミルタザピンの抗ヒスタミン作用が痒みを収めるからです。
  • アナフラニール(三環系)

    在庫あり

    1錠¥30

    ※ご注文時期により、いずれかのパッケージで発送となる場合がございます。 アナフラニールは、日本でも70年代から認可されている古い抗うつ剤です。 抗うつ剤の第一世代である三環系というジャンルに分類されますが、長年医療の現場で使用されてきたこともあり、豊富なノウハウや臨床データがあるため、現在でも現役で処方されている薬です。 またアメリカでは強迫性障害の適応症が認可されており、強迫性障害やパニック障害の治療に多く用いられています。 脳内のセロトニンやノルアドレナリンの量をを増加させる働きを持ちますが、特に安らぎ、安心感を感じやすくなるセロトニンへの効果が高いため、抗うつ剤の中でも高い抗不安作用があります。 他の三環系抗うつ剤は、ノルアドレナリンンに対して強く作用するものが多いので、アナフラニールのセロトニンを優位に増加させる点は大きな特徴です。 ちなみに、セロトニンには不安や落ち込みを改善させ、ノルアドレナリンには意欲を増進させる働きがあるとされています。 つまりアナフラニールはマイナスな気持ちを持ち上げる方向にも効果がありますが、さらに気持ちを高揚させる方向にも効果があります。 現在では枯れた技術の抗うつ剤ではあるかも知れませんが、効き目の強さやデータの豊富さに加えて、安価なためにこの先もしばらくは一線で使用されると予見されています。
  • デピロックス(アモキサン・ジェネリック)

    在庫あり

    1錠¥33

    ※発送時期によってパッケージが異なります デピロックスは、日本国内でも処方されている抗うつ剤・アモキサンのジェネリック医薬品です。 従来の抗うつ剤よりも副作用が軽減されており、素早く脳に働きかけて気分をやわらげます。

    デピロックス(アモキサン・ジェネリック)の効果

    デピロックスは第二世代の三環系抗うつ薬で、有効成分『アモキサピン』が、脳内の神経伝達物質と呼ばれるノルアドレナリンやセロトニンの再吸収を阻害します。 この働きにより、心を落ち着かせるセロトニンや、意欲や集中力を高めるノルアドレナリンなどの物質の減少を防ぎ、気持ちを安定した状態へと導きます。 抗うつ剤の中でも強力な効き目がある一方で、抗コリン作用などによる副作用が従来の三環系抗うつ薬より少ないことも特徴的です。 また、うつ病の治療だけでなくパニック障害や過食症などの治療にも適用されることがあります。

    デピロックス(アモキサン・ジェネリック)の効果
    • うつ病、うつ状態の治療
    • パニック障害治療
    • 過食症治療
    • イライラや焦燥感の改善
    • 不安感の改善

    デピロックス(アモキサン・ジェネリック)はこんな方にオススメ

    ・うつ病またはうつ状態にお悩みの方 ・抗うつ剤をお得に購入したい方 ・副作用の少ない抗うつ剤をお探しの方

  • アタラックス

    売切れ

    1錠¥58

    アタラックスは、『ヒドロキシジン塩酸塩』を有効成分とする抗ヒスタミン剤です。 主に蕁麻疹や皮膚への痒みなどのアレルギー症状の緩和と、不安や緊張などを和らげる作用があります。 気分をリラックスさせながら入眠しやすくする効果もあるため、不眠症改善のための睡眠薬としても使用することができます。

    アタラックスを実際に使用したユーザーの評価

    良い評価

    顔

    30歳 にゅうさん

    2023年02月28日に投稿

    よく眠れるようになった。ひどいときは痒みで寝れないくらいなのですが、アタラックスがあると痒みもおさまる上に寝つきが良くなります。本当に欠かせないです。

    悪い評価

    顔

    27歳 うぴんさん

    2023年01月04日に投稿

    口がめっちゃ乾きます。水を飲む量が増えてよくトイレに行くようになりました。アレルギーは落ち着くから副作用さえなければ完璧なのに、と思います。

    商品レビュー アタラックスの口コミはコチラ

  • シタロプラム

    在庫あり

    1錠¥47

    シタロプラムはセレクサのジェネリック医薬品で、うつ病や社会不安障害の治療薬です。 アクタビスより製薬・販売されています。 含有成分シタロプラムはセレクサのジェネリック医薬品ですので脳内セロトニン受容体に焦点を絞って素早く効きます。 また薬が胃の中で溶け始めてから効き目が切れるまで長く持ってくれるので飲む回数も少なく済みます。 実際に国内の臨床試験結果では倦怠感、めまいなどが副作用などが出ていますがSSRI内ではかなり少ない方に留められています。
  • レクサプロ

    在庫あり

    1錠¥396

    レクサプロ20mgは、日本で最も新しい抗うつ剤になります。 うつ病やパニック障害、対人恐怖症など精神不安障害に使用される抗うつ剤です。 うつ病の様々な症状に使用されている為、人気があるお薬になります。 主成分のエスシタロプラムシュウ酸塩はセロトニン系の神経にだけ選択的に働くという特徴を持っており、従来の抗うつ薬に多い口の乾きや便秘、心毒性などの副作用が軽減されています。 従来のお薬で効果が得られなかった方は、是非お試し下さい。
  • プロザック

    在庫あり

    1錠¥138

    プロザックはイーライリリー社が製造するSSRI抗うつ剤で不安やうつ症状を緩和する第三世代の治療薬です。 主成分である塩酸フルオキセチンが脳内にあるセロトニンと呼ばれる神経伝達物質に働きかけることで気分の落ち込みや不安を改善します。また塩酸フルオキセチンは重度のうつ症状には処方出来なかった過去のうつに対する治療薬とは異なり、軽度だけでなく重度の症状の方にも使用いただけます。 アメリカではうつ患者の70%の方に作用が働き、高い評価得ている抗うつ剤です。
  • サインバルタ・ジェネリック

    在庫あり

    1錠¥44

    サインバルタ・ジェネリックはサンファーマ社が製造しているSNRI抗うつ剤です。 デュロキセチン成分は脳内のセロトニンとノルアドレナリンと言う神経伝達物質に作用し、うつ病の症状である気分の落ち込みや不安や緊張といった症状を改善する効果があります。 また糖尿病の合併症である糖尿病性神経障害にも有効とも言われております。 従来のうつ病の治療薬に比べ、早い効果で作用も強く副作用も弱く進化した第4世代の抗うつ剤と言われています。
  • グランダキシン・ジェネリック

    在庫あり

    1錠¥48

    グランダキシン・ジェネリックは、自律神経の不調を治すお薬です。 インドに本社を置くConsern Pharma社より製造されています。 自律神経失調症や、更年期障害の改善に効果のある治療薬となります。 交感神経・副交感神経の2種類の自律神経があり、このバランスを乱すと心身ともに疲れやすく風邪・病気にかかりやすくなってしまいます。 含有成分トフィソパムは、このバランスを穏やかに保つ働きがあります。 同じベンゾジアゼピン系の抗不安薬の中でも、穏やかに作用してくれるため副作用も出にくいタイプのものとなっています。 内科や婦人科でも用いられるお薬のため、過剰な摂取をしない限り安心して飲む事の出来る治療薬です。 不安障害・抗不安薬の副作用や依存性が心配な方に推奨出来ます。 心身共に自然に作用してくれるお薬です。 ※箱に記載される「Cranialz」はConsern Pharma社が取り扱うメンタルヘルス医薬品のマーケティング部門の名称となります。
  • パキシル・ジェネリック(USA)

    在庫あり

    1錠¥81

    パキシルジェネリックとは、最新の抗うつ剤「パキシル」のジェネリック医薬品です。 ストレスやショック状態からなるうつ病・パニック障害・睡眠障害を治療するお薬です。主成分であるパロキセチンは、パロキセチンが脳内にあるセロトニンという物質の増加を助け、憂鬱な気持ち、不安、イライラ、意欲低下、食欲不振、不眠、強迫観念など心の病気を楽にさせる作用があります。 つまり治療したいところでしか作用しない為、副作用が少ないとも言われています。 その他にも、月経前の不安定や摂食障害の治療としても使用されます。 副作用が気になる方は、是非お試し下さい。
  • フルニル(プロザック)

    在庫あり

    1錠¥26

    フルニルとは、抗鬱剤のプロザックのジェネリック薬です。 従来の抗うつ薬は、うつ病でない人が服用しても通常、気分が高揚する事はありませんでした。 フルニルは、主成分である塩酸フルオキセチンは健康な人が服用した場合にも効果があるとされています。 明るく積極的な性格になると言われたため、発売以来世界中の多くの人々が日常的に愛用されています。 日本国内では現在のところ認可されていませんが、プロザック、フルニル共に個人輸入であれば購入可能です。 大事な会議・プレゼンテーションを失敗したくないという方にオススメしています。
  • セルティマ(ゾロフト)

    在庫あり

    1錠¥45

    セルティマは、第三世代の抗うつ剤の中で最も強い成分セルトラリンが配合された治療薬です。 抗うつ作用をはじめとし、抗不安・パニック障害不安障害(心的外傷後ストレス障害(PTSD)、全般性不安障害、強迫性障害、社交不安障害)、月経前不快気分障害、双極性障害の治療に幅広く使用されているお薬です。 従来の抗うつ剤に比べ、口渇や便秘、目まい、立ちくらみなどの副作用が大幅に軽減されている特徴を持っています。 従来のお薬で効果が無かった方は是非お試し下さい。
  • パキシル

    在庫あり

    1錠¥144

    日本で最も有名な抗うつ剤であるパキシルは、SSRIというジャンルの抗うつ剤に分類され、このSSRIとは「選択的セロトニン再取り込み阻害薬」を略したかたちになります。
    アミトリプチリンやアナフラニールなど、従来までの三環系というジャンルの抗うつ剤から、効果はほぼそのままに副作用を少なくしたものがSSRIで、精神科の治療ではもっとも多く使用されている抗うつ剤です。 パキシルは、グラクソスミスクライン(GSK)というイギリスに本社を置く製薬会社によって開発、製造され、日本では2000年には抗うつ剤として認可がされ、販売が始まっています。 とにかく切れ味の強い薬で、1日1回の内服で効果がすぐ得られます。
    有効成分であるパロキセチンは、不安感や無気力感、焦燥感、強迫性障害やパニック障害などの精神の状態を解消させる効果があります。 ちなみに適応症にパニック障害が認められた薬は日本ではパキシルが初めてです。 うつ病だけではなく過食症や拒食症などの摂食障害や、女性のPMS(月経前症候群)などの治療に用いられることもあります。 「選択的セロトニン再取り込み阻害薬」であるパキシルは脳内の伝達物質であるセロトニン系と呼ばれる神経のみに作用するのが特徴で、放出されたセロトニンの再取り込みを阻害し、セロトニンの減少を防ぎます。 セロトニンは気分を楽にすると言われていて、パキシルは不安やパニックなどで落ち着きを失った心を穏やかに保ってくれます。
  • オキセチン(プロザック)

    売切れ

    1錠¥27

    ※取扱終了。 オキセチンは、うつ病、パニック障害、強迫障害といった精神的な疾患の改善に効果が認められているプロザックのジェネリック医薬品です。 抗鬱剤の中では新しいタイプのSSRIに分類され、気持ちが落ち込んでいるときややる気が出ないときに服用することで心の活力を取り戻すことができ、緊張や不安で心が落ち着かないときには焦燥を和らげるともいわれております。 オキセチンは全般的な精神の健全化に有用です。 日々ストレスにさらされる現代社会において、心が不安定になることは誰にでも起こり得ることです。 抗鬱薬を上手く活用することにより、精神的な余裕が生まれます。
  • アリセプト・ジェネリック

    在庫あり

    1錠¥180

    アリセプト・ジェネリックは認知症の治療薬です。 アルツハイマー型、レビー小体型の認知症の症状を改善する効果があります。 有効成分のドネペジル塩酸塩が、脳内の認知症の原因となる酵素の分泌を抑え、伝達がスムーズになる物質を増加させることで、徘徊や物忘れなどの認知症の症状を数か月~1年ほど前に戻し、進行を抑えます。

    アリセプト・ジェネリックはこんな方にオススメ

    ・アルツハイマー型認知症の方
    ・レビー小体型認知症の方

    アリセプト・ジェネリックの特徴

    認知症は脳内のアセチルコリンという物質が不足することで引き起こされます。

    有効成分のドネペジル塩酸塩が、アセチルコリンを増加させ、伝達をスムーズにすることで認知症の症状を改善する効果があります。

    軽度、中程度の認知症には特に効果があるとされ、早期投与を行うことで高い効果が期待できます。

    ※参考サイト:ドネペジル塩酸塩

    有効成分であるドネペジルが新型コロナ後遺症の倦怠感やうつ症状の治療に期待できるとの報道がありました。 コロナ後遺症の治療の観点からも注目されています。

    ドネペジル塩酸塩のコロナ後遺症への有効性についてのニュース記事まとめ
  • コンフィド

    売切れ

    1錠¥28

    コンフィドとは、勃起不全(ED)を改善するサプリメントです。 サプリメントに含まれる成分が、精子増量や性欲を高める効果があります。 ハッショウマメ成分は、精力だけでなく精神面でも効果があります。 不安や興奮状態を落ち着かせ、コントロールします。 男性の不妊治療としても効果がある為、人気のある商品です。 天然成分の為、副作用もなく安心して服用できます。 サプリメントですので、長期服用をオススメします。
  • リスパダール(抗不安薬)

    在庫あり

    1錠¥45

    リスパダールとは、心の不安や緊張感を和らげ穏やかにする抗不安剤です。 第2世代抗精神病薬、SDA(セロトニン・ドーパミン拮抗薬)とも呼ばれる治療薬になります。 含有成分リスペリドンはセロトニン・ドーパミンの受容体(神経伝達物質をキャッチする部分)を遮断する作用があります。 セロトニンは鎮静をドーパミンは興奮をもたらす神経伝達物質です。 どちらかが片方が分泌され過ぎると感情の起伏が激しくなるといわれています。 そのため小さなことでも緊張パニックから虚脱感、脱力感といった症状が出やすいといわれています。 これらの物質を一時的に遮断することで、不安障害・統合失調症などによく現れる「不安感」「緊張感」「パニック」「幻覚や妄想」「急な落ち込み」「気持ちの高ぶり」などを緩和し抑制しやすくする効能があるとされます。 また小児期期自閉スペクトラム症(自閉症アスペルガー症候群など)における周囲の攻撃やものの破壊、自傷行などの易刺激性を和らげられるともされています。 症状により漠然とした不安や感情を緩和したい方におすすめです。
  • アリピゾル(エビリファイ)

    在庫あり

    1錠¥72

    アリピゾル(エビリファイ)とは含有成分アリピプラゾールが配合された抗精神病薬です。 アブディ・イブラヒム社より製造販売されています。 2006年より世界60カ国以上で統合失調症に使われている最新のDSS(ドパミン受容体部分刺激薬)分類の対症療法薬になります。 含有成分アリピプラゾールはエビリファイのジェネリック医薬品ですのでドーパミン分泌量のバランスに同様に作用します。 抗精神病薬の多くが、ドーパミン過剰分泌を受容器官を遮断することで抑える効能になりますが、必要以上に遮断すると逆に手のこわばりなどの副作用が発生してしまいます。 そのため治療が難しいとされていました。 アリピプラゾールはそのバランス作用により無理に遮断することなく、統合失調症の陰性・陽性症状両方に効きます。 またあがり症・躁うつ・小児期自閉スペクトラム症などにも効果的だとされています。 副作用も少なくなっているのでおすすめの抗精神薬になります。
  • エビリファイ・ジェネリック

    在庫あり

    1錠¥31

    エビリファイは、うつ病や総合失調症に効果があるお薬です。 総合失調症とは、妄想・幻覚・興奮する症状や無関心・無感情・自閉する症状になります。 エビリファイは、双方の症状に効果が発揮します。 意欲や興奮から出てくるドーパミンの働きを調整し混乱を防ぎます。 総合失調症は、幻聴・幻覚・妄想を引き起こすこともあり、また特殊な症状ではなく100人に1人はあらわれる一般的な病気です。 コントロールが出来ずに悩んでいる方は、一度エビリファイをお試しください。
  • ファベリン(ルボックス・ジェネリック)

    在庫あり

    1錠¥90

    ファベリン(ルボックス・ジェネリック)は、フルボキサミンマレイン酸塩(フルボキサミン)が主成分のうつ病や不安障害の治療薬です。 SSRI(選択的セロトニン再取り込み阻害薬)と呼ばれる薬で、安全性が高く副作用も少ないことが特徴です。 不安を和らげる作用があるので、強迫性障害や社会不安障害の治療にも用いられています。 また、新型コロナウイルス感染症の重症化リスクを軽減させる可能性が期待されており、現在研究が行われています。
    フルボキサミンのコロナへの有効性についてのニュース記事まとめ
                      
    • ※【1/31】大学ジャーナル
      概要:軽症COVID-19患者の重症化を防ぐのに有効であることに関する記事。
    • ※【11/27】DIME
      概要:カリフォルニア大学研究報告によるフルボキサミン服用後のCOVID-19重症化抑制について。
    • ※【10/29】CNNニュース
      概要:ブラジルで行われたフルボキサミンの治験に関する記事。
    • ※【3/30】AnswersNews
      概要:新型コロナウイルス感染症患者152人を対象としたフルボキサミンの治験レポート。

    ファベリン(ルボックス・ジェネリック)はこんな方にオススメ

    ・精神科領域におけるうつ病、うつ状態を改善したい方 ・強迫性障害で悩んでいる方 ・社会不安障害に悩んでいる方 ・ルボックスを服用している方 ・副作用の少ない抗うつ剤を使いたい方

    ファベリン(ルボックス・ジェネリック)の特徴

    ファベリンは日本国内でも処方されているうつ病の治療薬、ルボックスのジェネリック医薬品です。

    ルボックスと同様、フルボキサミンマレイン酸塩(フルボキサミン)が配合されており、不安を和らげる働きがあります。

    うつ病では、セロトニンという脳内の神経物質の働きが弱り、気分の落ち込みや不安などの症状が出るといわれています。

    フルボキサミンマレイン酸塩(フルボキサミン)はセロトニンがシナプスで取り込まれるのを防ぐ働きがあり、気分の落ち込みなどを改善します。

    ※参考サイト:日経メディカル処方薬事典: SSRI(選択的セロトニン再取り込み阻害薬)の解説

  • アリセプト

    在庫あり

    1錠¥164

    アリセプトはアルツハイマー型、レビー小体型認知症の治療薬です。 有効成分ドネペジル塩酸塩を含有しています。 物忘れや、自身の現在地がわからなくなるなどの、アルツハイマー型認知症の症状を軽減、または進行を抑制する効果があります。

    アリセプトはこんな方にオススメ

    ・アルツハイマー型認知症の方 ・レビー小体型認知症の方

    アリセプトはこんな症状に有効

    ・見当識障害(物忘れ、自身のいる場所がわからなくなる)
    ・徘徊
    ・反抗的

    アリセプトの特徴

    アリセプトに含まれる有効成分ドネペジル塩酸塩はアセチルコリンエステラーゼという酵素の働きを抑え、脳内のアセチルコリンの量を増加させる働きがあります。

    この作用により、アルツハイマー型認知症の脳内で認められる、コリン作動性神経系の機能低下を改善する効果があります。

    アリセプトを早期に投与することで、アルツハイマー型認知症患者の認知機能、独立性を長く持続させることができますが、服用を中断した場合は無治療の状態まで認知機能が低下します。

    ※参考サイト:ドネペジル塩酸塩

    有効成分であるドネペジルが新型コロナ後遺症の倦怠感やうつ症状の治療に期待できるとの報道がありました。 コロナ後遺症の治療の観点からも注目されています。

    アリセプトのコロナ後遺症への有効性についてのニュース記事まとめ
  • フルボキサミン(ルボックス・ジェネリック)

    売切れ

    1錠¥95

    フルボキサミンは、うつ病やうつ状態を改善する治療薬です。 不安を和らげる作用があるため、強迫性障害や社会不安障害の治療にも用いられています。 SSRI(選択的セロトニン再取り込み阻害薬)と呼ばれる抗うつ剤であり、安全性が高く副作用も少ないです。

    サイトからのお知らせ ※次回入荷時期未定です。

    フルボキサミンはこんな方にオススメ

    ・うつ病やうつ状態を改善したい方 ・強迫性障害に悩んでいる方 ・社会不安障害に悩んでいる方 ・副作用の少ない抗うつ剤を使いたい方

    フルボキサミンの特徴

    フルボキサミンは日本国内でも処方されているうつ病の治療薬、ルボックスのジェネリック医薬品です。

    ルボックスと同じ有効成分、フルボキサミンマレイン酸塩が含まれていて、うつ病やうつ状態を改善する働きがあります。

    フルボキサミンマレイン酸塩には、脳内の神経伝達物質であるセロトニンの働きを高める作用があります。

    この作用によって意欲を高め、憂うつな気分を改善して心が前向きになるよう働きかけます。

    不安を和らげて気持ちを楽にするので、強迫性障害や不安障害を改善する効果も期待できます。

    ※参考サイト:日経メディカル処方薬事典: SSRI(選択的セロトニン再取り込み阻害薬)の解説

  • セディール

    売切れ

    1錠¥139

    ※取り扱い終了 セディールは、タンドスピロンを主成分とする抗不安薬であり、なかなか寝付けずお困りの方には入眠を促す作用も持ち合せています。 人間は不安を感じたり思い悩むことがあると様々な面で生活に支障をきたすものです。 改善するには規則正しい生活習慣を身につけることは言うまでもありませんが、人それぞれ勤務時間が違う、1日のうちで活動しなければならない時間帯が違う等の環境が異なるため、一概に規則正しい生活と言ってもそれを実行するのは難しい場合もあります。 そのようなときには依存性が少なく安全性の高い医薬品を活用するという手段が有効です。 従来の抗不安薬の多くはベンゾジアゼピン系に分類され、高い効果に伴いリスクが上昇する傾向にありましたが、セディールであれば薬による依存や倦怠感といった副作用が少ないので安心してお使いいただけます。 ※参考サイト:タンドスピロン - Wikipedia
  • バスポン(バスパー・ジェネリック)

    売切れ

    1錠¥51

    ※5月中旬入荷予定。 バスポンはDeva Holdings社が製造する抗不安薬です。 脳内にある神経伝達物質であるセロトニンに対し、主成分であるプスピロンが作用し、興奮や不安、緊張といった症状を抑えてくれることが期待できます。 また不安が和らぐことで不眠症の改善も期待できます。翌日への持ち越し効果も少なく短期型なのが特徴で服用後、即効性が期待できます。 不安障害やうつ病以外にも不眠症に対しても効果的であり、うつ病の症状である不安や気分の落ち込みなどに対して改善する働きがあります。 ※参考サイト:ブスピロン - Wikipedia

抗うつ剤・精神安定剤について

抗うつ剤・精神安定剤は、うつ病や不安障害など心の病(精神疾患)に用いられる治療薬です。

両者の中でも「精神安定剤」は一般的な呼び方で、正しくは「抗不安薬」となります。

うつ病や不安障害などの心の病について、治療の一角を担うのは薬物療法です。

薬物療法を行う際に使用頻度が多いのが、次の2種類です。

  • 抗うつ剤:SSRI(選択的セロトニン再取り込み阻害薬)
  • 抗不安薬:ベンゾジアゼピン系

抗うつ剤はやる気が出ない、気分が落ち込むなどのうつ状態を改善するための治療薬です。

一方、抗不安薬は不安やイライラを鎮める治療薬で、比較的即効性があります。

ふたつの治療薬には、異なる効果や特徴があります。

薬の種類 抗うつ剤 抗不安薬
効果 意欲の地低下や不眠などのうつの症状を改善 不安や緊張、イライラを抑える
薬に適した障害 うつ病やうつ状態 不安障害
睡眠障害
特徴 服用のタイミングや回数が定められ、長期的に飲み続けることで効果を発揮 即効性があり、服用のタイミングが決まっていないため頓服が可能
副作用 眠気、体重の増加、吐き気など 眠気、倦怠感、ふらつきなど
詳細 抗うつ剤の詳細はこちら 抗不安薬の詳細はこちら

以下では抗うつ剤・抗不安薬について、さらに詳しく説明していきます。

抗うつ剤

抗うつ剤は、主に3つの神経伝達物質を増やすことで、脳の働きを整える治療薬です。

抗うつ剤が増加させる3つの神経伝達物質
  • セロトニン:不安や落ち込みに関係
  • ノルアドレナリン:意欲や気力の低下に関係
  • ドーパミン:興味や楽しさの減退に関与

名前の通りうつ病の治療に使われるだけでなく、不安障害や睡眠障害などにも使用されます。

現在、抗うつ剤としてさまざまな商品が登場しています。

まずは代表的な抗うつ剤をピックアップしてみました。

商品名 パキシル

パキシル

ジェイゾロフト

ジェイゾロフト

ベンラ―XR

ベンラ―XR

レメロンジェネリック

レメロンジェネリック

アナフラニール

アナフラニール

ルジオミール

ルジオミール

有効成分 パロキセチン セルトラリン ベンラファキシン ミルタザピン クロミプラミン塩酸塩 マプロチリン
薬の種類 SSRI SSRI SNRI NaSSA 三環系抗うつ剤 四環系抗うつ剤
薬に適した障害 うつ病・うつ状態
パニック障害
強迫性障害
社会不安障害
外傷後ストレス障害(PTSD)
うつ病・うつ状態
パニック障害
外傷後ストレス障害(PTSD)
うつ病・うつ状態 うつ病・うつ状態 うつ病・うつ状態
遺尿症
ナルコレプシーに伴う情動脱力発作
うつ病・うつ状態
特徴 抗うつ作用と抗不安作用を持ち、幅広い症状に効果を発揮 作用がマイルドで、初めてでも服用しやすい 意欲の回復が期待でき、比較的即効性に優れる 副作用が軽く、効果が増強された比較的新しい抗うつ剤 強力な作用を持ち、国内でも長い使用実績のある抗うつ剤 同じ種類の中でも効果がしっかりし、副作用も軽減された四環系抗うつ剤
副作用 眠気、めまい、吐き気など 吐き気、浮動性めまいなど 吐き気、下痢、不眠など 眠気、体重増加など 便秘、ふらつき、口の渇きなど 眠気、体重増加、ふらつきなど
購入 パキシルはこちら ジェイゾロフトはこちら ベンラ―XRはこちら レメロンジェネリックはこちら アナフラニールはこちら 取り扱いなし

いずれも医療の現場において、うつ病や不安障害など心の病の治療薬として処方される機会の多い治療薬です。

有効成分や作用が異なるため、適応症状や特徴などにも違いがあります

また多くの商品が登場している抗うつ剤ですが、作用や特徴により大きく5つの種類に分類されます。

それぞれ開発された時期が異なり、作用の強弱や得意な症状に違いが見られます。

うつ病などの治療においては患者さんの症状に合わせて、適切な種類の抗うつ剤を使用するのが一般的です。

【SSRI】
第一選択薬として用いられることが多い、新しいタイプの抗うつ剤。
セロトニン系のみに選択的に作用するため副作用が少なく、不安や落ち込みに優れた効果を発揮する

【SNRI】
セロトニンだけでなく、ノルアドレナリンにも作用する抗うつ剤。
気力や意欲の低下にも改善効果が期待でき、比較的即効性にも優れる。

【NaSSA】
新しいタイプの抗うつ剤の中でも、特に効果の高い治療薬。
短期間で効果が現れ、持続性にも優れる。
効果が高いものの、飲み始めに強い眠気や食欲増進などの副作用が多い。

【三環系抗うつ剤】
最初に開発された、歴史の古い抗うつ剤。
便秘や口の渇きなどの副作用が出やすい反面、うつ病やうつ状態に対する治療効果も高い。

【四環系抗うつ剤】
三環系抗うつ剤に続いて登場した治療薬。
効果がマイルドになったものの、三環系抗うつ薬と比べて副作用も軽減されている。

抗不安薬

抗不安薬は不安や緊張を和らげ、心をリラックスさせる作用のある治療薬です。

さまざまな種類が登場している抗不安薬ですが、現在では主にベンゾジアゼピン系と呼ばれるタイプが主流となっています。

ベンゾジアゼピン系抗不安薬は脳内のリラックス物質GABAの働きを強めることで、抗不安作用や催眠作用を発揮します。

現在、主に使用されているベンゾジアゼピン系抗不安薬の一例をご紹介します。

商品名 デパス

デパス

グランダキシン・ジェネリック

グランダキシン・ジェネリック

バスピン

バスピン

セパゾン

セパゾン

メイラックス

メイラックス

有効成分 エチゾラム トフィソパム ブスピロン クロキサゾラム ロフラゼプ酸エチル
薬の種類 短時間型 短時間型 短時間型 長時間型 超長時間型
特徴 抗不安作用・催眠作用がある治療薬。
筋肉をほぐす効果もあり、頭痛や肩こりにも応用される。
作用が穏やかで、依存性や副作用も少ない抗不安薬。
自律神経を整え、不安を改善。
1968年に開発された抗不安薬。
国内では未承認なものの、海外では全般性不安障害の治療に使用される。
作用時間が20時間ほど続く抗不安薬。
催眠作用や筋弛緩作用は弱く、抗不安作用に優れる。
同じタイプの中ではやや強めな作用を持つ抗不安薬。 依存性も高くなく、安全性に優れる。
副作用 眠気、ふらつきなど 眠気、だるさなど めまい、眠気など 眠気、ふらつきなど 眠気、ふらつきなど
購入 取り扱いなし グランダキシン・ジェネリックはこちら バスピンはこちら 取り扱いなし 取り扱いなし

ベンゾジアゼピン系抗不安薬には、このように多数の種類が登場しています。

しかし種類により、作用の強弱は大きく異なります。

種類によっては催眠作用や筋弛緩作用も高いことから、不安障害だけでなく睡眠障害や肩こりなどの症状の治療薬として応用されることもあります。

また同じベンゾジアゼピン系抗不安薬でも、種類により作用時間が大きく異なります。

作用時間により4つの種類に分類され、目的により使い分けられています。

【短時間型】
3~6時間ほどの作用時間があり、1時間未満で効果のピークを迎える。
即効性を期待して用いられることが多い。

【中間型】
12~20時間ほどの作用時間があり、1~3時間で効果のピークを迎える。
即効性を期待して用いられることが多い。

【長時間型】
20~100時間ほどの作用時間があり、1~8時間で効果のピークを迎える。
即効性が期待できる他、長期的な服用にも向いている。

【超長時間型】
作用時間は100時間以上となり、1~8時間で効果のピークを迎える。
長期的に服用を続け、治療のベースとする目的で用いられることが多い。

抗うつ剤・精神安定剤で治療できる症状

抗うつ剤・精神安定剤は、心の病を治療する際に薬物療法の一環として用いられる治療薬です。

これらの治療薬が用いられる病気として、主に「うつ病」や「不安障害」が挙げられます。

しかしうつ病や不安障害といっても症状により細かく分類され、適切な治療も異なります。

以下では、それぞれの症状について詳しくご紹介していきます。

抗うつ剤

気分の落ち込みや不安感は、誰しも抱くことがあります。

しかし憂うつ感や意欲の低下がほとんど毎日、2週間以上続いていたり、日常生活に支障が出たりしているようであればうつ病かもしれません。

さまざまな治療方法が登場している中で、うつ病治療のひとつの柱となるのが抗うつ剤の服用です。

またどの抗うつ剤を服用するかを選択する際には、個人個人の症状が重要となります。

うつ病にはいくつか種類があるため、それぞれの種類について個別に解説していきます。

【メランコリー型うつ病】
うつ病の中でも一般的に認知されているのが、メランコリー型うつ病です。
メランコリーには「気がふさぐ」「憂うつ」などの意味があり、自分の責任や役割を果たそうとするうちに脳のエネルギーが尽きてしまうような経過が見られます。

抑うつ気分、食欲の低下や体重の減少、集中力や判断力の低下、自殺願望などが主な症状です。

【非定型うつ病】
「新型うつ病」とも呼ばれ、20~30代の女性を中心に増えているのが非定型うつ病です。
従来のうつ病と比べて、仕事中など嫌な場面では気分が落ち込む一方で、遊ぶときなどは気分が晴れるという違いが見られます。

周囲からは甘えていると見られることが多い非定型うつ病ですが、本人の苦しみは大きいことも特徴のひとつです。

【季節型うつ病】
季節型うつ病は非定型うつ病のひとつであり、特定の季節に発症が見られるのが特徴です。
主に冬季での発症例が多く、春先になると症状が回復する傾向があります。

冬は日光に当たる時間が少なく、メラトニンの産生量が少なくなることが季節型うつ病の原因と考えられています。

【産後うつ】
産後うつは、出産後の女性に発症するうつ病です。
出産に伴うホルモンバランスの変化や疲労などが原因と考えられています。

妊娠中に産後の生活に対して不安を抱えていた女性に発症しやすく、気分の落ち込みや自分の赤ちゃんに愛情を感じられないなどの症状が見られます。

【仮面うつ】
仮面うつは精神症状が無く、身体症状だけが見られるうつ病の一種です。
頭痛や腰痛、肩こりなどの症状が見られます。

身体の不調を感じたときに内科を受診しても異常が見つからなかった場合、仮面うつの可能性が考えられます。

不安障害

仕事や試験などの大事な場面で、不安や緊張は誰しも抱く心の変化です。

しかし不安や緊張が大きくなりすぎて、日常生活に影響を及ぼすほどになった場合は不安障害の可能性があります。

不安障害の治療のひとつは、抗不安薬を用いた薬物療法です。

抗不安薬などの治療薬を服用しながら不安や緊張を和らげ、日常生活を問題なく送れるようにすることを目標とします。

また不安障害にはいくつか種類があり、それぞれ症状や特徴が異なります。

【パニック障害】
何の理由もなく激しい不安に襲われ、パニック発作が起こる症状です。
心臓のドキドキやめまい、呼吸困難などを発症し、場合によっては死んでしまうのではと恐怖するほど強い発作が起こります。

またパニック発作は繰り返すことが多く、「また発作が起きたらどうしよう」という不安から日常生活が制限されることもあります。

【社会不安障害】
会議での発言や結婚式でのスピーチなど、自分が注目されるような状況下で恥ずかしい思いをすることを恐れ、強い苦痛を感じる障害です。
時には人が多くいる場所・人と会うことにも恐怖を感じ、避けるようになります。

社会不安障害は過去の失敗、また自分に自信や価値がないと感じることから発症する場合があります。

【全般性不安障害】
日常生活の中で、漠然とした不安や心配が慢性的に続く病気です。
学校や仕事、家族や友人など毎日の生活におけるさまざまなことに不安や心配を感じる状態が半年以上続きます。

全般性不安障害による不安は尽きることがなく、自分でもコントロールできないためイライラや集中力の低下などの悪循環につながることもあります。

【強迫性障害】
自分でも不合理だとわかっていても、特定の行為をしないと不安でたまらなくなってしまう症状になります。
「火の元や戸締りを何度も確認する」「手を何度も洗う」などが代表的な例です。

自分の意志に反し、特定の行為をせずにはいられない「強迫行為」を繰り返し、時間もかかってしまうことで日常生活に支障が出てしまいます。

抗うつ剤・精神安定剤の副作用

抗うつ剤や精神安定剤は、それぞれ副作用が異なります。

まず抗うつ剤の場合、種類に応じて副作用が異なります

抗うつ剤の副作用
  • SSRI:吐き気、食欲不振、下痢
  • SNRI:吐き気、尿が出にくい、頭痛
  • NaSSA:眠気、体重増加
  • 三環系抗うつ剤:口の渇き、便秘、立ちくらみ
  • 四環系抗うつ剤:眠気、ふらつき

抗うつ剤の副作用は、飲み始めの1~2週間の頃に強く現れることが多いです。

しかし服用を続けているうちに副作用が収まり、効果が実感できるようになります。

続いて精神安定剤の副作用ですが、こちらも種類により副作用に多少の違いがあります。

精神安定剤の副作用
  • 短時間型:眠気、倦怠感、ふらつき、頭痛
  • 中~長時間型:眠気、ふらつき、頭がボーッとする

精神安定剤において、多いのは眠気やふらつきの副作用です。

症状が強い場合は慣れるまで様子を見たり、服用するタイミングを調節したりするのが対策となります。

また精神安定剤には、依存性や耐性が形成されやすいという問題もあります。

即効性があり効果も実感しやすいですが、基本的には短期間の使用が推奨されます。

抗うつ剤・精神安定剤に関するQ&A

抗うつ剤の場合、効果が現れるまで2~3週間が目安となります。 また精神安定剤は即効性があり、服用後1時間ほどで効果が実感できます。

抗うつ剤や精神安定剤の種類によっては相性の問題で、効かない場合もあります。 また精神安定剤は耐性がつきやすく、長期的に服用を続けていると効果を感じにくくなります。 しかし効かないからと用量を増やしたりすると、副作用のリスクも高まるため注意しましょう。

抗うつ剤や精神安定剤は、症状が改善したら徐々に服用量を減らしていきます。 しかし急に服用を中止すると離脱症状が出ることもあるため、医師の指示に従って減薬をしていきましょう。

抗うつ剤や精神安定剤は、どちらも生理中での服用が可能です。 しかし妊娠中の場合、一部の抗うつ剤では奇形率を高める可能性が報告されています。 赤ちゃんへの影響を完全に否定できないため、医師の指示に従ってください。

抗うつ剤は再発予防期の場合、飲みながらの仕事が可能です。 しかし急性期や飲み始めの時期は治療に専念したり、仕事量を減らしたりするようにしましょう。 また精神安定剤は飲みながらでも仕事が可能ですが、眠気の副作用があるため服用のタイミングに注意が必要です。

抗うつ剤を服用して症状が改善されると、食欲の低下が改善されることで食べる量が多くなり、太る可能性があります。 特にNaSSAに属するレメロンは、太りやすいとされています。

誤解されがちですが、抗うつ剤に依存性はありません。 しかし口の渇きや胃腸に関する副作用が生じる可能性があるため注意しましょう。

抗うつ剤・精神安定剤を実際に使用した人の声

抗うつ剤や精神安定剤を選ぶ際に、効き目や安全性について実際に使ってみた方の感想が気になる方も多いはずです。

ここでは代表的な抗うつ剤や精神安定剤について、実際に使用した方の声をご紹介します。

■パキシルの口コミ

顔

28歳 ゴリラさん

2024年1月20日に投稿

病院からパキシルを処方されていましたが、遠くて通院が大変だったのでこちらのサイトで買うようにしました。
こちらで購入したパキシルを飲み始めて、現在1ヶ月ほど経ちます。
効き目も問題なく出ているようなので、今後はこちらのサイトにお世話になろうと思います。

■バスピンの口コミ

顔

31歳 桃さん

2024年1月13日に投稿

仕事で色々あり、眠れない日々が続いていたのでバスピンを服用しています。
はじめは市販の睡眠改善薬を飲んでましたが効き目が感じられず、バスピンも効果があるか心配でした。
でも飲んでみたらちゃんと効き目を実感できたので、購入して良かったと思います。

■ジェイゾロフトの口コミ

顔

27歳 キノコさん

2024年1月10日に投稿

ジェイゾロフトを服用して半年です。
飲み始めは吐き気や頭痛があって底辺でしたが、しばらく飲んでいるうちに気にならなくなって、効果も実感できてきました。
病院よりも気軽に購入できるのでありがたいですね。

■ベンラ―XR(イフェクサー・ジェネリック)の口コミ

顔

52歳 亀さん

2023年11月25日に投稿

知人からこちらのサイトの存在を教えてもらい、利用させて頂きました。
病院でイフェクサーを処方してもらってたので、ジェネリックのベンラーXRを購入しましたが効き目や副作用も問題なさそうです。
まとめ買いもできるので便利ですね。

■レクサプロ・ジェネリックの口コミ

顔

32歳 フラワーさん

2023年12月27日に投稿

うつが再発してしまったので、前に飲んでいたレクサプロ・ジェネリックを購入しました。
飲み始めて3ヶ月経過しましたが、心の落ち込みが改善されてきています。
副作用も軽い吐き気くらいで、たいしたことなかったです。

■グランダキシン・ジェネリックの口コミ

顔

36歳 栗さん

2023年12月18日に投稿

動悸や頭痛が起こることが多くなり、病院に診てもらったら自律神経失調症と診断されました。
職場のストレスが原因なんだと思いますが、グランダキシン・ジェネリックを服用し始めたら動悸や頭痛もかなり治まってきました。
この機会に今の仕事は辞めて、職探しをしようかと思います。

TOPに戻る